ゴーストマスター(2019)

究極の映画愛が試される

映画『ゴーストマスター』のフル動画を無料視聴する方法を、ダメなリンクを一切排除しながら適切にレコメンドしています。
今すぐ『ゴーストマスター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ゴーストマスター / 日本(2019年) / 日本公開:2019年12月6日 / 90分 / 制作: / 配給:S・D・P 

映画『ゴーストマスター』本予告

(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会


▼『ゴーストマスター』の動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ゴーストマスター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及はあの人にもこの人にも!
普通のノーマル映画では私の乾いた喉を潤すことはできないと思っているのならば、用意しましょうヘンテコ映画の積ボックスを。そういう作品の宝庫になっているのは今はレンタル店ではなく、動画配信サービスです。エキセントリックな映画でも簡単に検索できて発見し、フル動画を楽しむことができます。これで何も迷いません。すでにスマホでの視聴が当たり前になっている人も、パソコンじゃないと嫌な人も、テレビでも何でもOK。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料からは逃げられないしなぁ…」でもそれを一時的に後回しにして無料試用中にあれこれ動画を見たりもできるのです。1か月だけ無料だったりすると嬉しいものですがそれがあり得てしまうのです。期間はサービスで違いますが動画を見るにはじゅうぶん。試用をご用意しているのはおもてなし精神です。「旧作ばかりの古めかしい作品群になっていない?」と訝しげに聞く皆さん。VODは新作だって視聴可能なトレンドを追いやすいものです。ポイント系サービスでばっちりとレンタル時期にも適応可能です。ヤング・ポール監督の「ゴーストマスター」もすぐ。

恐怖と危険は襲ってくる!
違法な動画サイト等には言い訳なしでじゅうぶんに気を付けてください。それで三浦貴大出演の「ゴーストマスター」の再生はダメです。パソコンやスマホに与える過剰な負荷率の高さは凄まじいです。計測してみるとよくわかります。CPU使用率はときには90%を超え、メモリもガンガン消費します。これは全て裏で動く不正広告等のあれこれが原因であり、とてもじゃないですが動画を見れません。警告アナウンスが画面に出ればいいのですが、そんなことをしたら余計に動画の邪魔になるだけ。安全圏にいることが大事です。

迷っている時間があるなら
ニューシネマはネット動画配信のコース外と思わないでください。たいていの作品は無料視聴できる道が用意済みです。ところが全力ダッシュすると障害に激突することに。無数のVODの中から自分が要求する作品配信サービスをキャッチしてサッと引っ張ってこないと動画には手が届きません。成海璃子出演の「ゴーストマスター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページは二段階に確認システムを用意しています。まずはアイコンでざっくりとVODを確認。次に動画リンクから該当のサイトへと移動する。これであとは動画視聴へズブズブいけます。他のサイトでもいいと思っていませんか? フルムビバースは適度に更新をしています。記事を作ってそれで放置しているだけではないです。別にアカウント作成作業を無理に急がせることはしません。急がば回れ。まずは観たい映画の有無をポチポチと検索してみるだけでもいいのです。

配信はいつ終わる?
配信はいつかは終わります。その時期は作品ごとに違ってきます(オリジナル作品だとずっと配信継続していることもありますが)。たいていはサイトで作品ごとに明記してあるのですが目立ちません。終了日時が不明なものもあったり、延長されるものもあります。とにかく不安定です。当日確認が結局はベストアプローチになるでしょう。動画配信が終わっているのに登録するのは誰でも嫌ですから。板垣瑞生出演の「ゴーストマスター」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが何はともあれ理想としては一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
最初は手さぐりになってしまうのもしょうがないですが、VODのアカウント作成は難しくないです。ネーム、パスワード、生年月日、電話番号の入力を求められますが、これはユーザーが本当に実在する人間であり、イタズラではないかを確かめています。嘘の入力はやめましょう。クレジットカードも同じです。これらで本人の信頼性を判断しているのでそれ以外の本人認証をしないで済んでいます。お試しの初回に適用されるならば、流れのまま今日から無料で動画を見れるでしょう。あとは「ゴーストマスター」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ゴーストマスター」も鑑賞を繰り返しすれば大きな変化が自分に起きることも。以前観た時はまだ年齢が若かったけれど、今はまた年をとった…そういう場合はまず間違いなく印象が変わります。激変することすらあります。つまらない作品だと思ってもいきなり名作に思えてしまうことも。しかし、DVDは購入に躊躇します。そこでVODは何度も鑑賞できるのです。しかも何回も観ても料金が上乗せしません。まさにヘビーリピーターにとっては最高の武器アイテムになってくれます。

