国家が破産する日(2018)

韓国経済、最大の危機で政府は何をしていたか

映画『国家が破産する日』のフル動画を無料視聴する方法を、誰でもわかりやすいように不必要な広告も排除して紹介中。
今すぐ『国家が破産する日』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Default / 製作:韓国(2018年) / 日本公開:2019年11月8日 / 114分 / 制作: / 配給:ツイン 

『国家が破産する日』予告編

(C)2018 ZIP CINEMA, CJ ENM CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『国家が破産する日』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及の波に乗ろう!
映画を観ることで社会を学習するのは重要な役割でもあり、ただの娯楽作ばかりではありません。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが大きなチャンスです。韓国映画を観たいと思ったときにそれだけを検索することも可能です。また、新しい作品でも見るのは難しくないです。スマホ、パソコン、タブレット、テレビ機器と自由に選べるのもメリットです。今日から動画を見放題で時間を潰せるでしょう。アンケート調査でもその普及率は凄まじく勢いがある事は証明済みです。すでに若い人だけのコンテンツでもないので、ネットに不慣れという先入観は捨ててみるのもよいでしょう。わけのわからないそのへんのサイトよりは安心して再生できると思いますし、複雑な操作も必要はありません。

「無料」を嫌う人はいない!
あなたは初めての利用者でしょうか? だとしたらそれは最大の利点になります。初回無料のトライアルが健在です。もういきなりおカネを払うような危険な飛び込みは必要ないのです。まずはサービス機能を一定期間無料で試利用してみましょう。これで夢みたいな使い心地かどうかも判断可能です。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。

怖さへの手引きに乗らないで!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「国家が破産する日」の鑑賞はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

誰よりも先に見たいなら!
すでにこのページを閲覧している人は視聴欲求は高まっているでしょう。あとはその心に従ってコンタクトするのみ。しかし、頭痛のタネになるのは配信の移ろいの激しさ。1日で数作品が終了し、新規作品がまた増える。その繰り返しであり、追尾するのはかなり苦労をしてしまいます。「国家が破産する日」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「国家が破産する日」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「国家が破産する日」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「国家が破産する日」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

その動画サイトは使える?
「国家が破産する日」を完全に無料で見る合法的方法を見つけたいなら、動画サイトの選別は失敗してはいけません。ヨーロッパ発の動画共有サイト「dailymotion」、マニアなユーザーを獲得する「Pandora」、中華コミュニティも絶大な「Miomio」「BiliBili」、リンクシュアに特化した「openload」。こういうタイプのものを紹介する情報サイトを見かけるかもしれませんが、それは信用すべきではないです。なぜならこれらは違法性がかなり高く、自己責任をいくら忠告しようとそれらを紹介すれば明確な違法誘導。リンクは無視すべきです。

『国家が破産する日』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『国家が破産する日』をさらに知る

1997年に韓国で実際におこった通貨危機の裏側を描いた社会派ドラマ。信じられないことが現実でも起こるとは誰が予測できただろうか。1997年、韓国経済は急成長を遂げ、いつまでも好景気が続くと多くの国民が信じて疑わなかった。国の発展に楽観視する社会のムードを咎めることさえも空気を読んでいないことになるほどであった。そんな中、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョンは通貨危機を予測していた。それは根拠のない勘でもなく、不吉な予兆でもなく、確かな目で推測されていることであった。政府は非公開の対策チームを招集するが、国家破産まで残された時間はわずか7日間しか残されていなかった。このままただ見ているだけでは何もできずに破滅を迎えるだけになる。独自に危機の兆候をキャッチし、これを好機と見た金融コンサルタントのユン・ジョンハクがある大勝負に出る。国が混乱する中で自分だけは漁夫の利を得ようとするしたたかな狙い。その一方で、経済情勢に明るくない町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまっていた。激震が起こるカウントダウンが始まる社会で、人々はさまざまな人生を知らずに歩んでいたが…。

★スタッフ
監督:チェ・グクヒ
脚本:オム・ソンミン
撮影:チェ・チャンミン

★キャスト(キャラクター)
キム・ヘス(ハン・シヒョン)、ユ・アイン(ユン・ジョンハク)、ホ・ジュノ(ガプス)、チョ・ウジン(パク・デヨン)、バンサン・カッセル(IMF専務理事)

★『国家が破産する日』の評価

IMDbRTMETA
6.6??%??
映画comY!FM
3.7???3.9
フルムビバース独自ランク
A

★『国家が破産する日』の感想

●無料ホームシアター 
国家破産の危機(IMF経済危機)はどこでもどんな国でも起こり得るから全然笑えないというか、やっぱり一市民のことなんて政治家は気にしていないんだなと痛感する。政府をあてにするなというよりは、政府は味方ではないくらいに思った方がいい。事実をベースにしたフィクションでここまでの大胆さを見せられる韓国映画の遠慮のなさが凄い。日本は国を批判できないからこういう映画も生まれないし…。破産以前のことだね。
●MOVIX:K-8 
日本のバブル経済崩壊を経験している者としては、周りがたちまちおかしくなっている感じは見覚えがあります。政府やメディアが景気がいいです!と言い始めたら黄色信号。言論を弾圧し始めたら、赤信号である。OECD、IMFの支援など、普段あまり馴染みのない事が出てきますが、そこまでの難易度がないのはサスペンス部分でじゅうぶんに面白いからです。破綻するのは国ではなく、国民生活なんだということは忘れたくない。
●109シネマズ:H-16 
ビジネスの観点からも非常に映像的教材として勉強になる映画で、どんな会社にも売りと買いがあり、売掛金の与信管理が重要だというポイントを学べます。自国で起きたネガティブな出来事でも、真正面から題材として扱える純粋な韓国の批判精神がうらやましくもあり、ストレートな本音で描けるのはいいことですね。しかし、本当はこういうことが起きないでほしいものです。逃げられないのがこの怖さであるのですから。