ジェミニマン / Gemini Man

あなたはもうひとりの自分と戦えますか?

映画『ジェミニマン』のフル動画を無料視聴する方法を、迷いがないようにシンプルかつストレートにアイコンで案内中。
今すぐ『ジェミニマン』を見るなら動画リンクをチェック。

ウィル・スミスが現在の自分と若い自分の2役を演じ、名匠アン・リーがメガホンをとったダイナミックな近未来アクション。製作にはジェリー・ブラッカイマー、デビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグなどが名を連ねる。史上最強とうたわれるスナイパーのヘンリーはいつものように政府に依頼されたミッションを素晴らしいテクニックとともに遂行中、何者かに襲撃される。それは本来であればそう簡単には負けることはないのだが、今回は何かが違う。自分の動きを予測するかのようにすべて把握し、神出鬼没な謎の襲撃者の正体は、秘密裏に作られた若い頃のヘンリーのクローンだった。だからこそ自分と戦うかのようで、互角状態になってしまう。その衝撃の事実を知ったヘンリーは、偶然自分の傍にいたアメリカ国防情報局の捜査官ダニーの協力を得ながら、有利になるような情報を集めていき、敵の真実が隠れている裏側を探ろうとする。政府を巻き込む巨大な陰謀の渦中へと身を投じていくと、そこには意外な存在が待っていた。

原題:Gemini Man(「ジェミニ・マン」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年10月25日 / 117分 / 制作:Skydance Media / 配給:東和ピクチャーズ 

『ジェミニマン』本予告

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】高画質
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ジェミニマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

圧倒的な映像体験も!
映画館とは違ってネット動画は画質が低いと心配している声は聞こえてきます。しかし、それは過大な危惧はいらないことです。今の動画配信サービスはDVDと遜色のないハイクオリティで、場合によってはブルーレイレベルの4Kでも提供していることがあり、すでに劇場よりも映像品質が高くなっていることもあります。テレビで観るならばかなりの大画面でも鑑賞できるので、映像にこだわりの強い人でも大満足できるでしょう。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。いくら資産があっても映画に全投資できるようなハイパーリッチは少ないです。みんなは財布とにらみ合い、生活を考えながらも楽しみを映画に見いだそうとしてます。VODは助けになります。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。「ジェミニマン」も配信中。

落とし穴は恐ろしい!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ジェミニマン」の再生はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

どれを選べばいい?
「(*‘∀‘)え~っと、新作は結局見れるのですか?」ネット配信されさえすれば、見れない事態は考えにくいです。価格自体はわかりやすいので比べるまでもない感じなのですが、問題はその内容です。観たい作品が無いサービスに登録しても恩恵はないので、事前の確認は自然と必要です。「ジェミニマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。ゆったり座って極上の体験ができる映画館が私は手放せない…そういう場合でもそのチケット代を格安にしたり、ゼロ円にしたりするVODも。

字幕・吹替、選択は自由
あなたの好みは「字幕」か「吹き替え」か、どちらでしょうか。双方の言い分はよくわかります。字幕の方が俳優の演技もよくわかるし、何よりもオリジナルの声が聴きたいんだという気持ちがあるのは納得です。吹替は雑な扱いだと下手な人が声をあてて散々な印象になっているケースも残念ながらあります。一方で字幕は画面が文字で汚されることを気にしてしまったり、何かと邪魔で、だったら吹き替えで耳だけで集中できるのも便利です。メリットはあるので「ジェミニマン」の面白さの発見につながるかもしれません。