その動画サイトは使える?
「ゴーストマスター」を無料視聴する方法を血眼になって見つけたいなら、動画サイトに敏感になるはず。「dailymotion」の動画の数も目立ち、「Pandora」の名前もよく聞き、「Miomio」「BiliBili」には日本コンテンツも多く、「openload」「clipwatch」にはビックサイズの動画が広がっている。しかし、こういうモノたちに対して積極的でも消極的でもリンクを掲載して宣伝するものは、ほぼ全部が違法性をともなっています。検索ページのみの誘導でもそれは立派なイリーガル・リーチサイト。関わるだけであなたの汚点になります。

『ゴーストマスター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ゴーストマスター』をさらに知る

黒沢清監督に師事し、アメリカ人の父と日本人の母を持つヤング・ポール監督の長編デビュー作で、三浦貴大と成海璃子を主演に、悪霊によって地獄絵図と化した青春恋愛映画の撮影現場を舞台に描くホラーコメディ。プロデューサーは遠山大輔、厨子健介、木滝和幸。映画撮影現場で助監督をしている黒沢明は、面倒な人間だった。名前だけは某有名監督のそれに近いせいか「巨匠」の風格だが、頼まれると断れない性格で決して仕事が的確でもなく要領の悪い、B級ホラー好きの気弱な映画オタク。これではリーダーとしてチームを引っ張ることもままならない。現在の黒沢が携わる「壁ドン」な青春恋愛映画の現場ではやはり下っ端でしかなく、監督やスタッフから好き勝手にこき使われる日々を送っていた。もちろんそれをよしとしているわけではない。いつか自分が監督となった日に撮ることを夢見て、書き温めていた「ゴーストマスター」の脚本が自分の要。黒沢の心の支えとして、いつも肌身離さずに持ち歩いていた。それが自分を次のステージに運んでくれるという希望を持ちながら。しかし、あまりの過酷な撮影現場でたまりにたまった黒沢の不満と怨念のような映画愛が「ゴーストマスター」の脚本に悪霊を宿してしまう。すでにこれはただの脚本ではない。そして、脚本に宿った悪霊により、定番の青春映画の撮影現場は予測できない凄惨な地獄絵図と化していく。

★『ゴーストマスター』のスタッフ
監督:ヤング・ポール
脚本:楠野一郎
撮影:戸田義久
音楽:渡邊琢磨

★キャスト(キャラクター)
三浦貴大(黒沢明)、成海璃子(渡良瀬真奈)、板垣瑞生(桜庭勇也)、永尾まりや(牧村百瀬)、原嶋元久(石田謙信)、寺中寿之(室井凡太)、篠原信一(鈴木敦)、川瀬陽太(土田太志)、柴本幸(白石景子)、森下能幸(松尾正平)、手塚とおる(柴田彰久)、麿赤兒(轟哲彦)

★インタビュー
・ヤング・ポール監督「スペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭では、あるキャストが殺されるシーンで観客の半数が「イエーイ!」って言ってました(笑)。みんなで狂っていったというか、狂騒状態の中で作っていきました」

★『ゴーストマスター』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.7???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ゴーストマスター』の感想

●無料ホームシアター 
よくもまあこんなぶっとんだ映画を生み出したもんだ。ついにはやってしまった系というのはいくつもありますが、これはハメを外して遊んだ結果の極み。本当にそれでいいの?と聞きたくなる特殊メイクのふざけ方もいいですし、そこからのあの展開。これは映画ファンの根性を試してきますね。もちろん反発する人もいるでしょう。というかこんなの普通の映画好きですら困惑です。でもそれがあなたのテストになるのです。
●MOVIX:J-5 
マスターになれないけどゴーストになっている。そんな映画に身を費やしたあなたに贈る。これは映画に体を蝕まれた者たちの鎮魂歌。B級ホラー愛に留まらない、映画そのものとそれを作る人たちへの愛と憎しみがクロスして、バイオレンスに弾け飛ぶ。業の深さはどこまでもあって、その中を覗いていくと真っ暗闇だけど、この映画を見ることでその体験が一筋の光になるのならば、喜んでゴーストでも何でもなってやるのです。
●シネマサンシャイン:G-24 
逆カメ止めみたいな内容だったがこれ自体はネタバレにならない。そういう部分ではないので。ゴア表現で笑える人と笑えない人でだいぶ評価は分断されていくのですが、それもどうしたってそうなってしまうものだしね。それよりもこれは命の作品なんですよ。台本に悪霊が乗り移るシーンの目と舌の生々しさとか、完全なギャグ一歩手前になっているし、相当に感覚としての印象は個人の気分の包容力に左右されていくでしょう。