劇場版 そして、生きる

あなたと出会って私は強くなった

映画『劇場版 そして、生きる』のフル動画を無料視聴する方法は何かあるかなと思っている人へ。しっかりここにあります。しかも余計な広告無しで。
今すぐ『劇場版 そして、生きる』を見るなら動画リンクをチェック。

有村架純&坂口健太郎主演のWOWOWオリジナルドラマ「そして、生きる」を再編集して劇場公開。日本の東北と東京、そしてフィリピンを舞台に、東日本大震災後のボランティア活動で出会った主人公の瞳子と清隆の2人が、厳しい運命に翻弄されながらも自分らしく生き抜く姿を描いた。プロデューサーは岡野真紀子と渡辺良介。3歳のときに交通事故で両親を亡くした生田瞳子は、その孤独な境遇にも関わらず、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られ、人生に挫けることなく天真爛漫な少女へと成長していく。その姿は周囲を元気にするものだった。やがて女優を志すようになった瞳子は、大都会の東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、ある大きな激震がその身を揺り動かす。その前日の2011年3月11日、東日本大震災が発生。日本はこれまでの社会を塗りつぶすように、不安と苦悩に襲われていった。震災後、復興のためのボランティア活動に参加した彼女は、そこで学生ボランティアの大学生・清水清隆と出会うが、そこから新しい運命が動き出す…。

原題:劇場版 そして、生きる / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年9月27日 / 135分 / 制作: / 配給:WOWOW 

有村架純×坂口健太郎『劇場版 そして、生きる』予告編

(C)2019 WOWOW


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『劇場版 そして、生きる』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を震わす動画がある
ドラマばかりを見ている人もいると思いますが、確かにテレビシリーズのような連続した作品は見やすいところもあり、時間にも合わせやすいです。しかし、映画のような一本の作品に集中するのも有意義です。そんなドラマチックなヒューマンドラマ映画をフル動画で見るなら、人気もある動画配信サービスを利用できないか検討して見ましょう。考えるだけならタダですし、何か他に良いものはないのかなと覗いてみるのもOK。

「無料」は全て初心者のため!
心の好奇心をウキウキさせるようなことはこればかりではなく、無料トライアルで動画視聴もお試しできて充実感を得られます。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「解約は必ずいつでもできるようにしておきたい」とそれを信念にしている人でも、VODはすっかり安心しきって楽しめるでしょう。退会はすばやくワンステップで終わるので動画鑑賞後に臨機応変に撤退もできます。

手を出せば痛いでは済まない!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「劇場版 そして、生きる」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。低画質動画なんて使ってもそれで映画を観たことにはならないくらい印象が激減してしまうので、絶対にやめるべきです。

迷ったときは?
ずっとDVDのレンタル開始を待っているのは昔の話。今は新作が配信されたらすぐにパッと確認できるのが普通になりました。価格自体はわかりやすいので比べるまでもない感じなのですが、問題はその内容です。観たい作品が無いサービスに登録しても恩恵はないので、事前の確認は自然と必要です。「劇場版 そして、生きる」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困り顔になる前に当ページの動画レコメンド欄を参照してください。ただの意味もない動画リンクの羅列ではありません。ちゃんとアイコンを確認することで配信VODを特定できる仕様になっています。「何度もリンクをクリックしても全然違うサイトに飛ばされるのだけど…」そんなアクセス稼ぎサイトと違って、フルムビバースは誘導無しの適切な客観的紹介に専念しています。配信は頻繁に変わるのでこれだけを鵜呑みにすることはできません。サイト上での目視は欠かせませんが、最初の参考材料には使えるでしょう。

邪魔な広告は無し!
こんな嫌な経験はないでしょうか。動画再生途中にいきなり広告画面に変わってしまい、それが終わるまでは見たくもない宣伝を見せられるという強制アド・プレゼンテーション。VODならばこのような映画鑑賞を妨害するだけの嫌がらせのようなことはありません。フルムビバースは健全な鑑賞環境を提供しているものを厳選し、「劇場版 そして、生きる」視聴を妨げません。よくありがちなことですがスマホでサイトを見ると画面の下や上に常に広告がついてくることがありませんか? ああいう鬱陶しい広告はこのページには全くないです。このクリーンさが大きな売りになっています。