パスワードは大事
パスワードは使い回ししてはいけません。そう何度も厳しく注意喚起してもなぜか過ちを犯してしまう人が後を絶ちません。これはサービス側のミスが問題だと考えているのか、自分自身の行動を改めない人は多く、これでは意味はなし。VODを完璧に心配なく使用するにはユーザー個人のセキュリティ・リテラシーが必要です。パスワードは推測できない複雑な英数字の羅列にすること(単語禁止)、流用はやめること…このルールは破れば最悪の破滅が待っています。安全な「ジェミニマン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
高画質で見たくない人はいないでしょう。映像の細かい部分も視認できる解像度と発色の良さは要。映画館では施設設備によってはかなり色の再現力が劣ることもあったり、体験度が変わってきてしまうのは大きな問題点であります。VODはハイパフォーマンスな動画も健在。通信制限を気にしているならば事前に端末にダウンロードしておくことで外出先でもあまり気にせずに視聴できますので活用すると良いでしょう。再生機器に合わせた利用を心掛けておくと映画体験を上質なものに変えていけます。「ジェミニマン」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
超巨大なIMAXレーザーホームシアターは構築できませんが、自宅空間にフィットしたもので、ほどよい大きさならばそこまで夢ではありません。この魅力はかなりの沼です。パソコンで動画を観るのがバカらしい感覚になるのでちょっとした価値観の激震が起こるでしょう。無料映画館の開設です。「ジェミニマン」も最高級に。プロジェクターが必要になるのですが値段はマチマチです。しかし、買えないような金額ではありません。音響にこだわるのならばオーディオ機器も完備することになりますが、これはあなたの家の構造なども考慮するとなお良いです。

『ジェミニマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジェミニマン』をさらに知る

★スタッフ
監督:アン・リー(関連作品:『ビリー・リンの永遠の一日』)
脚本:デビッド・ベニオフ、ビリー・レイ、ダーレン・レムケ
撮影:ディオン・ビーブ
音楽:ローン・バルフェ

★キャスト(キャラクター)
ウィル・スミス(ヘンリー)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ダニー)、クライブ・オーウェン(クレイトン・クレイ・ヴァリス)、ベネディクト・ウォン(バロン)、リンダ・エモンド(ジャネット・ラシター)、セオドラ・ミラン、ダグラス・ホッジ

★インタビュー
・アン・リー監督「人間の顔のクローズアップをどう捉えてどう表現していくかがポイントとなりました。というのも、10年ぐらい前に初めて3Dの映像を観た時に、人間の顔のクローズアップで“ウワっ!なんだこれは!”と思ったことがあって(笑)。今作では3D+in HFRというデジタルフォーマットを使用したわけですが、役者の表情をかなり鮮明に、微細な変化も捉えているので、今後の3D技術の新たな領域を探求する通達点になったのではないか」

★『ジェミニマン』の評価

IMDbRTMETA
5.725%??
映画comY!FM
3.1???3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ジェミニマン』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
ウィル・スミス祭りなのは避けようがないですが、あなたが思っている以上にフェスティバル状態で、ウィルウィルだらけになってきますので、もうこれは手を上げて無抵抗で喜んで受け入れるしかない。あれとこれが戦うだけじゃないのです。うん、これ以上は言ったら撃たれるけど。新しい部分は少ないのかもしれないが、そこはまあいいじゃないかという流れで済ましておいて、今はこのファンサを精一杯楽しもうじゃないか。
●ユナイテッドシネマ:D-18 
これって映画館で観ないと何もわからないのかもしれない。まさにスクリーン・ファーストで作られている。120fpsのヌルヌル映像はかなりの異常な体験であり、これは言葉では表現できないので見てもらうしかないと思う。きっとネット動画で見る人も増えるだろうか、絶対に低画質ではアウトだと明言できる。あのハイスピードな滑らかなビジュアルパフォーマンスはここでしか見れないのだから。ジェミニマンは唯一無二だ。
●シネマサンシャイン:B-5 
若かれしウィル・スミスが登場するのですが、違和感なくスクリーン上に登場させ、この手の映画を観るとCG進化にびっくりしてくるのですが、驚きすぎて慣れてしまったのかもしれないなとも思ったり。CGのウィルは本物ウィルのギャラ2倍で作られたらしいけど、こんなに予算をかけられるのも金をかけられるだけの信頼感がある証拠ではないのかなとも納得したり。続編はないと思うけど、メイキングはもっと観たくなりますね。