真実 / La verite(2019)

家族が集う時、母の秘密が顔を覗き込む

映画『真実(2019)』のフル動画を無料視聴する方法を、意味もなく巨大な広告に邪魔されることなく、素早くレコメンドしています。
今すぐ『真実(2019)』を見るなら動画リンクをチェック。

是枝裕和監督が初めて国際共同製作で手がけた長編作品で、母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描くドラマ。製作はミュリエル・メルラン、福間美由紀、マチルド・インセルティ。フランスでは誰もが知る国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版。その存在は業界でも有名であり、ちょっとした話題となった。その出版を祝うためという理由で、アメリカに暮らす脚本家の娘リュミールが、夫でテレビ俳優のハンクや娘のシャルロットを連れて母のもとを久しぶりに訪れる。草があり、庭があり、犬がいて、カメがいる。そこは刑務所のそばにある緑に囲まれた秘密の家のような場所。シャルロットはワクワクしながら探検して回る。一方で早速、母の自伝を読んだリュミールだったが、そこにはありもしない自分と母が仲良かったなどのエピソードが書かれており、憤慨した彼女は母を問いただすが、ファビエンヌは意に介さない。それは他にも多くの人間関係をこじらせていた。母の出演作品の撮影現場を見学しながら、母を理解しようとするも、その溝は埋まらない。その自伝をきっかけに、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く真実がジワジワと次第に明らかになっていく中で、家族はどうなってしまうのか。

原題:La verite / 製作:フランス・日本(2019年) / 日本公開:2019年10月11日 / 108分 / 制作:3B Productions / 配給:ギャガ 

【公式】『真実』10.11公開/本予告

(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『真実(2019)』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

見ておくべき作品はここに!
喧嘩してしまったとき、誰が相手でもいいですが、ひとりで悩むくらいなら映画を観に行って心を落ち着かせるのも良い気分です。そんなドラマチックでリラクゼーションもできる映画をフル動画でお得に見るのなら、動画配信サービスを使わない手もないでしょう。今では監督作品を全部みたいと言った要望にも応えやすいので、レンタル店以上に重宝されています。真実としては実際に労働力もコストも下げられるのは間違いないです。

「無料」より安いものなし!
耳寄りな情報はこれだけではありません。利用者歓喜のビギナーズ・プレゼントが無料体験というビッグな宝箱です。何が起こるかもわかりません。おカネを浪費するのは避けたいところです。安さを求めるのはみすぼらしくないです。そんなあなたが無料お試しを使うというのは最適なチョイスではないでしょうか。「別の動画サイトだと冒頭5分だけの試鑑賞になっていたけど…」そんな自体は一般的なVODにはありません。動画の図書館みたいなものなのでフル動画がライブラリーとしてズラッと整理されており、本編を見れます。「真実(2019)」も配信後すぐ。

危ない理由が明確にあります
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「真実(2019)」の再生はダメです。ブラックどころかダークなサイトは怖さだらけ。知らぬ間にカメラが起動して自分の顔が撮影されてしまい、拡散されていくという恐怖を味わった人もいます。実際にカメラ関係のプログラムを動作させる挙動をセキュリティソフトで確認することができ、あり得ない話ではないです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

あなたの選択は自由!
VODの配信トリガーになるものは視聴者には見えてきませんが、デジタル配信一般提供は目安になるので着目する意味はあります。登録したくなりましたか? 動画を見るぞと思っても一旦ストップです。どのサービスが良いのでしょうか。映画でさえも配信のラインナップは毎日毎週容赦なく変わってます。「真実(2019)」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。配信VODを確認できるこのページの情報は記事更新日のものであり、作品によっては配信ログを掲載しているので、過去の情報も参考にできます。ここまでのボリューム幅のあるデータは他にはありません。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「真実(2019)」をガッツリ鑑賞するモードに入る前に、クレジットカード登録は避けられません。これはユーザーが適切な利用者かどうかの判断になります。不正に複数でアカウント作成している人や、年齢を偽っている人、支払う能力がないのに悪戯する人…そういう人間を回避するためのものであり、健全な運営には必須です。クレカがないなら作りましょう。そんなに難しくはないです。あなたが過去に悪質な未払いを起こしていないのであれば問題なく新規で作成はできると思います。

情報の充実度はピカイチ
映画の予告動画を見る人はどれくらいいるのでしょうか。ネタバレ回避のために見ないようにしている人から、作品の雰囲気を掴むために積極的に見る人までいろいろ。こちらのページでもそのトレイラービデオを掲載しています(もちろん公式提供のものです)。やはり映画の質や傾向を把握するには実際の映像が一番なので貴重な判断材料です。VODに登録する前にまずは見たい映画の面白さをあらためて確認するも良し。「是枝裕和」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
無料で映画動画を見るには?と聞かれれば誰でも動画共有サイトの名を答えてしまいます。世の中にはインターネットの誕生から間もなくして動画コンテンツが主流になり始めた時期を出発点に、今では個人でも動画を量産できるという大動画氾濫時代です。しかし、そんな溢れてしまった動画は良いも悪いも入り乱れているので、その利用には細心の注意が必須。でもVODはあまり気にしなくていいのです。なぜなら公式しか提供しないものですから。詐欺動画が出回ることはないです。「真実(2019)」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。「真実(2019)」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『真実(2019)』もしくは関係作の無料動画を発見するには上記のリンクへ

▼『真実(2019)』をさらに知る

★スタッフ
監督:是枝裕和(関連作品:『万引き家族』)
脚本:是枝裕和
撮影:エリック・ゴーティエ
音楽:アレクセイ・アイギ

★キャスト(キャラクター)
カトリーヌ・ドヌーブ(ファビエンヌ・ダンジュヴィル)、ジュリエット・ビノシュ(リュミール)、イーサン・ホーク(ハンク・クーパー)、リュディビーヌ・サニエ(アンナ・ルロワ)、クレモンティーヌ・グルニエ(シャルロット)、マノン・クラベル(マノン・ルノワール)、アラン・リボル(リュック)、クリスチャン・クラエ(ジャック)、ロジェ・バン・オール(ピエール)

★『真実(2019)』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『真実(2019)』の受賞
第76回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品。

★『真実(2019)』の感想

●無料ホームシアター
「何が真実なのかな」そういう疑問に明確に答えを出すものではない。これが知られざる事実なのです!ドン!と提示することもない。なんというか、まったりと家族の会話の中でうやむやにされ続ける、虚偽を含んだグレーな人生史。でもこういうのってどの家庭にもある。ありのままを話すことって案外とない。話を盛るか、控えめにスケールダウンするか、それがファミリーでもコミュニケーションのルールなのかもしれない。
●TOHOシネマズ 
里帰りものというすごく単純な大枠でも自明のように、「歩いても歩いても」「海よりもまだ深く」ラインに位置する作品であり、いつもの是枝監督作品を期待すれば問題はないだろう。これを地味だとか単なる他人の家族の光景を見ているみたいだとか言っている人は、そもそも是枝監督作に合っていないので、なんか好きな映画でも繰り返し見ていればいい。これは他者の家族でも共感できる心の重なりを満喫する作品である。
●ユナイテッドシネマ 
この空気感がいい。テーマ的にも当然「血縁と家族」が中心でありつつも、今回は母と娘にグッと迫っているので、理解しやすい。こんな職業ではないにせよ、母のどうでもいいわがままに顔をしかめている女性は多いだろう。自分もこうなってしまうのかという恐怖も含めてである。それにしてもこの映画でも子役の使い方がとても素晴らしい。小さな可愛げに見えて、実は物語上の重要な仕掛けを担っているあたりも丁寧だった。