ひとよ(2019)

壊れた家族は再び繋がれますか?

映画『ひとよ』のフル動画を無料視聴する方法を、余計な広告で画面を埋め尽くされることなく、スッキリと紹介中です。
今すぐ『ひとよ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ひとよ / 日本(2019年) / 日本公開:2019年11月8日 / 123分 / 制作: / 配給:日活 

映画【ひとよ】予告 11月8日(金)全国公開

(C)2019「ひとよ」製作委員会


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ひとよ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者の大満足の声、多数!
元気になれる映画もいいですが、かなりどんよりと人の苦しみを描きだす、思いきった作品も普段は目を背けている現実を活写しており、見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用するのもOKです。アンケート調査ではその普及はかなりの勢いがあることが証明されています。すでに若い人だけが使うツールでもありません。ネット慣れしていなくても動画を観れます。スマホでもパソコンでもいいですし、DVDと同じようにテレビでも視聴ができます。

「無料」という響きはどうですか
ありがたさはここからが本領発揮。初心者を救いだす理想の導きのような無料サービスお試しが完備しているものが多数です。初回はどうしても「もし合わなければ…」と不安があるものであり、これで一定期間は無料になるので「しまった!」と後悔しながらカネを払うこともなし。無料動画気分で視聴を試せます。「10分だけしか見れませんという時間制限付きなのでは?」などというもったいぶったサービスなんて最初から推薦しません。フル動画を見れないと話にならないことはこちらも痛いほどに重々承知です。白石和彌監督の「ひとよ」も配信後すぐ。

気づいてからでは手遅れ!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで白石和彌監督の「ひとよ」の再生はダメです。その一例を紹介すると、例えばリダイレクトされた結果、通販サイト風なページにたどり着くことがあります。それは一見すれば普通のショッピングサイトに見えますが、実際は商品も届かない完全なる詐欺でおカネを騙しとられることになります。ダミーストアなのです。静かに悔し涙を流すか、賢く公式動画で満喫して笑顔になるか、その二者択一であれば迷う愚か者もいないでしょう。

どれを選べばいい?
新規の劇場公開映画でもいつかはネットで見れます。その配信時にはVODでもお目にかかれる可能性は大です。そこにコツンと面倒な小石にぶつかるのが、視聴を求める作品を扱うサービスの特定。これは小さなことに思えますが、忘れてしまうと痛恥ずかしい転倒をします。「ひとよ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。問題は解決できます。それも1週間もかからない、1日もかからない、1秒です。配信VODをアイコンで一発提示。これならば文字を読む必要も無し。超スピード回答で大切な時間を無駄にせずに動画へGOです。完璧ではないかもしれません。でもフルムビバースは毎日の手作業更新によって過去作品さえもきめ細かくVODの配信模様を提供し続けています。初めて食べる味は新鮮な驚きがあるのと同じで、初めてのVODは幸運なお得さがあるのです。無料動画と同質体験で配信映画を視聴するべく食いつきましょう。

配信はいつ終わる?
配信終了時は盛大に教えてくれるといいのですが、配信開始時は結構お知らせしてくれるのに、終了時期はあっさり通過することが多いです。これはストリーミング権の都合でおそらくサービス側も事前通告しづらいのでしょうが、ユーザーには不便です。そこでこちらの専用ページでもなるべく整理しています。ただそれでも当日確認を前提にする方がいいということは頭に入れておいてください。白石和彌監督の「ひとよ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

悪いサイトを追い出すために
違法動画を追い払う手段がにわかに海外では注目を集めています。フィルタリングはドメイン変更で回避できてしまうし、ブロッキングは検閲になりかねないために慎重にならざるを得ません。そこでVODです。安価でアクセシビリティに優れているサービスはネットユーザーを違法なダークゾーンから引っ張り出すことができます。しかもコンテンツ知的財産権を持つクリエイターや企業にお金が入るので、動画再生されるだけで正しい利益が蓄積。苦境に立つ映画業界を救済できるでしょう。「ひとよ」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ひとよ」は? サービス内の作品が全部定額支払いで見られるとは限りません。これは混乱のもとなので入念に説明をしておきます。2種類あると考えてください。見放題系は全く心配ゼロです。全部が観られるのでまさに文字どおりの満喫し放題。問題はそうじゃないタイプです。ポイント系は与えられたポイント範囲内での制限がつくのです。500ptあって1作200ptだとしたら2作品は観れます(実質タダ)。こちらは少ないぶん新作にありつきやすいという利点ありです。

