ある女優の不在 / 3 Faces

それでも女優として生きる

映画『ある女優の不在』のフル動画を無料視聴する方法を、視聴妨害になる広告を目にすることのないようにレコメンド。
今すぐ『ある女優の不在』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Se rokh(3 Faces) / イラン(2018年) / 日本公開:2019年12月13日 / 100分 / 制作:Jafar Panahi Film / 配給:キノフィルムズ 

映画『ある女優の不在』予告編|12月13日(金) 公開

(C)Jafar Panahi Film Production


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】和訳オプション
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ある女優の不在』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ネットで動画を見るのは日常に!
人生にはドラマがあるように、映画はそのドラマが人の生き方を示しています。なのでたくさんの映画を観ることで人生が見られます。ドキュメンタリーとドラマチックなリアリティを複合した作品も数多く存在し、それらを片っ端から観ていくには動画配信サービスを利用しない手はありません。それを毛嫌いしている人がいるなら、少しでもいいので関心を持ってみませんか。あなたにとっての映画体験の拡充になるでしょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。「ジャンプをしても小銭の音なんてしません…。金欠なのです…」そういう悲しい懐事情でも絶対的な効果を叩き出す初回トライアルは感激。運命のラッキーデーはまさに今日この瞬間です。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。ジャファル・パナヒ監督の「ある女優の不在」もすぐ。

やってはいけないこともある!
なお、巷に溢れる倫理の欠片もないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでベーナズ・ジャファリ出演の「ある女優の不在」の鑑賞はダメです。脆弱なサイトというものがありますが、初めから不正しかないサイトはそれ以前の問題です。動画を再生させる気などありません。続きを見るには登録を!と促してきて情報を盗みだします。仮に見れたとしても今度は悪質広告の雨あられで視聴意欲はズタズタになるだけ。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。マルズィエ・レザイ出演の「ある女優の不在」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。問題は解決できます。それも1週間もかからない、1日もかからない、1秒です。配信VODをアイコンで一発提示。これならば文字を読む必要も無し。超スピード回答で大切な時間を無駄にせずに動画へGOです。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンド・テキストは長々と文章だけで終わりません。それを読めば詳細はわかりますが、基本はアイコンで無料視聴VODをプレゼント・フォー・ユー。

登録はミニマムな入力で
最初は手さぐりになってしまうのもしょうがないですが、VODのアカウント作成は難しくないです。ネーム、パスワード、生年月日、電話番号の入力を求められますが、これはユーザーが本当に実在する人間であり、イタズラではないかを確かめています。嘘の入力はやめましょう。クレジットカードも同じです。これらで本人の信頼性を判断しているのでそれ以外の本人認証をしないで済んでいます。お試しの初回に適用されるならば、流れのまま今日から無料で動画を見れるでしょう。あとは「ある女優の不在」を探すだけ。想像をしていたよりも簡単だと思いませんか。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。まるでリアルを映すような鏡になっている「ある女優の不在」鑑賞完了後に解約もアリ。解約することを決定しているわけではないとしても、いつでも解約可能になっていないと、何かハメられたような気持ちになります。それがユーザーの安心感を支えるものです。でもVODはそこは安心。退会はすぐに終わります。詳細はサービスごとに違うので実際にその目で見てほしいのですが、基本は契約解除ページに行くのみ。アプリのアンインストールでは退会にならないので注意してください。自分の登録情報の削除もできますので、詳細をチェックしてください。

