アップグレード / Upgrade

復讐が起動すればもう後戻りはできない

映画『アップグレード』のフル動画を無料視聴する方法はないのかと探しているならここで臨機応変にレコメンド中です。
今すぐ『アップグレード』を見るなら動画リンクをチェック。

ジェイソン・ブラムが製作、リー・ワネルがメガホンを取った予測不可能な展開が連続するAIのもたらす未来をスタイリッシュに描くSFアクション。製作総指揮にはチャールズ・レイトン、ジャネット・ボルトゥルノ、クーパー・サミュエルソンなどが名を連ねる。近未来、妻と平和な日々を送っていたグレイは、その平穏さをいきなり突き落とすような過酷な苦しみを味わうことになる。突如現れた正体のわからない謎の組織によって妻を無残に殺され、自身も撃たれたことで命を取り留めたものの全身麻痺となってしまう。生活は一変し、孤独の中、生きる希望を見失ってしまったので死さえも覚悟する。ところが意外な救済があった。巨大企業の科学者によって実験的に埋め込まれたAIチップ「STEM」の力によって麻痺を克服し、手足が自由に動かせるようになる。それでもじゅうぶんな奇跡だったが、事態は意外な展開を迎えていく。人間を超越した身体能力を手に入れたことで、犯人の捜査もできるかもしれなかった。警察はあてにならないので自分が動くしかない。グレイは脳内で会話する相棒的存在である「STEM」と協力し、情報を分析しながら、最愛の妻を殺害した謎の組織への復讐を誓う。圧倒的な格闘術で敵さえも壊滅させていくが、待ち受けていたのはさらなる地獄だった…。

原題:Upgrade / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年10月11日 / 95分 / 制作:Blumhouse Productions / 配給:パルコ 

映画『アップグレード』予告編90秒

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アップグレード』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

息もつかせないスリルを!
バイオレンスを華麗に決めていく作品というのはすっかり人を選ぶものにはなっているのですが、それでもかなりのファンを惹きつける面白さがあるので、見てみる価値があります。そんなドラマチックで刺激的な映画をフル動画でお得に見るなら、人気も絶大の動画配信サービスを遊び尽くしましょう。アンケート調査によれば利用者は一気に増えているそうですが、その背景にはネット普及だけでない、便利さがバックグラウンドにあるのはいうまでもありません。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「出費はこりごりです…」そんな鬱憤もこれで爽快。無料のフリートライアルでタダ動画を一定期間楽しめるので親切設計です。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「退会させないトラップじゃない?」それはありませんと明言できます。某評判の悪いアレと違って解約にかかる手間はほぼないので、始めるのもやめるのも再開するのもかなり個人の好き勝手にできます。「アップグレード」も配信後すぐ。

その闇を知るべきです
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アップグレード」の視聴はダメです。第3者機関によって精度の高い上質セキュリティソフトと認定されているサービスで検査するとその怖さはよくわかります。ブラウザへの不要なアクセス、カメラ機能への侵入、CPUの異常な負荷…その問題点を挙げだせば無限大であり、不使用が最善です。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

オロオロするならまずは?
新作配信のスピードはネット映画鑑賞の普及率の上昇にともない、需要も増しており、無料視聴への期待も高まっています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アップグレード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。判断しにくいので視聴できないことにしてしまう…なんて考える前にそのショートカットになるこのページを活用しましょう。アイコンが表示されていませんか。数が多いほど無料の機会は増加します。ランキング系列のブログリンク集に誘導するなどの行為は一切していません。また詐欺動画や騙し動画のような類のものも完璧にゼロです。兎にも角にも作品の視認が先です。登録は後回しでいいですよ。今日の状況はサイト内でしかできません。題名で検索してみてはいかがでしょうか。

登録情報は最小限
初めましての皆さん、入門教室のお時間です。今日のレッスン項目は登録の際にやるべきことの初歩。入力すべき内容があります。それは別に戸籍とかではなく、一般的なものだけ。だからすぐに終わります。その情報は変なことに利用されないのでご安心ください。登録情報は変更できますし、削除もできます。支払い先は大事なので慎重にミスがないように。無料は初回限定となっています。もちろん嘘はよくありません。そんなことをしても何の得もないので、素直に対応するのが吉。あとは「アップグレード」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
あなたはパスワードを軽視していませんか。「覚えるのが面倒くさいし、同じ感じの数字や単語の組み合わせでいいか。私の誕生日は11月24日だから1124で、あとは好きな動物の犬でdog…これでよし!」こんなことをしていたら一瞬でアカウントを第3者に奪われます。とにかく安易な言葉の羅列はやめましょう。そして他のサービスで流用するのもダメです。どれかひとつでも流出したら一気に全部のサービスで怪しい他人に不正ログインされてしまいます。独自の守りの中で「アップグレード」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
シーンがカットされるのは嫌ではないですか。「地上波初放送!特別版!」なんて宣伝されているなら、それはもう残念なことに編集がされていることが濃厚です。テレビは放送時間の制約もあるのでしょうがないですが、本音はフルで見てみたいものです。でも、ビデオオンデマンドはサブスクであろうと単体購入であろうと基本はフルコンテンツを配信しています。動画は映画本編丸々を見れるのが普通です。「アップグレード」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「アップグレード」も無規制で。

『アップグレード 2018』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アップグレード』をさらに知る

★スタッフ
監督:リー・ワネル(関連作品:『インシディアス 序章』)
脚本:リー・ワネル
撮影:ステファン・ダスキオ
音楽:ジェド・パルマー

★キャスト(キャラクター)
ローガン・マーシャル=グリーン(グレイ・トレイス)、メラニー・バレイヨ(アシャ・トレイス)、ベッティ・ガブリエル(ジェーン・コルテス)、ハリソン・ギルバートソン(エロン・キーン)、ベネディクト・ハーディ(フィスク)、サイモン・メイデン(ステム:声)

★『アップグレード』の評価

IMDbRTMETA
7.587%67
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アップグレード』の感想

●無料ホームシアター 
観る前にちょっとバカにしていた自分を呪いたい。これって普通に面白いじゃないか。なんでこんなに話題になっていないのだろう。シンプルな設定でぐいぐい引き込む。それもどんどんよくわからないセオリーから外れていく恐怖があって、ヤバい気持ちが加速度的に上がっていく。アップグレードというタイトルに偽りなしで、アップグレードしていくシナリオなのです。アクションもかなりのものなので好きな人は絶対に注視。
●TOHOシネマズ:G-6
結構グロい内容でびっくり。でも「ソウ」のあの人が監督やっているなら納得だ。事故で四肢麻痺を患ってしまった主人公というヘビーさ、それが絶望的なシチュエーションでもがきながら、懸命に抗うも、そこには想像を超える絶望が覆いかぶさってきて…という天丼もいいし、しっかりビジョンがあるので、迷いがない。脳内で発せられる声の音が映画館全体から聞こえるのでシアターで見る価値のある作品だったと思う。
●シネマサンシャイン:L-15 
バトルシーンもカメラワークが独特で面白く、確かにAIにこんな操作されたらこうはなるねというメリハリのある格闘センスがいい。新しい近未来アクション映画としてその特異さは際立っているので、一気に物語が進んでしまったけど、本当はずっと観ていないようなハマりがある。実際に自分の周りでも「もっと見たい」という声も多かったし、これはカルト的な話題性はあると思う気がする。やっぱりAIはAIなのだというオチ。