その動画サイトは使える?
「ひとよ」を無料で見たいという需要は存在しますが、調べれば無数の動画サイトに行き着くかもしれません。動画量が豊富なYouTube的な使い心地の「dailymotion」、中華動画共有ウェブサイトの老舗感も出てきている「Miomio」「BiliBili」、大容量の動画データをアップできて利用率も高い「openload」「vidoza」。これらのサービスを控えめにでも推薦してきたページを見かけた場合、そのサイトは違法性が高いので退避した方がいいです。検索コンテンツをリンクさせること自体がスパム的なのでプラスな体験になりません。

『ひとよ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ひとよ』をさらに知る

女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、白石和彌監督のメガホンで映画化。エグゼクティブプロデューサーは福家康孝と安藤親広。タクシー会社を営む稲村家の母こはるが、愛した夫を無残に殺害した。それは感情が積もった結果による、所業であった。普通は倫理的に許されないのはわかっている。でも最愛の3人の子どもたちの幸せのためと信じての苦渋の決断による犯行だった。それ以外の選択肢を見つけることは当時はできなかった。こはるは子どもたちに15年後の再会を誓い、家を去った。自分の行為を誰かから理解されるわけでもなく、やってしまった傷跡だけを残して。運命を大きく狂わされた次男・雄二、長男・大樹、長女・園子、残された3人の兄妹は、その後も平凡に過ごせるわけはなかった。事件のあったあの晩から、心に抱えた傷を隠しながらなんとか何事もないかのように平静を装って人生を歩んでいた。それでも消えない心の穴は埋めようもなく。そして15年の月日が流れ、3人のもとに母こはるが帰ってきた。それは再び過去と向き合う時が目前に現れたことを示していた。

★スタッフ
監督:白石和彌(関連作品:『凪待ち』)
脚本:高橋泉
撮影:鍋島淳裕
音楽:大間々昂

★キャスト(キャラクター)
佐藤健(稲村雄二)、鈴木亮平(稲村大樹)、松岡茉優(稲村園子)、音尾琢真(丸井進)、筒井真理子(柴田弓)、浅利陽介(歌川要一)、韓英恵(牛久真貴)、MEGUMI(稲村二三子)、大悟(友國淳也)、佐々木蔵之介(堂下道生)、田中裕子(稲村こはる)

★インタビュー
・佐藤健「雄二には髭を剃ったりする精神的余裕はないだろう、髭を剃ったりはしない人間だろうとイメージしていたので、無精髭にしました。また白石監督作品のキャラクターは線が太い方がいいのかなと思い、体重も増やしています」

★『ひとよ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
Twitter調査(18票) 賛:100% 否:0%

★『ひとよ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
親子4人の演技はパーフェクトで、なんか圧倒されるばかりである。とんでもない俳優の揃い踏みではないだろうか。もちろん全員のレベルは邦画最高クラス。これで文句を言う理由はない。物語は後半までかなり淡々としており、じんわりと人間ドラマを味わえるのですが、そのぶんの退屈さも吹き飛ぶ名演の連発に罵倒された気分でげんなりした感じはなく自分はどSなのかもしれない。待たせてはいないが、ずっと新作を見たい。
●TOHOシネマズ:F-4 
人を殺すことを肯定するつもりはないけどどうしようもない瞬間に救いがないとき、人って何をすればいいのか。社会はそんな彷徨う人間を見捨てる。白石和彌監督独特の生々しくてリアルな描写は気がつくと魔法のように全キャラクターに感情移入させていき、心が狂っていく。こんな目には遭いたくないがその状況にシンクロさせてしまうのである。世界にはいや日本にはこれと同じ家族がいるのだろう。そう思うと何も言えない。
●ユナイテッドシネマ:H-6 
今まで見た白石作品の中では一番静かだったかもしれないと思うが、そのサイレントが不気味でもある。声を出せない恐怖という感じかもしれない。何を言ってもネタバレになるから細かくは語れないけど、結局は「前に進めるかどうかは自分次第」という全力無心しかないのか。それは良いことだとは言えない。でも否定もできない。力を持たない凡人にはできることはない。こんなファミリーを生み出さないのが社会の仕事だが…。