家族を想うとき / Sorry We Missed You

家族を幸せにできるのは何ですか?

映画『家族を想うとき』のフル動画を無料視聴する方法を、ダイレクトなアクセスに繋がるように的確に整理してレコメンド中。
今すぐ『家族を想うとき』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Sorry We Missed You(「ソーリー・ウィー・ミスド・ユー」) / イギリス・フランス・ベルギー(2019年) / 日本公開:2019年12月13日 / 100分 / 制作:BBC Films / 配給:ロングライド 

ケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』12.13(金)公開/90秒予告篇

(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『家族を想うとき』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及はあなたの思う以上に!
遠い国で起きていることでも親近感を感じることがあります。それは映画でも体験できることで、私たちの世界に壁がないことを痛感します。そんな社会性を肌で感じる映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを的確に使用していきましょう。アンケート調査によれば今ではDVDを上回る勢いの普及率。同じ監督の作品を連続で観に行きたいのならばこれはかなりのチャンスになるでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「期間内の退会はできないように決まっていたりする?」そんな登録詐欺みたいなことはありません。そのような無価値なサービスをこっちも推奨したら気分を害します。自信を持って推しだせるものです。ケン・ローチ監督の「家族を想うとき」もすぐ。

リスキーな動画に触れないで
なお、巷に溢れる不快な経験しかしないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでクリス・ヒッチェン出演の「家族を想うとき」の鑑賞は絶対にダメです。ネットは天国だけど地獄でもあります。ユーザーをノックダウンさせるハズレなサイトを引きあてれば無残なことに。「私はiPhoneだからOK」そんな古臭い先入観をいつまでも持っていると悪い奴らの格好のターゲットにされてあっけなくキャプチャーされてしまいます。ベストワンは個人によって異なるでしょうが、少なくともそれは不正動画ウェブサイトではないのは紛れもないでしょう。

選択に迷走するのであれば?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。デビー・ハニーウッド出演の「家族を想うとき」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンデーションはアイコン数に応じて無料視聴チャンスが倍増していることを意味します。動画までの道のりはあとはドアを2枚3枚くぐるのみ。

動画再生は快適?
動画再生の安定度を最重要なポイントに重きを置いているのであれば、それはサービス側の問題ではないかと疑ってはいないでしょうか。ユーザーの通信環境の影響も無視することはできないほどに大きいです。多くの映画ファンを共鳴させた映画「家族を想うとき」の動画が停止してしまってもしばらくたてば読み込めると思っていませんか? それはNOな場合もあります。環境が悪ければどうしようもないのです。無線ならばルーターの位置や設定を変更し、妨害するその他の電波機器とは距離をとりましょう。有線にして改善されるかどうかを調べるのも良いことです。2階建ての家などの構造では中継器は必須になるかもしれません。試行錯誤が実ることを願っています。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。社会派ドラマが心に刻まれる「家族を想うとき」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のあるただのエンターテインメントでは終わらない映画に触れることで自分の通ったことのない新しい扉が開けます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと欲望を心に秘めて思ったことはありませんか?「家族を想うとき」も鑑賞を繰り返しすれば大きな変化が自分に起きることも。以前観た時はまだ年齢が若かったけれど、今はまた年をとった…そういう場合はまず間違いなく印象が変わります。激変することすらあります。つまらない作品だと思ってもいきなり名作に思えてしまうことも。しかし、DVDは購入に躊躇します。そこでVODは何度も鑑賞できるのです。しかも何回も観ても料金が上乗せしません。まさにヘビーリピーターにとっては最高の武器アイテムになってくれます。

その動画サイトは使える?
イギリスの社会が如実に現れている「家族を想うとき」を無料で見たい人は集まれ!と招集をかけるまでもなく動画サイトは手招きします。「dailymotion」は凄い集客力です。「Pandora」も負ける気配はないです。「Miomio」「BiliBili」は大国で独自の急成長を遂げました。「openload」は悪名高い無法地帯でしぶとく存在しています。しかし、こういうものを自己責任を謳いながら提示する汎用サイトを信じるべきではありません。例えそれが検索リンクページのリストでも違法コンテンツへと誘導しているわけであり、スルーを決めている方が絶対に後々安心できます。

『家族を想うとき』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『家族を想うとき』をさらに知る

イギリスの巨匠ケン・ローチ監督による、現代が抱えるさまざまな労働問題に直面しながら、力強く生きるある家族の姿が描かれるヒューマンドラマ。製作総指揮はパスカル・コーシュトゥー、グレゴリア・ソーラ、バンサン・マラバル。イギリス、ニューカッスルに暮らすターナー家。その生活はリッチではなく、モノに溢れているわけではない。フランチャイズの宅配ドライバーとして独立した個人事業の父のリッキーは、その家庭を最前線で支えていた。過酷な現場で時間に追われながらも念願であるマイホーム購入の夢をかなえるためにがむしゃらに汗を流し、懸命に働いている。それくらいしかできることがない。そんな夫をサポートする妻のアビーもまた、パートタイムの介護福祉士として時間外まで1日中働いていた。それが大きな足しになるわけではないが、そうでもしないと生活はさらに苦しくなってしまう。家族の幸せのためを思っての仕事なのだが、家族は労働のために時間を使うしかない。いつしか家族が一緒に顔を合わせる時間を奪い、コミュニケーションは希薄になっていく。高校生のセブと小学生のライザ・ジェーンはそんな矛盾を絡ませていく寂しさをただただ募らせてゆく。そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれてしまうことで、人生は躓く。

★スタッフ
監督:ケン・ローチ(関連作品:『わたしは、ダニエル・ブレイク』)
脚本:ポール・ラバーティ
撮影:ロビー・ライアン
音楽:ジョージ・フェントン

★キャスト(キャラクター)
クリス・ヒッチェン(リッキー)、デビー・ハニーウッド(アビー)、リス・ストーン(セブ)、ケイティ・プロクター(ライザ・ジェーン)、ロス・ブリュースター(マロニー)

★『家族を想うとき』の評価

IMDbRTMETA
7.885%??
映画comY!FM
4.1???4.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『家族を想うとき』の受賞
第72回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品。

★『家族を想うとき』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
これまた名作である。ケンローチはなんて凄いのだろうか。「家族を思うとき」とかいう邦題になってしまったのは残念だ。そんなセンチメンタルな映画ではない。ひたすらにヘビーに社会の中で生きる家族の現実の重さを突きつけられる。あまりにも容赦ないのでクラクラと現実逃避をしたくなるほど。それを許さないのはこの映画は嘘ではなくましてや過去でもない、今の物語であり、屈折も薄化もせずに流し込んでくるからだ。
●109シネマズ:K-15 
良いとか悪いとかそういう断罪で2分していいものではない気がする。私にはあまりにも手が付けられない。これはそんな観客の「なんとかしなければ」という善意の想いと「でも何をしたらいいんだ」というもどかしさを両方とも大挙させてしまう。インタビューでケン・ローチは「協力か競争か」と答えていたようにもう人の尊厳が失われる限界まで「競争」は激化しているのだろうか。ここまで酷使して何が得られるというのか。
●シネマサンシャイン:S-8 
経済至上主義、しかも保護されるのは大手の企業ばかり。ブラックな労働体質は搾取でしか生きられないほどにコミュニティを劣化させる。映画の舞台はイギリスのニューカッスルだが、登場する家族が囚われた負の連鎖は決して特定の一部地域に限るわけでもなく他人事ではなく、余程裕福な人を除いて誰にでも起こる可能性があるということを心にとどめたい。映画を観ているだけでは何もできないのだ。行動しないといけない。