失くした体 / I Lost My Body

手はどこへいくのか

映画『失くした体』のフル動画を無料視聴する方法を、本当に見られるものだけをストレートに紹介して表示しています。
今すぐ『失くした体』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:J’ai perdu mon corps(I Lost My Body)(「なくした体」「無くした体」) / フランス(2019年) / 日本公開:2019年11月22日(劇場)2019年11月29日(Netflix配信) / 81分 / 制作:Xilam Animation / 配給:Netflix 

『失くした体』予告編 – Netflix

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【×】
VOD2【×】
VOD3【×】
VOD4【×】
VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『失くした体』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画はネット発も増えている!
映画は劇場から始まるというのも常識ではなくなりつつあり、その新時代を象徴するのかがNetflixです。ただの動画サイトの新しいバージョンではなく、すでに映画製作の重大なロールを担っています。オリジナル作品も多彩で、賞を受賞しているものも多く、コアな映画ファンにも見逃せない、無視している方がおかしいくらいの感じになっています。フル動画でお得に見るなら、とくに有効な手になるでしょう。ネットとは言えテレビでも鑑賞できるものです。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。ウンザリ出費をセーブしたい、登録後のガッカリを拒否したい。そんな要望も解決一件落着。おカネの支払いは一定期間は無しにしましょう。無料試験利用はあなたのためになります。「10分だけしか見れませんという時間制限付きなのでは?」などというもったいぶったサービスなんて最初から推薦しません。フル動画を見れないと話にならないことはこちらも痛いほどに重々承知です。「失くした体」もアリ。この作品はNetflixオリジナルなのでそれ以外では基本的にネット上では見られないはずです。怪しい情報は信用しないでください。

公式以外は恐怖です!
なお、巷に溢れるこびりついて消えないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「失くした体」の鑑賞はダメであり、手出し厳禁です。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。ジェレミー・クラパン監督の「失くした体」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお配信を見つけたらと言ってそのまま放置するのはオススメできません。最終確認は公式サービス内でやらないと当日変更についていけません。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話がかかってくることはありません。頻繁にメールが届くこともないので、鬱陶しさもないです。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「失くした体」を探すだけ。複雑さは微塵もなく簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「失くした体」も見れないかも?オカシイと感じたら自分の普段利用しているブラウザのこれら機能を設定をいじって無効化してみましょう。無効にするのは簡単にできます。

解約はすぐできます
VODの解約方法をどうなるのだろうかと気にする人もいるでしょう。Netflix配信中の「失くした体」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

その動画サイトは使える?
ユニークストーリーな「失くした体」を理想としては無料がいいと思っても値切るという概念がないので、ひたすらにサイト探しに明け暮れることに。「dailymotion」「Pandora」もかなり以前からありますし、「Miomio」「BiliBili」は日本からの利用者もありますし、「openload」などのシェアサイトも続々と新規が登場中。これでは選択肢が多いなと喜んではいけません。たいていはそういうサイト紹介は違法動画へとつながります。実際に通報されてしまっているところも多く、これは他人事ではいられません。やはり接触しない方が身のためです。

『失くした体』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『失くした体』をさらに知る

『アメリ』の脚本家としても知られるギョーム・ローランの小説「Happy Hand」を原作に、これまで主に短編作品を発表してきたジェレミー・クラパン監督が自身初の長編作品として手がけたフランス製長編アニメーション。製作はマルク・デュ・ポンタビス。パリのとある医療施設から、切断された手が逃げ出す。それは普通では考えられないこと。しかし、この手にとってはそれは些細なことであり、今は前に進む。再び自身の身体とつながりたい手は、身体の持ち主である孤独な青年ナウフェルを捜している。街には障害が多い。ネズミやハトに追いかけられながらも街をウロウロと彷徨い、犬に捕まったりと試練ばかりが立ちはだかる。その道中で手は何かに触れるたびに記憶がよみがえっていき、ナウフェルの幼少期や、思いを寄せる図書館司書ガブリエルとの思い出が明らかになっていく。それは何気ない出会いだったが、いつのまにか人生の微かな希望となり、そこにしがみついていこうとしていた。しかし、人生はそう易々と切り開けない。どうしたら新しい人生を掴めるのか。まだ見ぬ知らない未来を目指して…。

★スタッフ
監督:ジェレミー・クラパン
脚本:ジェレミー・クラパン、ギョーム・ローラン
音楽:ダン・レビ

★キャスト(キャラクター)
ハキム・ファリス(ナウフェル)、ビクトワール・デュボワ(ガブルエル)、パトリック・ダスンサオ(ジジ)

★『失くした体』の評価

IMDbRTMETA
7.796%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『失くした体』の受賞
アヌシー国際アニメーション映画祭で長編映画賞と観客賞を受賞。

★『失くした体』の感想

●無料ホームシアター 
本当に手が歩いているだけなのです。でもそこにはとんでもなく深い物語の手腕があり、これはちょっとした手を加えただけの小手先の映画ではないのです。失くした体を探しているという単純な展開にはならない。これは何度も迷っている人間の迷宮への彷徨いなのであって、そこに解釈と読解を楽しむ余地がある。人生は逃げられない。でも手だけでも逃げる。その先には新しい一歩がある。そういうことを信じてみたくなる。
●MOVIX:J-23 
無くした手へのレクイエムがこだまする。手が身体を探す話と、何故手が身体から切断されてしまったかの話が平行に語られるのだが、それは謎解きでは集結しない。元に戻ってめでたしめでたしではないのもいいじゃないか。自分が何を見させられているのか…それを考えることのできない人間には手が付けられない。手以外にもハエの使い方が上手い。最初は何も関係ないのかと思うが、この映画はとにかく周到に練られている。
●CRUNCHYROLL 
痛ましく繊細な脚本が心に染み入る。Netflixでこんなにもセンチメンタルでアーティスティックなアニメを、それも海外作品を見られるようになるとは。今の時代は幸せすぎる。ひと昔前はアニメーションといっても海外作は劇場公開もなく、放置されてきた歴史があるのである。それがどうだろうか。公開年の間にネット動画で見られるのである。凄いことだ。しかもついでに劇場公開もされるのである。劇的な変化ではないか。