第三夫人と髪飾り(2018)

女たちの愛と哀しみが眠る桃源郷

映画『第三夫人と髪飾り』のフル動画を無料視聴する方法を、寄り道することなくストレートにアイコンで示しています。
今すぐ『第三夫人と髪飾り』を見るなら動画リンクをチェック。

ベトナムの新鋭アッシュ・メイフェア監督が自身の曾祖母の実話をもとに描き、北ベトナムの富豪のもとへ嫁いできた14歳の第三夫人を主人公に、彼女を取り巻く愛憎や悲哀、希望を、美しく官能的につづったドラマ。私はこの世界で女として生きている。19世紀の北ベトナム。14歳の少女メイは、絹の里を治める大地主の3番目の妻として新しい家族のもとに嫁いでくる。そこは厳しいルールの中で人生が徹底的に鎖で縛られるのが当たり前だった。一族が暮らす大邸宅には、唯一の息子を産んだ穏やかな第一夫人と、3人の娘を持つ魅惑的な第二夫人がいた。しかし、まだ無邪気だったメイは、その社会を構成する決まりを理解はしていない。この家では世継ぎとなる男の子を産んでこそ“奥様”になれることを知る。女の子ではない、男の子ではないとダメなのである。やがてメイも妊娠し、出産に向けて母になっていく体を感じながらも季節が流れていく中、第一夫人も妊娠していることが判明する。子を産むのが役目となっている女性たちの日常。同じ頃、メイは第一夫人の息子ソンと第二夫人のある秘密を知る。

原題:The Third Wife / 製作:ベトナム(2018年) / 日本公開:2019年10月11日 / 95分 / 制作: / 配給:クレストインターナショナル 

映画『第三夫人と髪飾り』予告編

(C)copyright Mayfair Pictures.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『第三夫人と髪飾り』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

見たい気持ちを叶える!
世の中にはいろいろな映画がありますが、エンタメ満喫な作品ばかりが映画でもありません。文芸的にも優れている作品を見ることで新しい心の扉を開けるかもしれません。そんなドラマチックでクレバーな作品をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを使用するのが良いでしょう。普段は劇場で鑑賞していても全部は見きれないものです。そんなときもネット動画配信は大きな助けになってくれます。利便性はお墨付きです。

「無料」ですよ!タダ!
「お支払いは避けられないし…」でも初回はその限りではないのです。動画も見れる無料お試しが最初の体験を後押しします。1円でも費用は減らしておきたいというのは何もバカにされるようなことではなく、普通の節約精神です。無料でお試しできるならそこに乗っかるのも真っ当に定番ですし、選ばない方がどうかしているでしょう。「さすがにレンタル開始したばかりの新作は未配信では?」意外にもそんなことはないのです。貰えるポイントであの話題作もバッチリ視聴可能だったりします。とにかくその目で確かめてみてください。「第三夫人と髪飾り」も配信後すぐ。

危険な場所に近づくべからず
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「第三夫人と髪飾り」の鑑賞はダメです。どうせ使用していても捕まらないと思っていませんか? そんなことは絶対にありません。まずそういう不正サイトは利用すると必ずアクセス記録(IPアドレス)が残ります。サイト取り締まり時に警察は利用者のデータを得るので追跡はじゅうぶん可能です。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

どれを選べばいい?
新規の劇場公開映画でもいつかはネットで見れます。その配信時にはVODでもお目にかかれる可能性は大です。「動画を観るぞ!」と意気込んでいると思わぬぬかるみに足がハマるかもしれないです。お目当ての作品配信が終了していたり…なんていう失望絶望は経験しない方が良いのは当然です。「第三夫人と髪飾り」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「う~ん、どれなんだろう」とオロオロとするくらいならこのページのリンクを視認してみてください。その前にアイコンをチェックです。配信開始の確認が取れたVODを画像で表示して一目瞭然。サイトコンテンツは変わらないと思っていませんか? フルムビバースは更新がされていき、作品によっては過去の配信まで確認できるオマケも。無料ホームシアターライクな動画体験を適切に堪能できるのはこれだけ。チャンスは有限。ずっとあるとは思わないでください。千載一遇です。

