アナと雪の女王2(2作目)

待ち望んだ続編で描かれる結末とは…

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を無料視聴する方法を、危ないサイトや広告を綺麗に除外してレコメンドしています。
今すぐ『アナと雪の女王2』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Frozen II(「フローズン2」) / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年11月22日 / 103分 / 制作:Walt Disney Animation Studios / 配給:ディズニー / 前作:『アナと雪の女王

「アナと雪の女王2」吹替版 予告

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アナと雪の女王2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作も見ておこう!
家族で映画を観るのは楽しい時間です。子どもたちにもかけがえのない体験ができます。それは遠出しなくてもいいので手軽でもあります。しかし、子どもはジッとできませんし、迷惑がかかるかもと心配している場合もあります。そこで動画配信サービスを利用しましょう。ネット動画は家で自由に見れるので、不便もありませんし、何より子ども配慮が生きています。テレビでの鑑賞もできるのでDVDの代用になってくれるでしょう。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。「アナと雪の女王2」もすぐ。

その動画はやめましょう!
不正な動画ウェブサイトは問題点は無限にあれど適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アナと雪の女王2」の視聴は禁止です。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。繰り返しの警告になりますが、不自然なアプリやプラグインをダウンロードしないように。その瞬間に平凡は終わります。

どれを選べばいい?
公開真っ最中の映画でもネット配信のその日は来ます。VODでもその瞬間を待機するのは得策のひとつ。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「アナと雪の女王2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。映画館最優先主義な人もVODは捨てがたい存在です。鑑賞料金の割引があるなど併用できるサービスを選択材料にしておけばニッコリできます。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「アナと雪の女王2」の面白さの新鮮な発見につながり、仲間たちとの語り合いのネタになるかもしれません。

家族とのシェアも安心?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。「アナと雪の女王2」も一緒に。

ホームシアターの使い方も便利
鑑賞は常に上を求めるようになればもう玄人。では最上級の理想スタイルは何か。それはホームシアターに間違いないです。自宅のソファでゆったりと映画を超大画面&大音響。これはもうスマホなどキッズの小道具になります。実質、映画館が家にあるようなもの。無料の座席がそこにあるのです。「アナと雪の女王2」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

その動画サイトは使える?
「アナと雪の女王2」を完全に無料で見る合法的方法を見つけたいなら、動画サイトの選別は失敗してはいけません。ヨーロッパ発の動画共有サイト「dailymotion」、マニアなユーザーを獲得する「Pandora」、中華コミュニティも絶大な「Miomio」「BiliBili」、リンクシュアに特化した「openload」。こういうタイプのものを紹介する情報サイトを見かけるかもしれませんが、それは信用すべきではないです。なぜならこれらは違法性がかなり高く、自己責任をいくら忠告しようとそれらを紹介すれば明確な違法誘導。リンクは無視すべきです。

『アナと雪の女王2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アナと雪の女王2』をさらに知る

世界中で社会現象を巻き起こして大ヒットしたディズニーアニメ『アナと雪の女王』の続編。製作総指揮はバイロン・ハワード。解けない雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、平穏な世界となった。街の住人たちも毎日を楽しく過ごしている。その功労者は深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、その間にある強い繋がりによって運命を変えて、悲しみを解かした。今はクリストフやオラフなどの賑やかな仲間たちに囲まれて幸せに生きている。今日も一緒に無邪気に遊んでいた。そんなある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声により、何かの気配を感じるようになっていくが、エルサはそれを人には喋れない。そうこうしているうちに街では異変が起こる。その原因もわからず退避するしかないが、トロルたちが告げたのはこの事態を解決しなければ未来はないということ。使命を感じた姉妹は未知の世界へと導かれる。それはかつて父と母が昔話として聞かせてくれた王国の歴史にかかわる場所。対立の歴史が霧に覆われた不気味で、でも美しい森で、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険が始まっていく。

★スタッフ
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
脚本:ジェニファー・リー
音楽:クリストフ・ベック

★キャスト(キャラクター)
イディナ・メンゼル(エルサ)、クリステン・ベル(アナ)、ジョシュ・ギャッド(オラフ)、ジョナサン・グロフ(クリストフ)、エバン・レイチェル・ウッド(イドゥナ)、スターリング・K・ブラウン(マティアス少尉)、アルフレッド・モリーナ、マーサ・プリンプトン、ジェイソン・リッター、レイチェル・マシューズ、ジェレミー・シスト、キアラン・ハインズ、アラン・テュディック

★雑学(トリビア)
・Twitter上で複数の漫画家が『アナと雪の女王2』を宣伝する漫画を一斉に投稿し、一部のユーザーからステルスマーケティングが疑われていた問題で、ウォルト・ディズニー・ジャパンは「依頼の段階で伝達ミスがあり、広告表示がなされなかった」と回答した。

