最初の晩餐(2019)

父の遺言は、目玉焼きでした

映画『最初の晩餐』のフル動画を無料視聴する方法を探しているなら広告のウザさは悩みでしょうから、そこを回避させます。
今すぐ『最初の晩餐』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:最初の晩餐 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年11月1日 / 127分 / 制作: / 配給:KADOKAWA 

映画『最初の晩餐』予告編

(C)2019「最初の晩餐」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『最初の晩餐』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用の声は納得の意見多め!
自分の周りにある多くの問題の中でも家族は最初にぶつかる課題でしょう。そんなとき心を落ち着かせることもできるのが、映画の力です。そんなドラマチック映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを駆使するのが近道です。スマホしか持っていなくてもなんとかなります。パソコンで見るのも簡単です。テレビを使えば大画面でも視聴できます。シチュエーションに対応する能力はピカイチです。

「無料」は全て初心者のため!
お得さをお知らせする特別コーナーはここからスタート。無料お試しのトライアルでハッピー気分に浸りましょう。登録したら有料になる…のは通常のパターンですが、その例外措置となるのが無料期間。初回に限られますがその恩恵はかなり嬉しいものでこれ目当てで手を出す人も少なくはないです。「フル動画は当然だけどテレビでも見られるのだよね?」そのとおりです。よってDVDと変わらない感覚で視聴できます。インターネットだからといってパソコンやスマホの小画面に限定されるわけではないのです。「最初の晩餐」も配信後すぐ。

この恐怖は知りたくもない
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「最初の晩餐」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「最初の晩餐」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。記事を発信して情報はそれでおしまい…なんてことはさせません。配信が激変すればこのページの内容も適切な間隔で変更してきます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「最初の晩餐」を目にするために登録&再生…の前にクレジットカードが必須です。「え、私はクレカを持っていないのだけど…」それならば家族のものを許可をもらって使うのでもいいですし、新しく自分のものを作成してみるのも一案(今はすぐに作れるクレカも多いです)。中にはキャリア決済に対応している場合もあり、これならばクレカいらず。必ず登録カードは使えるものであるべきであり、過去に同サービスで一度使ったことのあるものを使うと初回お試しは適用されないので注意です。

フェアにオススメします
「う~ん、動画紹介サイトなんてどこも同じでしょ?」そう思っていたとしてもこのフルムビバースは決定的な特徴があります。それは誘導的な贔屓はしていないこと。あくまで公平にサービスを紹介し、ゆえに扱っている数もトップクラスに多いです。最近登場したものにも適応させているので、ページ内容がどれも同じ動画リンクのみのコピー&ペーストになっているようなことは一切ありません。単純に「最初の晩餐」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「最初の晩餐」合法視聴方法を自分の想いを載せて拡散しましょう。

その動画サイトは使える?
「最初の晩餐」をどうしても無料で見たいからといって検索しまくった人。動画サイトは無限にあります。割と有名な「dailymotion」、知っている人にはなじみのある「Pandora」、日本人には親近感もある「BiliBili」「Miomio」、ビックサイズの動画がゴロゴロ存在している「openload」。こういうサイトを推薦する人もいますが信用はできません。なぜなら違法性が高いからです。管理もろくにされていません。知らず知らずのうちに手を真っ黒に汚すことになるので、健全クリーンな立場でいたいならばそんな誘導に乗らないように。

『最初の晩餐』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『最初の晩餐』をさらに知る

父を亡くした家族が通夜に出てきたある料理をきっかけに父と家族の時間を取り戻す姿を、染谷将太主演で描いたドラマ。プロデューサーは杉山麻衣、森谷雄、鈴木剛。父の日登志が亡くなり、訃報によって家族が集まることになる。カメラマンの東麟太郎はこの世を去った家族の大きな存在をを弔うべく葬儀のために故郷に帰ってきた。しかし、家族はマイペースで、その行動がやたらと目につく。通夜の準備を進める中、母のアキコが通夜ぶるまいの弁当を勝手にキャンセルし、自分で料理を作ると頑なに言い出す。なぜそんなことをするのだろうか。しかも、母が運んできた料理は目玉焼きだった。あまりにも平凡で、こういうときに食べるような料理とは思えない。母が作る数々の手料理を食べていく中で、昔の記憶にとどめていた家族の時間が掘り起こされ、家族のさまざまな思い出が去来していく。

★スタッフ
監督:常盤司郎
脚本:常盤司郎
撮影:山本英夫
音楽:山下宏明

★キャスト(キャラクター)
染谷将太(東麟太郎)、戸田恵梨香(北島〈東〉美也子)、窪塚洋介(東シュン)、斉藤由貴(東アキコ)、永瀬正敏(東日登志)、森七菜(東美也子;少女時代)、楽駆(東シュン;青年時代)、牧純矢(東麟太郎;少年時代)、外川燎(東麟太郎;少年時代)、池田成志(東盛一)、菅原大吉(木村善男)、カトウシンスケ(北島康介)、玄理(小畑理恵)、山本浩司(井住)、小野塚勇人(小野寺法正)、奥野瑛太(拓二)、諏訪太朗(床屋のおじさん)、平原テツ(三岡)、渡辺杉枝(木村信子)、西原誠吾(木村健男)、美智(木村仁美)、大迫芽生(東ナオト)、堰沢結愛(北島美姫)、潤浩(北島大輔)、塩沢結由(葵)、岩谷健司(医師)、山本修夢(アキコの元夫)、真下有紀(食堂の店員)、東野瑞希(杏子)、大辻賢吾(小学校の先生)

★インタビュー
・戸田恵梨香「美也子は、ずっと愛情に飢えている女性だと思いました。本当はたくさんの愛情を受け取っていたのに、それに気付かないんです。親によって家庭を壊されたと思っていて、全ての責任を人に押し付けて生きてきたんだと思います」

★『最初の晩餐』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『最初の晩餐』の感想

●無料ホームシアター 
同じ時間を過ごしてきたけど、気付けば知らない事ばかりというのは誰にでもあるのではないかな。知らないことは多すぎて、でも知りたいとも思っていないから、スルーしてしまう。家族って何だろうと考える時間を与えてくれるという、そういう瞬間は映画でこその濃密さかもしれない。もっと人に優しくなりたい、そんな願いも自然と沸いてくるような気持ちにもなる。もう一回家族と深く会話してみたくなってしまった。
●イオンシネマ:S-11 
徐々にとんでもない映画へと変化していくので家族ドラマとしてバカにしていると驚くだろう。伏線のはりかたが巧みで、またその回収の仕方も巧妙になっており、最後はやられたなと思わせる。ファミリーの定義は国でも違う。同じ国でも地域で違う。個人でも異なる。だから回答は変わるので、映画で何かを提示するのは難しい。でもこの作品はそこに変に難しく考えないで、シンプルに作った製作者の狙いがヒットした。
●シネマサンシャイン:J-5 
シングルファザー&マザーという立場故の複雑な家族関係が邂逅して絡み合い、ひたすらに混乱していき、言葉を失い、でも何かを吐き出せた。そんな感じでとらえればいいのかも。思い出の媒介として、昔作ってくれた手料理なんてベタではある。しかし、その定番に意味があるので、そこでこの作品が雑だと思わない方がいい。淡々かつ静かに進む木漏れ日のような映像の中に日本の家族の変わりゆく姿を追う眼差しが…。