ガリーボーイ(2018)

路地裏から世界へ。驚きの実話

映画『ガリーボーイ』のフル動画を無料視聴する方法がわからないなら、このページですぐに判明させることができます。
今すぐ『ガリーボーイ』を見るなら動画リンクをチェック。

インドで活躍するアーティスト・Naezyの実話をもとに、スラムで生まれ育った青年がラップとの出会いによって人生を一変させる姿をエモーショナルに描いた青春サクセスストーリー。製作はリテーシュ・シドワニ、ゾーヤー・アクタル、ファルハーン・アクタル。ムンバイの貧しい家庭で生まれ育った青年ムラード。そこにはチャンスはほとんどなく、自分の持っているスキルを活かす場に出会えるわけもない。両親は彼を大学へ通わせるために必死の苦労の末に一生懸命に働いているが、そんな親の思いを知る由もなく、テキトーな人生を中途半端に遊び気分で生きることしか考えていないムラードは悪友と車上荒らしに手を染め、医者の父を持つ身分違いの彼女と内緒で付き合っている。とにかく楽しめればそれでいいだけ。自分の人生を半ば諦めて自暴自棄に生きてきたムラードだったが、その人生はある日、劇的に変わる一歩を踏み出す。大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生MC Sherとの運命的な出会いをきっかけに、まだ見ぬ刺激が満ち溢れるラップの世界にのめり込んでいく。昔の価値観を持っている親からの反対や友情、恋など様々な答えの出せない葛藤を抱えながらも、最高の自分を認めてもらうべくフリースタイルラップの大会で優勝を目指して全力を捧げるムラードだったが、その道は険しい…。

原題:Gully Boy(「ガリー・ボーイ」) / 製作:インド(2018年) / 日本公開:2019年10月18日 / 154分 / 制作:Excel Entertainment / 配給:ツイン 

『ガリーボーイ』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ガリーボーイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を揺さぶるドラマがある!
人生を変える映画というのは大仰ですが、そんな誇大広告ではないにせよ、映画でも人を変える力があるのは当然です。そんなインスピレーションの源になっている映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを有効的に使っていきましょう。スマホという身近なツールでもいいですし、パソコンで個人的に鑑賞するのもいいですし、テレビの大画面でもいい。この変幻時代は支持されている大きな理由でもあります。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。無料という恩恵も受けるのは初心者へのご褒美みたいなもので、もらって損はありません。ありがたく「サンキュー」と言わせてもらいましょう。その後に作品動画を見続ければ良いのです。「重たくないのかな?無料だと質が悪そう…」VODのクオリティはバカにできません。再生動画品質はネットと言えども相当なもので、中にはフル4Kクラスのものもあり、端末機器調整でフル動画も超明瞭です。「ガリーボーイ」も配信後すぐ。

危なさは身を滅ぼす!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ガリーボーイ」の視聴はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

これに決めた!
「(*^▽^*)わーい!動画の山盛りでテンション爆上がりだぞ~」そのモチベーションは体感者のみの限定特権です。でも、誰もが思うツッコミも。VODは多すぎるということ。その数は増えているので、名前を挙げると凄い大変です。加えて配信が流動性があってどんどん変わるのでお手上げに。「ガリーボーイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。振り回されるように悩み続け、結果的に諦めてしまうというオチになる? それを回避するのがこのページ。配信サブスクサービスをリストアップ一覧化。これで無駄足を踏む面倒さを大幅に低減できるでしょう。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。兎にも角にも作品の視認が先です。登録は後回しでいいですよ。今日の状況はサイト内でしかできません。題名で検索してみてはいかがでしょうか。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。「ガリーボーイ」も試写ありです。