★『アナと雪の女王2』の評価

IMDbRTMETA
7.375%??
映画comY!FM
3.7???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アナと雪の女王2』の感想

●無料ホームシアター 
レリゴーが次の物語へと進んでいく。エルサはこのまま能力をどのように使っていくのか。アナはエルサのそばで何をして生きていくのか。クリストフは好きな気持ちをアナに告げることができるのか。スヴェンはトナカイとしてどこまでクリストフをサポートできるのか。オラフは一体その解けない体で何がしたいのか。登場人物が意外に少なく、既存のキャラクターのドラマが強化されている印象。手堅い続編だがそれも一興。
●イオンシネマ:A-12 
駄作だとか言っているのは面倒な評論家気取りのオタクばかりで、メインターゲットの子どもたちは楽しそうにしていた。歌があり、映像があり、それでいて楽しい物語がある。そこにはこれといって考察などという難しいことはいらないありのままの中身があった。これでいいのである。映画は批評家のものではない。ソングのインパクトは前作に匹敵するのは難しくとも、かなりの名曲であり、相変わらずの歌作りの上手さだ。
●TOHOシネマズ:J-2 
クスリをやめた雪だるまは人生を再び取り戻すことができるのか。これは更生の力強さを描く、白になるための作品なのです。はい、嘘です、冗談です。でもオラフの声は事情でチェンジしてしまいましたが、本家の声優さんが担当しているので普通に上手く、違和感もありませんでした。しっかり今作ではオラフの演技力を問われるのでこれで不幸中の幸いかもしれません。今作では姉妹の愛を突き詰めたストーリーでそこも感動。

ディズニー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『白雪姫』(1937年)
  • 第2作『ピノキオ』(1940年)
  • 第3作『ファンタジア』(1940年)
  • 第4作『ダンボ』(1941年)
  • 第5作『バンビ』(1942年)
  • 第6作『ラテン・アメリカの旅』(1942年)
  • 第7作『三人の騎士』(1944年)
  • 第8作『メイク・マイン・ミュージック』(1946年)
  • 第9作『ファン・アンド・ファンシーフリー』(1947年)
  • 第10作『メロディ・タイム』(1948年)
  • 第11作『イカボードとトード氏』(1949年)
  • 第12作『シンデレラ』(1950年)
  • 第13作『ふしぎの国のアリス』(1951年)
  • 第14作『ピーター・パン』(1953年)
  • 第15作『わんわん物語』(1955年)
  • 第16作『眠れる森の美女』(1959年)
  • 第17作『101匹わんちゃん』(1961年)
  • 第18作『王様の剣』(1963年)
  • 第19作『ジャングル・ブック』(1967年)
  • 第20作『おしゃれキャット』(1970年)
  • 第21作『ロビン・フッド』(1973年)
  • 第22作『くまのプーさん 完全保存版』(1977年)
  • 第23作『ビアンカの大冒険』(1977年)
  • 第24作『きつねと猟犬』(1981年)
  • 第25作『コルドロン』(1985年)
  • 第26作『オリビアちゃんの大冒険』(1986年)
  • 第27作『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』(1988年)
  • 第28作『リトル・マーメイド』(1989年)
  • 第29作『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』(1990年)
  • 第30作『美女と野獣』(1991年)
  • 第31作『アラジン』(1992年)
  • 第32作『ライオン・キング』(1994年)
  • 第33作『ポカホンタス』(1995年)
  • 第34作『ノートルダムの鐘』(1996年)
  • 第35作『ヘラクレス』(1997年)
  • 第36作『ムーラン』(1998年)
  • 第37作『ターザン』(1999年)
  • 第38作『ファンタジア2000』(2000年)
  • 第39作『ダイナソー』(2000年)
  • 第40作『ラマになった王様』(2000年)
  • 第41作『アトランティス 失われた帝国』(2001年)
  • 第42作『リロ・アンド・スティッチ』(2002年)
  • 第43作『トレジャー・プラネット』(2002年)
  • 第44作『ブラザー・ベア』(2003年)
  • 第45作『ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』(2004年)
  • 第46作『チキン・リトル』(2005年)
  • 第47作『ルイスと未来泥棒』(2007年)
  • 第48作『ボルト』(2008年)
  • 第49作『プリンセスと魔法のキス』(2009年)
  • 第50作『塔の上のラプンツェル』(2010年)
  • 第51作『くまのプーさん』(2011年)
  • 第52作『シュガー・ラッシュ』(2012年)
  • 第53作『アナと雪の女王』(2013年)
  • 第54作『ベイマックス』(2014年)
  • 第55作『ズートピア』(2016年)
  • 第56作『モアナと伝説の海』(2016年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース