カツベン!(2019)

活動弁士は時代を駆け抜ける!

映画『カツベン!』のフル動画を無料視聴する方法を、ランキングサイトなどのリンクを一切排除してレコメンド中です。
今すぐ『カツベン!』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:カツベン! / 日本(2019年) / 日本公開:2019年12月13日 / 127分 / 制作: / 配給:東映 

映画『カツベン!』予告1 2019年12月13日(金)公開!

(C)2019「カツベン!」製作委員会


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】高水準
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『カツベン!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及は超スピードで進んでいる!
私はインターネットというものに疎いから、自分には関係がないものだと最初から諦めている。そんな人はどんなに頑張っても意味がないと可能性の門を閉ざさないでください。これから新しい時代を享受できるかもしれません。動画配信サービスは映画をフル動画でお得に見る最適な手法。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット…何でもいいのです。あなたにあったベストな視聴手段を選ぶのが今の時代になっています。参加はいつでもOK。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。サービスによる多少の差はあるのですがじゅうぶんな設定期間、動画鑑賞を無料でお試しできるもので、初回特典のような形式です(一時キャンペーンではないですが永続であるという保証もなし)。「10分だけしか見れませんという時間制限付きなのでは?」などというもったいぶったサービスなんて最初から推薦しません。フル動画を見れないと話にならないことはこちらも痛いほどに重々承知です。周防正行監督の「カツベン!」もすぐ。

視聴以前の問題に注意です!
違法な動画サイト等には漠然とした言い方ですがじゅうぶんに気を付けてください。それで成田凌主演の「カツベン!」の再生はダメです。ネットは天国だけど地獄でもあります。ユーザーをノックダウンさせるハズレなサイトを引きあてれば無残なことに。「私はiPhoneだからOK」そんな古臭い先入観をいつまでも持っていると悪い奴らの格好のターゲットにされてあっけなくキャプチャーされてしまいます。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところがどのサービスも全部同じ作品というわけはなく…(それはそれで困りますが)。変動制になっており週単位・月単位で大きく激変することもあり、把握は苦労します。黒島結菜出演の「カツベン!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、あなたが目にしている作品ページはただの動画リンクの列挙ではありません。配信中VODをアイコン表示。今日のこの瞬間の状態ではないかもですが、把握材料に補助利用するには大きなメリットになるはずです。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。なお配信を見つけたらと言ってそのまま放置するのはオススメできません。最終確認は公式サービス内でやらないと当日変更についていけません。

悪いサイトを追い出すために
すでにニュースとしてピックアップされることも激増した海賊版サイトコンテンツ問題。もはや一般層に問題認識が拡大しており、その一方で対応策はカタツムリ並みにゆっくりしか進んでいません。ブロッキングは現実的ではなく、そこで注目されるのはVOD。動画配信サービスがあれば安価に動画視聴できるので正規にユーザーを横流しできます。これは研究が進んでいるヨーロッパ圏でも調査で推薦されています。不正利用者を叱るだけでなく、より良いものに誘導する役目も責務となるので「カツベン!」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。高良健吾出演の「カツベン!」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。永瀬正敏出演の「カツベン!」が無料というのは本当に安全かという評価をクリアしないといけません。でも合法性を確保しているエリアにずっといれば何も心配はいらないです。こちらの紹介では正規オンリーですからユーザーであるあなたが気に悩む必要は一切ゼロです。

その動画サイトは使える?
日本映画史を感じさせる「カツベン!」を無料で見たいという要望は数多くあるわけで、それはもう手段を探したくなります。動画たっぷりな老舗「dailymotion」、そこまで揃っているのか「Pandora」、若干どころかサイト全体が賑やかうるさい「Miomio」「BiliBili」、無機質で全貌があまり見えてこない動画シェア「openload」。そういうサイトを自己責任でさりげなく推薦するページを気にしてはいけません。それはまず間違いなくただの違法です。であるならばさっさと通報処置をしてしまう方が世の中のため。でないならさっさと退散しましょう。

『カツベン!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『カツベン!』をさらに知る

周防正行監督が、サイレント映画時代を舞台に一流活動弁士になることを夢見る青年を主人公にしたコメディドラマ。エグゼクティスプロデューサーは佐々木基、プロデューサーは天野和人と土本貴生。当時の人気職業であった活動弁士を夢見る俊太郎が流れ着いたのは、とても始まりの場所としては素朴な、小さな町の閑古鳥の鳴く映画館・靑木館。ここは今にも崖っぷちにあった。隣町にあるライバル映画館に大事な人材も取られ、どうすることもできない窮地。客足もまばらな靑木館にいるのは、人使いの荒い館主夫婦、傲慢で自信過剰な弁士、酔っぱらってばかりの弁士、気難しい職人気質な映写技師と、ちょっと面倒なだけという気もするクセの強い人材ばかり。これでは状況の改善をするための糸口も見当たらない。雑用ばかりを任される退屈な毎日を送る俊太郎の前に、それは突然起こった。幼なじみの初恋相手、大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察などが現れ、平凡に沈んでいた人生はいきなり派手になり、俊太郎はさまざまな騒動に巻き込まれていく。この先には何が待つのか。

★スタッフ
監督:周防正行(関連作品:『舞妓はレディ』)
脚本:片島章三
撮影:藤澤順一
音楽:周防義和

★キャスト(キャラクター)
成田凌(染谷俊太郎)、黒島結菜(栗原梅子;沢井松子)、永瀬正敏(山岡秋聲)、高良健吾(茂木貴之)、音尾琢真(安田虎夫)、徳井優(定夫)、田口浩正(金造)、正名僕蔵(耕吉)、成河(浜本祐介)、森田甘路(内藤四郎)、酒井美紀(梅子の母親)、シャーロット・ケイト・フォックス、上白石萌音、城田優、草刈民代、山本耕史(牧野省三)、池松壮亮(二川文太郎)、竹中直人(青木富夫)、渡辺えり(青木豊子)、井上真央(橘琴江)、小日向文世(橘重蔵)、竹野内豊(木村忠義)

★インタビュー
・成田凌「活動弁士として語ることを常に考え、演じました。声のために、タバコは半年間やめました(笑)。あとは、監督や現場の皆さんと相談しながら役を落とし込んでいきました」
・周防正行監督「活動弁士は今でいうアニメの声優さんのはしりのようなもので、日本文化の中に根付いている“語り”から生まれたものなんです。まず、日本映画の始まりに欠かせなかった活動弁士という存在を楽しんでほしいです」

★『カツベン!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『カツベン!』の感想

●無料ホームシアター 
これは映画愛が素敵にこだまする叫びのようなもの。その声はどこまでも続き、私たちにまで届く。このような脈々とした人生の本流が映画文化に血となって継承されている。それだけでも感動ではないか。ストーリーとしては常に何かハプニングが起こってくれるのだが、そこをなぞるよりも文明開化のシネマ版を味わおう。日本映画の歴史に確かにあったものを映画館で観るというのは一種の子孫へのバトンタッチなんだよなぁ。
●イオンシネマ:J-17 
ルーツを探る意味でも映画が好きな方には特にオススメ。これはヒストリーの玉手箱。「shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」の周防正行監督のカムバックはかなりのLOVEだった。何かと言えばもちろんそれは映画。今まさに見ているそれが辿った名残。セリフやナレーション、背景などは全て活動弁士が口で解説を行い、BGMは実際の演奏家が劇場で映像に対してメロディを置いていく。これぞ職人の技なのである。
●109シネマズ:K-11 
かつて映画がまだ「活動写真」と呼ばれていた頃の、サイレント映画に声をつける活動弁士を夢見る青年の気持ちに、現代人はシンクロできるのか。それがどっこい、できるのである。なぜか。言ってみれば声優と同じともいえるし、もっと言及すれば結局は演技である。特殊ではないのだ。ただ、今はなくなったというだけ。キャストがいいし、ちゃんと引っ張った挙げ句、ドンチャンに持っていく痛快さといい、役者のパワーだ。