ぼくらの7日間戦争(アニメ映画)

あの戦争から30年、今度はアニメで始まる

映画『ぼくらの7日間戦争』のフル動画を無料視聴する方法を、ランキングサイト系のページリンクを差し込まずにレコメンド中。
今すぐ『ぼくらの7日間戦争』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ぼくらの7日間戦争 / 日本(2019年) / 日本公開:2019年12月13日 / 88分 / 制作: / 配給:KADOKAWA、ギャガ 

映画『ぼくらの7日間戦争』予告【12月13日(金)公開】

(C)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】不快広告無し
VOD2【Hulu】マルチ対応
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ぼくらの7日間戦争』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ネット普及は動画を繋げる!
さまざまな感情が渦巻いては弾け飛ぶ青春ストーリーを楽しめるアニメ映画は気持ちを高ぶらせてくれます。あまり数を見ていない人も新しい作品に手を出してみましょう。そんなフレッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを自在に使っていくのが役に立ちます。スマホでいいならば、事前にWifi環境でダウンロードしておくことで、通信制限を気にすることなく自由に鑑賞できてしまいます。もちろんテレビでもOK。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。村野佑太監督の「ぼくらの7日間戦争」もすぐ。

危険に向き合うのではなく回避して!
違法な動画サイト等には全員一致でじゅうぶんに気を付けてください。それで北村匠海も声をあてる「ぼくらの7日間戦争」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、びっくり仰天、昨日と今日の配信作品が少し変わっていることも。あれがない、これが追加されている…そういう事態が頻発するのもVODのよくある日常です。芳根京子も参加の「ぼくらの7日間戦争」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。なんちゃら知恵袋に尋ねるまでもありません。フルムビバースの真価がVODアイコン表示。これで配信中のものをダイレクトに理解可能。インフォアナウンサーになっているのがこの映画ページの主たる目的です。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンド・テキストは長々と文章だけで終わりません。それを読めば詳細はわかりますが、基本はアイコンで無料視聴VODをプレゼント・フォー・ユー。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。青春活劇が満載の「ぼくらの7日間戦争」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早くキャッチして視聴するためにもこの補助機能を自分なりにフル活用してみましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
動画荒らしをする人は紛れもない悪人。でも違法動画をばらまく輩も疑いようなく極悪人です。無料のように看板を掲げていますが、それは誘い込むためのルアーです。パクっと食いつけば一瞬で釣り上げられます。その損失はおカネを投じても補填できるものではなく、不正サイトのみが笑っているのです。「ぼくらの7日間戦争」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
新しく蘇ったアニメ版の「ぼくらの7日間戦争」をあわよくば無料で視聴したいけどという密かな願いもわかります。動画の量も多い「dailymotion」、結構前からある気がする「Pandora」、いつからあるのか不明ですがすでに絶大な存在感を放っている「Miomio」「BiliBili」、それ自体は完全にリンクありきの運用になっている「openload」。仮にこれらのサービスの検索リンクだけを提示している場所でもそれは全く信用できません。なぜならイリーガルです。責任もとりませんし、きっと問い合わせにもろくに応答しないので、関与するだけ無価値な気分です。

『ぼくらの7日間戦争』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ぼくらの7日間戦争』をさらに知る

1988年に『ぼくらの七日間戦争』として実写映画化もされた宗田理の同名ベストセラー小説を新たにアニメーション映画化。原作から約30年の歳月が流れた2020年の北海道を舞台に、新たな「7日間戦争」が描かれる。自分らしく生きると決めた若者たちの物語はここにある。ひとりで本を読むことが好きな鈴原守は、幼なじみの千代野綾に片思いしていた。その気持ちは軽々しく扱えるものではなく、どうしようかと迷う日々。綾は親の都合で1週間後に東京へ引っ越すことが決まっていたが、それ以上に心はどこか寂しさを蓄積していた。間近に迫る17歳の誕生日をこの街で迎えたかったという綾の本音を知った守は、想いを寄せる彼女の悲しさを受け止めるべく行動に出る。綾や友人たちと古い工場に潜り込み、そこで綾の誕生日までの7日間を、大人たちから逃れながら過ごそうとする。これはささやかな抵抗だった。しかし、そこで不法滞在者のタイ人の子どもと出会ったことから、事態は少し混乱していく。守と綾と仲間たちは、思いがけない事態へと巻き込まれて、自分たちが試されていく。

★スタッフ
監督:村野佑太
脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン:清水洋
音楽:市川淳

★キャスト(キャラクター)
北村匠海(鈴原守)、芳根京子(千代野綾)、宮沢りえ(中山ひとみ)、潘めぐみ(山咲香織)、鈴木達央(緒形壮馬)、大塚剛央(本庄博人)、道井悠(阿久津紗希)、小市眞琴(マレット)、櫻井孝宏(本多政彦)、宮本充、関智一、中尾隆聖

★インタビュー
・鈴木達央「7人で収録した時の空気感が素晴らしかったんですよね。特に北村さん(鈴原守役・北村匠海さん)と 芳根さん(千代野綾役・芳根京子さん)の空気感が凄くて。本当に独特の空気感を持っている役者。個性派と呼ばれる部類ってこういうことを言うんだろうなって」
・北村匠海「言葉や声といったものにちゃんとフォーカスを当てるいい機会でした。声優としてはゼロからのスタートと話しましたけど、やっぱり役者として培った12年の経験や表現もきっとこの作品に入っていると思います」

★『ぼくらの7日間戦争』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ぼくらの7日間戦争』の感想

●無料ホームシアター 
順当なアニメ化であり、現代へのアップデートもよくできている。元へのリスペクト要素もあり、過去作をないがしろにもしていない。各々の告白のシーンは想定外の方向から衝撃を受けて、それぞれの思いがスパークしている。惜しむらくは公開時期。これは夏にやる作品だった。確かに夏は最強の作品が陣取っているから厳しいと判断したのだと思うのですが、それでもかなりの健闘を本当はしてほしかったという気持ちはある。
●TOHOシネマズ:N-20
今作は実写「ぼくらの7日間戦争」の正当続編になっているので、感情がどこまで蓄積するのかが大事だと思う。最後の畳み掛けるようなカミングアウトはちょっと笑ってしまったのは自分だけ? 少し時間は短いので詰め込んでしまったのかな。当然ながらスマホやネットといった現代の文化、ならびにこの社会を生きる人々の意識を反映させたわけで、ある程度のターゲットとメッセージは定まってくる。それは想定の範囲かな。
●CRUNCHYROLL
誰もが正しいと感じることを正しいと言うこと。それは正しい。でも正しさは世界を作っているとは限らない。自分が大人になってしまったということか。そういう気分にもなる。こうやって年齢を重ねてしまうという怖さはある。過去映画は動画で見たのだが、やはり映画館も良いな。キャラの殆どがステレオタイプというか定番だし、最近の社会情勢を入れているのだけど、そこは薄めなのがやや個人的には残念である。