登録情報は最小限
「一体どんな情報を入力させられるのだろうか。あんまり個人情報を提供するのは嫌だな…」そんな気持ちを和らげるために少し解説していきます。メールアドレスや電話番号を登録しますが、しつこい宣伝はありません。メールに関しては登録更新や解約関係で使うので常に使用可能なものにしておきましょう。クレジットカード決済のための入力も必須ですが、これはユーザーの二重登録を防ぐための判断にも使われます。過去に利用経験があっても以前と別のクレカを使うこともできます。あとは「ガリーボーイ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
スマホはとくに顕著ですがしつこい広告に悩まされる人も多いでしょう。わざとタップを誘ったりするアクシデント狙いの広告バナーはうざいだけ。フルムビバースはそのような追尾したり、うっかり誤爆をさせるアドは一切導入はしていません。ユーザー第一で嫌な思いをさせたくないのでテキストなどを読ませやすくしています。「ガリーボーイ」視聴を妨害しません。すでに業界関係の企業や組織が議論して練り上げた広告自主規制ルールがあり、このサイトでもその決まりを守って悪質な広告形態は排除しています。だから今まさに見ている画面上の広告料が極小なのです。

高評価作品は観る価値あり
1日中暇だというならば気にしなくてもいいでしょうが、スケジュールの合間をぬって動画を見る人、寝る時間を削って作品を視聴する人、都合は人それぞれですが、時間こそは有料。そこで映画を選ぶうえでの基準ですが、賞や評価などの作品価値を判定するものが素材に使えます。例えばアカデミー賞の輝かしい功績は絶対的な傑作を保証はしませんが、見てみるだけでも新鮮で刺激的な体験をできることは想像できるでしょう。「ガリーボーイ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ガリーボーイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ガリーボーイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ゾーヤー・アクタル
脚本:リーマー・カーグティー

★キャスト(キャラクター)
ランビール・シン(ムラド)、アーリアー・バット(サフィナ)、シッダーント・チャトゥルベーディー(MCシェール)、カルキ・ケクラン(スカイ)、ビジャイ・ラーズ(ムラドの父;シャーキル)、ビジャイ・バルマー(モイン)

★インタビュー
・ゾーヤー・アクタル監督「ネィズィーは私にとって、初めて出会ったムンバイのアンダーグラウンドラップシーンの当事者だったんです。まずは、彼のずば抜けた作詞能力とフロウのテクニックに惹かれました。そして2人目に出会ったのがディヴァインでした。インタビューをしたら両者共に、すごく説得力があって話に引き込まれたんです」

★『ガリーボーイ』の評価

IMDbRTMETA
8.295%??
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ガリーボーイ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
なめていたという私の恥ずかしさを正直に書いておこう。NASのTシャツを着た白人観光客にNASの説明をされたムラドがそこから一気に「N.Y.State of Mind」のバースをかますシーンからの後半展開には痺れまくる。インドというコテコテなイメージがありそうな作風の偏見は吹き飛ばせばいい。そんなものは小さいことに過ぎない。この作品はインドという枠を超えた傑作となっているのだから。もう見れば文句は言えないだろう。
●MOVIX:S-13
内容はヒップホップやラップ中心でも門外漢だとしても問題はなし。なんだこれ、凄いハマるじゃないかと自分でも驚いたくらいでした。そこにインドならではの厳しい格差社会問題も絡んでくるのですが、このへんも世界共通の問題があり、無関心ではいられないし。クソみたいな世界で、クソを叫ぶのはいいじゃないか。それを人を傷害にする道具ではなく、音楽にするのだ。こんなパフォーマーにみんながなれれば完璧なのに。
●109シネマズ:F-20 
インド版「8マイル」な感じで、ガンガンとボリュームをあげてくれる。ムンバイのあるマハーラーシュトラ州の公用語はマラーティー語で、加えてヒンディー語、英語が話されているせいか、言葉の種類もミックスされて、耳に気持ちがいい。フレッシュで斬新で、これだけでも見て良かったと思える。ヒップホップ系のアーティストの映画にしては、かなり爽やかなテイストになっているのだが、ルックスは変わっても同じです。