登録情報は最小限
登録にとても膨大な書類や本人確認が必要になったりしたら、それだけで嫌になるものです。でもVODは普通のメールアカウント作成と同類で、すぐに登録することができます。その作業にかかる時間は本当に一瞬で、数分で終わるので、動画を観たいと思った瞬間に実行すれば何一つ待たされることなく、完了可能。クレジットカードを入力したらすぐさまお金の支払いになるのだろうかという疑念に関して、それはあなたが無料お試し適用者なら料金はまだ生じないので焦ることもないです。あとは「第三夫人と髪飾り」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
無料で動画を見るというのはインターネットが生まれてすぐに楽しみ方として出現したものですが、その手段の主なフィールドは動画共有サイトとなってきました。数多の多種多様な動画コンテンツが見きれないほどに揃っていれば、時間が暇になることなんてあり得ません。しかし、それらサイトの動画は質が低いものもあります。決して推薦できない場合もあってイライラすることも。そこで急速に発達したVODが新時代の動画視聴サービスとして白羽の矢が立っています。違法性皆無の、「第三夫人と髪飾り」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。「第三夫人と髪飾り」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

海賊版サイトは無料ではありません
蔓延が深刻極まりない問題になっている著作権侵害等法律違反に該当するアップロード動画サイトは無料性を語っていますが、それ自体も大嘘です。利用者は無視できない損失を知らない部分で受けることになります。決して慈善事業で動画公開しているわけではないので信用はしないでください。「第三夫人と髪飾り」が無料で鑑賞させてあげますよ…なんていうオイシイ誘惑で相手を釣るのが常套手段。実際は大嘘ですのであてにはしないでください。これらのサイトは既存セキュリティソフトでブロックが自動的に作動することはないので過信しないように。

『第三夫人と髪飾り』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『第三夫人と髪飾り』をさらに知る

★スタッフ
監督:アッシュ・メイフェア
脚本:アッシュ・メイフェア
撮影:チャナーナン・チョートルンロート

★キャスト(キャラクター)
トラン・ヌー・イェン・ケー(ハ;第一夫人)、マイ・トゥー・フオン(スアン;第二夫人)、グエン・フオン・チャー・ミー(メイ;第三夫人)、グエン・ニュー・クイン(ラオ)、レ・ヴー・ロン(ハン)

★インタビュー
・アッシュ・メイフェア監督「若い女の子がお見合いで強制的に結婚させられるケースは今でも多くあります。この映画は17以上の映画祭で上映されたんですが、必ず女性の観客が話しかけてきてくれて。“私も同じことを経験しました”、“私の母が第三夫人でした”、あるいは“私のおばあちゃんが無理やり親に結婚させられました”と言うんですね」

★『第三夫人と髪飾り』の評価

IMDbRTMETA
6.889%??
映画comY!FM
3.4???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『第三夫人と髪飾り』の感想

●無料ホームシアター 
これを観ないと死ねないなというのは言い過ぎだと言われそうだが、少なくとも私の中ではそうだった。間違いないので断言してしまおう。映像の圧倒的美しさと役者たちの空気感で、既存のフェミニズムを超えた、より新しいインパクトと普遍的な物語に昇華されたという意味では、明らかに次の世代を担う才能を観てしまった気持ち。これならば今後の映画業界の男性有利の抑圧社会を覆せるのではないか。希望を感じたい。
●ユナイテッドシネマ;H-17
女性蔑視な文化があったことを描く作品を見ている日本人観客には「こんなものは今の日本にはないから関係ない」と言い放つ人もいる。こんな思考の人間がウロウロしている社会があるからこそ、日本は最悪の先進国ワースト差別国家になってしまっているわけで、この映画はそんな日本を鏡で見るような作品である。そのことに気づけるかどうかで、あなたの心が透けてみえる。この物語は本当に日本人に届いているのか。
●109シネマズ;K-12
これは刺さる。現代においても本作で描かれたような家父長制度が残り、自分の意思で結婚出来ないとか、女性は家事や家を継ぐ男子を産むことが最上の務めと持ち上げられている国は多いです。日本もそうです。不平等はかたちを変えてまかり通っています。いまだに「女性は子どもを産んでください」と公で語る政治家がいる国なのですから。私たちはこの映画を他人事にはできないはずです。でも重ねない人はそこかしこに。