無料動画サイトとの違い
無料で映画動画を見るには?と聞かれれば誰でも動画共有サイトの名を答えてしまいます。世の中にはインターネットの誕生から間もなくして動画コンテンツが主流になり始めた時期を出発点に、今では個人でも動画を量産できるという大動画氾濫時代です。しかし、そんな溢れてしまった動画は良いも悪いも入り乱れているので、その利用には細心の注意が必須。でもVODはあまり気にしなくていいのです。なぜなら公式しか提供しないものですから。詐欺動画が出回ることはないです。「劇場版 そして、生きる」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

海賊版サイトは無料ではありません
「無料です」というセールスワードは公式以外のものは信用すべきではないのでしょう。海賊版サイトも同じような言葉で誘い込んできますが、それは同類と考えては絶対にはいけません。客引きの上手いキャッチーに捕まったのと同じでスパムにハマってしまいます。「FREE」という単語には注意です。「劇場版 そして、生きる」が視聴できると仮に書いてある風に見えても、全然違う動画を再生してくるものさえあります。そんなことで無駄な時間を過ごしたくはないでしょう。余計な被害にイライラしてSNSでゴネるしかない状況になる前に素直に公式を選ぶべきです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「劇場版 そして、生きる」も何度も観れば新しい発見が生まれて、これまで「つまらない」と思っていた感情が「意外とこんな楽しさがあったのか!」と驚きに変わるかもしれません。もっと単純に名セリフを聞き続けたいなどのリピーター向けとしてもよい感じです。映画館ではお金をかけすぎてしまうことを、VODは格安で実現できるので、財布の心強い味方になってくれます。何気なく家で運動をしながら映画を流すという「ながら見」にも使いやすいので多用する手段は無限大です。

『劇場版 そして、生きる』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『劇場版 そして、生きる』をさらに知る

★スタッフ
監督:月川翔(関連作品:『君は月夜に光り輝く』)
脚本:岡田惠和
撮影:山田康介
音楽:村松崇継

★キャスト(キャラクター)
有村架純(生田瞳子)、坂口健太郎(清水清隆)、知英(ハン・ユリ)、岡山天音(久保真二)、萩原聖人(坂本昌幸)、光石研(生田和孝)、南果歩(清水美恵子)

★インタビュー
・有村架純「瞳子はこれまで演じたことのない女性で、男前な性格で、どんな状況下でも客観的な判断を潔くできる人です。自分だったら選べないような苦肉の選択もできるところは尊敬できます。そんな自分とは全く違う瞳子を生きた実感があり、それが達成感につながったので、そういう意味では成長したと言ってもいいのかなと思います」
・坂口健太郎「初めてのことでいえば、フィリピンロケの最中、感情が止まらなくなった自分に驚いたことがありました。悲しいシーンとはいえ、泣きの演技が要求されてはいなかったのに涙があふれてきて、カットの声が掛かっても20分ぐらいは涙が止まりませんでした」

★『劇場版 そして、生きる』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???4.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
Twitter調査(11票) 賛:100% 否:0%

★『劇場版 そして、生きる』の感想

●無料ホームシアター 
なんともゆったりしている1秒を10秒に希釈しているような、そんなタイムペースだった。静かで深く長い劇的で壮絶過ぎる2人の人生のアルバムを少しずつチラ見していくが、そこにはドラマとしてのメリハリよりも二人の演技の幅を楽しむという、余興があるのかもしれない。すれ違う大人のラブストーリーとしてはかなりの落ち着いたトーンになっているので、賑やかすぎる邦画に飽きた人には格好の素材になってくれると思う。
●ユナイテッドシネマ  
WOWOWのドラマを映画にしたものだから、構成上のつなぎが曖昧なので、次々と話が飛んでいくイメージを受けてしまうのはしょうがないのかも。「生きる」というフレーズにあるように人生の岐路に立たされても前に進むしかない人間の支え合いの物語。美談にせよ、そこに生きる意味があるのだからそれも貶すことはできないだろう。東北のために、復興のために、こんなにも思ってくれてる人が居るだけでも今は大切だ。
●109シネマズ 
あのメンバーが揃った。「ひょっこ。」もとてもだいすきな朝ドラで、そんな岡田惠和さんが脚本した映画だからこそ余計に期待大になってしまう自分がいたが、そこにはハズレという文字は無かった。地味でもあり、退屈でもあり、そこには嘘がない。作ったわざとらしい劇的なイベントもない。だからいいのだ。これからの私の人生の中でずっと生き続けていく作品だと思ったし、メモリーに保存しておきたい映画でした。