スペシャルアクターズ

この映画、予測不能

映画『スペシャルアクターズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『スペシャルアクターズ』を見るなら動画リンクをチェック。

一躍話題となった上田慎一郎監督の劇場長編第2弾で、プロアマ問わず1500人のオーディションから選ばれた15人のキャストが出演した予測不可能ドラマ。プロデューサーは橋立聖史と小野仁史。役者としてまったく芽が出ない和人は自分の俳優人生に希望を見いだせずにいた。そのタイミングで数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャル・アクターズ」に誘われる。それは普通の事務所ではない。その事務所は映画やドラマといった仕事以外に、日常で演じることを要求されるかなりのミニマムな雑多な仕事も請け負う、簡単に言ってしまえば何でも屋的な側面を発揮していた。本当に大舞台とはいかないのであったが文句もいえない。そんな中、カルト集団から旅館を守ってほしいというかなりの特殊すぎる依頼がスペアクに飛び込んでくる。もちろんやる以外の選択肢はない。スペアクの役者たちは、旅館乗っ取りをもくろむ集団への対策のためにあれこれと入念に計画を練り、自分たちの実力を出せるように演技の練習を重ねていく。和人はこのミッションの中心メンバーとなるが、それはただの仕事というわけにはいかなかった。彼には誰にも話していない秘密があり、大きな問題となるものだった。それは緊張が極限まで達すると気絶してしまうというもので、トラブルは必須…。

原題:スペシャルアクターズ / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年10月18日 / 109分 / 制作: / 配給:松竹 

映画『スペシャルアクターズ』予告 10月18日(金)全国公開

(C)松竹ブロードキャスティング


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『スペシャルアクターズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

気になる一作もここで!
動画を観たい人はいろいろな需要を持っており、ドラマでも映画でもスマホ・パソコン・タブレット・ゲーム機器・テレビなど媒体を制限されると持っていない人もいるので困ります。そこで動画配信サービスです。自由気ままな鑑賞ができるので、安心して自分の持ち物に気にせずに鑑賞に進めます。マイナー作品でも相当に取り扱いが充実しているので話題作以外の隠れた映画も探しだせるラッキーチャンスになるかもしれません。

「無料」ですよ!タダ!
「お支払いは避けられないし…」でも初回はその限りではないのです。動画も見れる無料お試しが最初の体験を後押しします。エンドレスでフリー期間が続くわけではないですが、一定の1か月などの間、そのサービス内の動画コンテンツを自由気ままに楽しめるので無料動画と同じ感覚で視聴し放題な天国になりえます。「試験的な動画の再生しかできないのでは?」という恐る恐るな不安も払拭。オープニング映像からエンディングクレジットまでフル動画をたっぷり堪能でき、欠けている映像シーンで残念な気分にはさせません。「スペシャルアクターズ」も配信後すぐ。

安心したいなら忘れずに!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「スペシャルアクターズ」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。「選択に良いも悪いもない、個人の自由だ」と主張する人もいるかもしれませんが、法的に禁止ならばそれは紛れもなくバッドです。

迷走する前に確認を!
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。登録したくなりましたか? 動画を見るぞと思っても一旦ストップです。どのサービスが良いのでしょうか。映画でさえも配信のラインナップは毎日毎週容赦なく変わってます。「スペシャルアクターズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。モヤモヤの感情は綺麗にクリーンアップしてしまいましょう。それが一番の最善策です。このページのVODアイコンは配信中の可能性の高いものを提示しているので、煩雑な確認の手間暇を省くことができます。全く初期状態から更新もないような鈍感不動の紹介サイトとは違います。こちらの掲載内容は変化するので鮮度は一定のほどよさ。ファイナルチェックはお忘れずに。公式サービスサイト内でその目で視認しないと本当に今この瞬間に動画があるかは確信同定できません。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「スペシャルアクターズ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

