エンド・オブ・ステイツ

男に降りかかる絶体絶命の危機

映画『エンド・オブ・ステイツ』のフル動画を無料視聴する方法を、綺麗に整理してアイコンでレコメンドしています。
今すぐ『エンド・オブ・ステイツ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Angel Has Fallen(「エンドオブステイツ」「エンジェル・ハズ・フォールン」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年11月15日 / 121分 / 制作:Millennium Media / 配給:クロックワークス 

11/15(金)公開『エンド・オブ・ステイツ』予告編

(C)2019 Fallen Productions, Inc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『エンド・オブ・ステイツ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者の声は大満足!
映画はシアターで!というのは最強のオススメコースなのですが、でもどうしてもそれが叶わないときは第2の手段を用意しないといけないです。そんなときに使うべきは人気も増えている動画配信サービスを利用です。映画をフル動画で見られる大事な選択肢です。シリーズを追いかけたい場合も絶大な利便性を発揮。もうレンタル店で通いまくる必要はありません。まったり家で過ごすのもいいですし、スマホで通勤通学中でも使えます。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。もういきなりおカネを払うような危険な飛び込みは必要ないのです。まずはサービス機能を一定期間無料で試利用してみましょう。これで夢みたいな使い心地かどうかも判断可能です。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。「エンド・オブ・ステイツ」も配信後すぐ。

デタラメではない怖さです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「エンド・オブ・ステイツ」の視聴はダメです。これらのサイトの有罪事例は存在します。2019年には海賊版リーチサイト「はるか夢の址」の運営者に対する損害賠償訴訟で、大阪地裁が総額約1億6000万円の支払いを命じました。こうした利用者にもその倫理観を求められるというのはあらためて語るまでもないです。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

どれを選べばいい?
ロードショー開始の合図から数か月。ネクストターンはVODでの第2ラウンドの幕開けが舞台となってきます。しかし、頭痛のタネになるのは配信の移ろいの激しさ。1日で数作品が終了し、新規作品がまた増える。その繰り返しであり、追尾するのはかなり苦労をしてしまいます。「エンド・オブ・ステイツ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。初遭遇となるエンカウントを果たすことのできたVODは、無料体験というチャンスタイムが点滅します。それを握りしめるかどうかは自分しだい。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「エンド・オブ・ステイツ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものをあれこれと試しながら納得いくまで考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「エンド・オブ・ステイツ」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

高画質で見られる?
高画質は絶対に譲れないところでもあります。せっかくの映画も画質最悪の状態だったら不良品を買わされたような気分になるものです。ネットというのはそういう動画クオリティにばらつきがあることを認知している人も多いでしょう。しかし、VODは抜かりなし。DVDやブルーレイ級の安定した動画再生は当然です。昔のような質の低さはもう考えられないのです。後はあなたにそれだけの再生機器があればいいだけ。今のスマホですら強力なディスプレイを持っていますし、それは困らないでしょう。「エンド・オブ・ステイツ」の動画を楽しみましょう。

その動画サイトは使える?
リック・ローマン・ウォー監督の「エンド・オブ・ステイツ」を完全に無料で見る合法的方法を見つけたいなら、動画サイトの選別は失敗してはいけません。ヨーロッパ発の動画共有サイト「dailymotion」、マニアなユーザーを獲得する「Pandora」、中華コミュニティも絶大な「Miomio」「BiliBili」、リンクシュアに特化した「openload」。こういうタイプのものを紹介する情報サイトを見かけるかもしれませんが、それは信用すべきではないです。なぜならこれらは違法性がかなり高く、自己責任をいくら忠告しようとそれらを紹介すれば明確な違法誘導。リンクは無視すべきです。

『エンド・オブ・ステイツ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エンド・オブ・ステイツ』をさらに知る

ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる人気アクションシリーズ第3弾。製作はマシュー・オトゥール、ジョン・トンプソン、レス・ウェルドン。世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングはその圧倒的な能力によって自分の強さを証明していた。その功績から英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルからの信頼も絶大だった。今では重要なポジションも任せられるほどの信頼感。しかし、歴戦の度重なる負傷によって肉体がむしばまれ、トラウマも抱えるようになってしまい、薬も手放せない。これでは家族とも良好な関係を保てなくなってしまう。近頃は引退も考えるようになっていた中で、そのことを素直には言いだせない。そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃されるとんでもない事件が発生。予測不能な事態に通常のセキュリティは太刀打ちできず、一方的に攻撃される。しかも、マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう。身に覚えがないが、証拠があるらしく、FBIは断定的だった。自分がハメられたことに気づき、隙をついて逃げ出したマイクは、何者かが仕組んだ陰謀を暴くために単身で奔走するが、敵の猛攻は容赦なく続行する…。

★スタッフ
監督:リック・ローマン・ウォー(関連作品:『ブラッド・スローン』)
脚本:ロバート・マーク・ケイメン、マット・クック、リック・ローマン・ウォー
撮影:ジュールズ・オロフリン
音楽:デビッド・バックリー

★キャスト(キャラクター)
ジェラルド・バトラー(マイク・バニング)、モーガン・フリーマン(アラン・トランブル大統領)、ジェイダ・ピンケット・スミス(トンプソン)、ニック・ノルティ(クレイ・バニング)、ランス・レディック、ティム・ブレイク・ネルソン、パイパー・ペラーボ、ダニー・ヒューストン

★『エンド・オブ・ステイツ』の評価

IMDbRTMETA
6.639%??
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『エンド・オブ・ステイツ』の感想

●無料ホームシアター 
燃やせ、燃やし尽くせ!というどこかの悪役の声が聞こえてきそうな攻撃センス。あの爆発過剰な感じ、私は嫌いではないです。バカげてはいるのだけど、なんでか好きになってくる。もっと爆発が欲しくなってくる。これは私の心もエンド色に染まっているのか。前作までのベンジャミン・アッシャー大統領との関係性とバディ感が好きだった人は少し困ってしまうような終了のお知らせでしたけど、すげぇキャラがきたもんだ。
●TOHOシネマズ:K-14 
やりがいのある天職、このまま続けるのか? それとも家庭をより大事にするのか? そんな選択を誰でも悩んでいるのね。でもこのパパ、割とそれどころではないくらいの激戦にいるからね。家族と一緒にいたら死んじゃうと思うけど、いいのかな。しかし、この男はめげないのである。さらにパワーアップしたアクションが入りきらない勢いでこだまする。いや、耳鳴りがするくらいの轟音で迫ってくるのだ。芸術はドカンだ!
●シネマサンシャイン:G-3 
ド派手な銃撃戦に加え爆発シーンの迫力がえげつないので明らかに劇場向け。もっといえばネットの小さい画面はやめておこう。物量が多いので通信速度が遅いとノイズになるほどの画面の密度が一部シーンではあります。理想はテレビの高画質高スピード環境ですね。ジェラルド・バトラー主演のエンドオブシリーズ第三弾で興行ランキングが全米1位みたいだけど、こういう映画がいまだに人気のアメリカは変わっていない…。