楽園(2019)

一筋の光を君にみた

映画『楽園』のフル動画を無料視聴する方法を、無駄にたくさんのリンクも無しにアイコンで整理して紹介中。
今すぐ『楽園』を見るなら動画リンクをチェック。

『悪人』『怒り』など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら豪華キャストが集結し、瀬々敬久監督が映画化。プロデューサーは二宮直彦、橋口一成、千綿英久。ある夏の日、青田に囲まれた普通のY字路で少女誘拐事件が起こる。事件直後から捜査は行われていくが、手がかりの不足から事件は解決されないまま、時間だけが過ぎていく。直前まで被害者と一緒にいた親友・紡はこのような状態に困惑と絶法を深めていき、回復できない心に深い傷を負う。それから12年後、かつてと同じY字路で再び少女が行方不明になり、またもそのシチュエーションの再来に世間は震える。町営住宅で暮らす孤独な男・豪士が犯人として疑われ、居ても立っても居られず、追い詰められた豪士は街へと逃れる。そして、助けもない行き止まりにぶち当たったことで、ある行動に出る。さらに1年後、Y字路に続く小さな限界集落で愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこし事業を巡る話のこじれから、自分ではそんなつもりもなかったが、村八分にされて孤独感を強める。追い込まれた善次郎は、ある事件を起こし、それが波乱となる。

原題:楽園 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年10月18日 / 129分 / 制作: / 配給:KADOKAWA 

映画『楽園』本予告/綾野剛・杉咲花・佐藤浩市/衝撃のサスペンス大作

(C)2019「楽園」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『楽園』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

思わず見入る動画もここに!
社会に蔓延っている様々な問題。貧困、格差、差別、搾取、犯罪など、それらをストレートに向き合って生まれる重厚なドラマはそれだけで大きな価値があり、私たちの心を揺さぶります。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスの右に出るものはありません。圧倒的な品ぞろえで関連作も網羅できるので多くの映画ファンも老若男女問わずに魅了しています。テレビも使えるので映像の質も十分。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「出費はこりごりです…」そんな鬱憤もこれで爽快。無料のフリートライアルでタダ動画を一定期間楽しめるので親切設計です。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「さすがにレンタル開始したばかりの新作は未配信では?」意外にもそんなことはないのです。貰えるポイントであの話題作もバッチリ視聴可能だったりします。とにかくその目で確かめてみてください。「楽園 2019」も配信後すぐ。

経験したくはない被害も
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「楽園 2019」の再生はダメです。災厄とは言い過ぎですがとんでもない目に遭うのは明確な真実です。迷っている暇はありません。なにせその有害性はあなたの動画ライフスタイル一帯に拡散し、運が悪いどころではなくなります。ただ広告がうざい程度の問題ではないので気を付けましょう。動画は膨大なデータ量をやりとりするからこそ、その負荷は高く、きちんと整備されたサービスでないと端末機器に害を与えます。

どれを選べばいい?
「(*‘∀‘)え~っと、新作は結局見れるのですか?」ネット配信されさえすれば、見れない事態は考えにくいです。サブスクリプション・ビデオオンデマンドの難点は関連メーカーの多さです。配信映画数も膨大であり、簡単に一発でモニターできるような総合比較サイトが求められてきました。「楽園」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「配信しているVODを教えてくれ~」と思っているならばここでアイコンでアピールしています。表示されているアイコンが無い場合はまだ未配信という事態にとどまっている可能性があるので慌てず待ちましょう。いろいろなリンクをタップしまくっても全く動画系のコンテンツに繋がらず、振り回される!…そんな不愉快な経験をした人も、これで反撃できます。ここは確実な動画紹介に特化。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話がかかってくることはありません。頻繁にメールが届くこともないので、鬱陶しさもないです。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「楽園 2019」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
こんな経験はあると思います。動画再生中に表示された広告が閉じられない、閉じようとすると邪魔な別ページに飛んでしまう。こうした動画体感を妨害するだけのサイトは中にはフィッシングサイトなど有害性の高いコンテンツと連動している場合もあるのでただちに使用を停止しましょう。フルムビバースは公式のみの厳選であり、「楽園 2019」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「楽園 2019」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「楽園 2019」は? 料金は永遠にタダになるわけではないですし、作品も無限の無料を保障しているものではないので、その範囲についてはしっかりカバーしておく必要があります。大事なのは無料作品はどれかということで、大きく分けて2種類と考えましょう。ひとつは見放題系のサービス。これは取り扱い作品はほぼお試し中は無料で見られます。もうひとつの単体購入系はポイント範囲内の制限があるのでやりくりが必要となります。この2パターン複合もあるので注意です。

『楽園』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『楽園』をさらに知る

★スタッフ
監督:瀬々敬久(関連作品:『菊とギロチン』)
脚本:瀬々敬久
撮影:鍋島淳裕
音楽:ユップ・ベビン

★キャスト(キャラクター)
綾野剛(中村豪士)、杉咲花(湯川紡)、村上虹郎(野上広呂)、片岡礼子(久子)、黒沢あすか(中村洋子)、石橋静河(藤木朝子)、根岸季衣(田中紀子)、柄本明(藤木五郎)、佐藤浩市(田中善次郎)

★インタビュー 
・杉咲花「豪士と笛を買いに行った帰り道のT字路で、紡が『どこに行きたいですか?』とたずね、豪士が『誰も知らないところに行きたい』と言うシーンが一番好きなシーンです。台本を読んだ時からいいシーンだなと感じていたのですが、実際は私が考えている以上に大切なシーンになっていました」
・綾野剛「このタイトルでなかったら気づけなかったことがありました。自分にとっての楽園とは?という問いを常に片隅に置きながら豪士を生きていました。僕はお仕事をいただくとき、スケジュールがあればやりたいというスタンスです。もし同時にお話が来たときは、タイトルにピンときたものを選びます」

★『楽園』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
Twitter調査(30票) 賛:100% 否:0%

★『楽園』の感想

●無料ホームシアター 
シンプルな「楽園」というタイトルに込められた意味はかなり大きく、こんな普通のネーミングにしてしまうと宣伝しづらいだろうが、余計な言葉をつけなくて本当に良かったと思う。とても心苦しい映画なのは動画を観なくてもわかると思うが、それは安易なヘビーさではない。重苦しい裏には楽園の真実があり、私たちの人生に楽園はあるのだろうかとも考えさせる。罪がある人間は世界にたくさんいるが、映画はそこに向き合う。
●イオンシネマ:K-12
日本の田舎で、ありがちな人々の疑心暗鬼と嫉みを実に上手い巧みさに翻弄されながらも真っすぐに描いていく。村八分では無くても、何か新しい事を始めようとすると攻撃されてしまう、新しい意見に反対してくる、なによりも人を値踏みする、そんなローカル地獄を見せられたことで少し心がしぼんでしまう。でも良い映画であり、私の楽園を探すわけではないが、誰かの生き方を肯定する場所があってほしいなと思ってしまう。
●TOHOシネマズ:Y-23 
異物の排除と言う、人間の醜い習性を日本で最もわかりやすい限界集落を舞台にしていく。ありきたりなシチュエーションながら、毎度役者の作り込みは素晴らしい。罪は犯したものの責任なのか、罪は作られるものなのか、それを考えると深遠の闇に沈んでしまい、抜け出せない。楽園が常に罪として絡めて議論されることが多いのはきっとどの国でも共通。ミステリー的な快感展開を期待してみると肩透かしになるのですが…。