影踏み(2019)

真実を盗みだす犯罪ミステリーからの人生解読

映画『影踏み』のフル動画を無料視聴する方法を、無駄な広告や動画リンクでたらい回しすることなく紹介中。
今すぐ『影踏み』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:影踏み / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年11月15日 / 112分 / 制作: / 配給:東京テアトル 

映画『影踏み』 予告編

(C)2019「影踏み」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】一時停止可
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『影踏み』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者の反応は上々!
普通の社会の中で生きている人々に焦点を当てた映画はあれど、アンダーグラウンドな社会底辺に這う者たちの作品というのもまた別の見ごたえがあるものです。そんなシャドーストーリーな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用していくと着実かもしれません。シアター鑑賞もいいですが、それができないときの保険としても使えます。今では若い人だけではない誰でも使っている映画鑑賞手段になりました。動画を鑑賞する方法を調べるならば今ではネット検索よりも信頼できるサービスを見つけるのが先決です。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。「影踏み」もすぐ。

その動画は汚れていない?
違法な動画サイト等には油断などは一切せずにじゅうぶんに気を付けてください。それで「影踏み」の再生はダメです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

迷ったときは?
新作はいつまでたっても配信されない?それは勘違いです。意外なほど速達で無料視聴可能なお試しの範疇に加わることも。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「影踏み」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。総じて同様サイトは更新しないことが多々。でもフルムビバースは自動ではなく手動確認で最新インフォを更新中です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

支払いに混乱している?
VODを継続的に利用する際の大事なステップになるはずの必要料金の支払い方ですが、山崎まさよし主演の「影踏み」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「影踏み」合法視聴方法をあなたのネットワークをフル活用して拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、その単純な話に飛び込みたいのは山々でも、どこまでが無料なのか。篠原哲雄監督の「影踏み」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

その動画サイトは使える?
「影踏み」を完全に無料で見る合法的方法を見つけたいなら、動画サイトの選別は失敗してはいけません。ヨーロッパ発の動画共有サイト「dailymotion」、マニアなユーザーを獲得する「Pandora」、中華コミュニティも絶大な「Miomio」「BiliBili」、リンクシュアに特化した「openload」。こういうタイプのものを紹介する情報サイトを見かけるかもしれませんが、それは信用すべきではないです。なぜならこれらは違法性がかなり高く、自己責任をいくら忠告しようとそれらを紹介すれば明確な違法誘導。リンクは無視すべきです。

『影踏み』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『影踏み』をさらに知る

作家・横山秀夫の小説を、ファンからの支持もあつい歌手の山崎まさよしが『8月のクリスマス』以来14年ぶりの主演を務めて映画化。エグゼクティブプロデューサーは千村良二と岡本東郎。住人が寝静まった深夜の民家に侵入して盗みを働く、通称「ノビ師」と呼ばれる泥棒の真壁修一は、その技術をどんどんスキルアップさせていき、今では仕事が体に染みついていた。忍び込みの技術の巧みさから、捕まえる側の警察から「ノビカベ」とあだ名されるほどの悪評が積み重なり、凄腕ノビ師だった。そんな真壁は、ある日の深夜、いつもの労働という名の盗みの一環で、県議会議員の自宅に忍び込むが、とんでもないことになっていくことを知ったときは遅かった。そこで偶然、未遂となる放火殺人現場を目撃。それはもはや自分の仕事どころではない状況だった。これをきっかけに、闇社会の裏側で這いつくばるように生きてきた真壁がずっと心の底に押し込めていた20年前の事件の記憶が呼び覚まされ、人生は揺れ動いていく…。

★スタッフ
監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
撮影:鶴崎直樹
音楽:山崎将義

★キャスト(キャラクター)
山崎まさよし(真壁修一)、尾野真千子(安西久子)、北村匠海(啓二)、中村ゆり(葉子)、竹原ピストル(吉川聡介)、中尾明慶(大室誠)、藤野涼子(回想の安西久子)、下條アトム(栗本三樹男)、根岸季衣(菅原春江)、大石吾朗、高田里穂、真田麻垂美(図書館にいた女)、田中要次(加藤)、滝藤賢一(久能次朗)、鶴見辰吾(馬淵昭信)、大竹しのぶ(真壁直美)

★インタビュー
・山崎まさよし「原作にはファンタジックな要素があるので、これを実写映画化するのは難しいだろうなとは感じていました。アニメーションなら可能なのかもしれないけれど。でも、この映画はシノさんらしい、日本映画っぽい表現の仕方がすごくよかった。さすがだなと思いました」

★『影踏み』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『影踏み』の感想

●無料ホームシアター 
「月とキャベツ」スタッフ集結の新しい一作。主演の山崎は俳優ではないが、独特の存在感と闇を携えた目ヂカラ、演技の若干のぎこちなさが上手く奏功し、良い味を見せているのでかなりそれだけのパワーで持っていかせる。すでにかなりこの部分に頼っているのだが、後はどうかと言われればノーマルな範囲内というところか。高のアウトローが過去を振り返る感じなので普通はミステリーと呼ぶべきではない気がするが…。
●MOVIX:G-15 
本業ミュージシャンの山崎まさよしも序盤こそセリフまわしの拙さがあるのですが、最後は気にならなくなる。とりあえず作品自体はミステリーサスペンスのような売り出し方をしていますが、個人的には修一という1人の人間が過去と向き合っていくという大事な部分があるので謎解きを期待はしないでほしい。地味ではあるし、パッと明るい訴求力のある俳優はいないのであまり注目されないのはしょうがない部分なのかな。
●TOHOシネマズ:K-16 
凄腕の空き巣の話かと思いきや、血なまぐさい闇社会の話かと思いきや、話はどんどん変わっていってやがてはしっかり着地はする。映画の主役としては華が足りないのにそこでもあえてのキャスティングなのは言うまでもないだろう。双子ならではの喜びや幸せもあれば、その影には双子故の嫉妬や恨みもあるという、ツインズ・エモーションの映画と言えるならば、私にはなかなか理解が届かない一面もあるのであろう。