無料動画サイトとの違い
無料で動画を見るというのはインターネットが生まれてすぐに楽しみ方として出現したものですが、その手段の主なフィールドは動画共有サイトとなってきました。数多の多種多様な動画コンテンツが見きれないほどに揃っていれば、時間が暇になることなんてあり得ません。しかし、それらサイトの動画は質が低いものもあります。決して推薦できない場合もあってイライラすることも。そこで急速に発達したVODが新時代の動画視聴サービスとして白羽の矢が立っています。違法性皆無の、「スペシャルアクターズ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「スペシャルアクターズ」の動画を観終わって「うんうん満足だな!」と自分のシャッターを閉じてしまう前に「ちょっと人に宣伝してみるか」と別の一歩を踏んでみませんか。それは余計なおせっかいになることを危惧しているなら心配ご無用です。映画というのはそうやって人気の地盤を拡大するものです。SNSでの拡散力はこれまでもいくつもの話題作を生み出す爆発的なスマッシュヒットの燃料となってきたのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「スペシャルアクターズ」を複数回見る人なんてオカシイという意見には異議を唱えさせてもらいます。人の映画の楽しみ方は100人いれば100種類あります。そして映画自体の解釈の仕方も100通り。つまり、映画を観る角度で印象は変わってくるのです。以前観た映画でも今見ればまた異なる感想になることも珍しくありません。それがVODならば何回観ても追加料金なしのリピートウォッチャー感涙のシステムなのですから、これを利用しない手はありません。一時停止しながらも見れます。

『スペシャルアクターズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スペシャルアクターズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:上田慎一郎(関連作品:『イソップの思うツボ』)
脚本:上田慎一郎
撮影:曽根剛
音楽:鈴木伸宏、伊藤翔磨

★キャスト(キャラクター)
大澤数人(大野和人)、河野宏紀(大野宏紀)富士たくや(富士松卓也)、北浦愛(富士松鮎)、上田耀介(田上陽介)、清瀬やえこ(清水八枝子)、仁後亜由美(丹後真由)、淡梨(大和田多磨瑠)、三月達也(大和田克樹)、櫻井麻七(七海)、川口貴弘(河田隆弘)、南久松真奈(麻奈)、津上理奈(津川里奈)、小川未祐(津川祐未)、原野拓巳(原田拓己)、広瀬圭祐(廣瀬)、宮島三郎(鬼塚)、山下一世(山本)

★インタビュー
・上田慎一郎監督「書類審査では主に顔と佇まい、PR文ですね。気になる人は動画を見たりもしました。第二次オーディションでは200人の方に円形エチュードという即興劇をやっていただいたんです」
・上田慎一郎監督「クランクイン2ヶ月前からプロットを再検討し始めて、台本の初稿が上がったのがクランクインの1ヶ月前。初稿ができた時も不安だらけで、二稿で“緊張すると気絶する”という設定を追加したんです。この設定ができてから、物語が走り始めたという感じですね」

★『スペシャルアクターズ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
Twitter調査(10票) 賛:50% 否:50%

★『スペシャルアクターズ』の感想

●無料ホームシアター 
「カメラを止めるな!」のプレッシャーは相当なはずだったと思うが、その重圧を風船くらいの軽さで吹き飛ばしているようなスタンスがまたこの監督らしい。スペシャルな今作はその名が示しているとおり、アクター、役者である。演技に情熱をかけている人たちはどうしても競争が激しい。いつのまにか有名人ばかりが目立ち、忘れられている人もいる。そんな俳優に光をあてている。ありがとう、アクターズ。忘れない。
●イオンシネマ:G-10
騙す方も騙される方もリアリティに欠けているというのはそれが演技内演技なのだから事実である。上田監督はこのステージに拘らずにもう一歩殻を破った映画をどんどん撮っていくのではないかと思っている。安易に大作に引っ張られてほしくない。賛否の落差があるようですが、自分で確かめてみる価値はある作品であり、やはり見ずしてどうこう語るのは論外である。インタビューでもわからない役者の神髄を見れるのである。
●ユナイテッドシネマ:D-6 
稀代のエンターテイナーである上田監督は今回もらしさで詰まっていた。前作であれだけの特大ホームランを放ったことで次の一手を気にしてしまうのが、作り手の本人は実に痛快だった。カメ止めは全編ハイスピードで展開し爽快感抜群だが、今作はガラリと変わってゆったりとしているため、テイストは大きく変わるものであり戸惑うかもしれない。180度全く違うドラマで、今後もマジシャンのように手を変え品を変えてほしい。