高評価作品は観る価値あり
「なんとか賞を受賞!」と書いてあったら気になってくるものでしょうか? 私はよくわかっていないのでイマイチ…という微妙さもあるかもですが、それでもプライズに輝く特別な映画はそれなりの観るべき面白さがあると思います。エンタメとしてのシンプルさはないかもでしょうが、未開拓な映画の見方を鍛えるチャンスになるかも。レビューコメンテーターは多様な価値観で芸術を見抜くのでお気に入りの人を見つけましょう。話題性も抜群なシネフィル必見の「ある女優の不在」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的な意味でも芸術的な観点でも社会的な学習でもあらゆる側面にて価値の認められる有意義な映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
国際的にも高い評判を集めた「ある女優の不在」を無料で見たいという要望は数多くあるわけで、それはもう手段を探したくなります。動画たっぷりな老舗「dailymotion」、そこまで揃っているのか「Pandora」、若干どころかサイト全体が賑やかうるさい「Miomio」「BiliBili」、無機質で全貌があまり見えてこない動画シェア「openload」。そういうサイトを自己責任でさりげなく推薦するページを気にしてはいけません。それはまず間違いなくただの違法です。であるならばさっさと通報処置をしてしまう方が世の中のため。でないならさっさと退散しましょう。

『ある女優の不在』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ある女優の不在』をさらに知る

イランの名匠ジャファル・パナヒが、過去・現在・未来の3つの時代をシンボリックに体現する3人の女優の心の旅路を描いたヒューマンミステリー。どんな世界であっても境遇であっても女優として生きていくしかない。イランの人気女優ベーナーズ・ジャファリのもとに、見知らぬ少女から動画メッセージが届く。それはかなりショッキングなものであった。その少女マルズィエは女優を目指して自分の未来を信じ、芸術大学に合格したが、その目標に寄り添ってはくれない家族の裏切りによって大切にしていた夢をバラバラに砕かれた無念を胸に自殺を決意。それを証明するかのように、動画は彼女が首にロープをかけ、一部始終をおさめたカメラが地面に落下したところで無情にも途切れていた。この動画は女優になりたいと願った残滓のようなもの。そのあまりにも深刻な内容に平常ではいられない衝撃を受けたジャファリは、行動しないといけない気持ちにかられる。友人である映画監督ジャファル・パナヒが運転する車で、その一線を超えてしまった行動に出たマルズィエが住むイラン北西部の村を訪れる。そこではただの動画の事実確認では済まない出来事があった。ジャファリとパナヒは現地で独自に調査を進めるうち、イラン革命後に演じることを禁じられた往年のスター女優シャールザードにまつわる、語るにも語り尽くせない悲劇的な真実にたどり着く。

★スタッフ
監督:ジャファル・パナヒ(関連作品:『人生タクシー』)
脚本:ジャファル・パナヒ
撮影:アミン・ジャファリ

★キャスト(キャラクター)
ベーナズ・ジャファリ(ベーナーズ・ジャファリ)、ジャファル・パナヒ(パナヒ)、マルズィエ・レザイ(マルズィエ)、ナルゲス・デララム

★インタビュー
・ベーナズ・ジャファリ「劇中の私は赤い髪をしていますが、実はあの髪は海外での旅行中に染めたものだったんです。ですからパナヒ監督にも“髪が赤いですよ”と伝えたんですが、彼は“そのままでいいです”と答えました。“この髪色の方、が画面上の色彩構成としては非常に良かった”と彼は言ってくれました。そして赤い髪に合わせて、衣装も選んでくださったんです」

★『ある女優の不在』の評価

IMDbRTMETA
7.198%??
映画comY!FM
3.0???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ある女優の不在』の受賞
第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で脚本賞を受賞。

★『ある女優の不在』の感想

●無料ホームシアター 
それは映画に見放されることはないけど、国には見放された監督の作る物語。女優という存在を通しての人生の彷徨い。もちろんこれは監督自身も散々迷っているという、迷わされてきたというものである。ある女優の存在の不透明感はこの社会における何かの欠落を示すかのようである。答えはない以上、考えることは無駄かもしれないが、思わないではいられない。脚本には不在である何かを探すという観客への投げかけもある。
●ユナイテッドシネマ:L-12 
いろいろな想いをコメントする人もいると思うが私は力強さを感じた。友人は役者の瞳が印象に残ったらしい。「これは映画ではない」映画を撮り続けるパナヒはずっと戦ってきたが、すでに他のクリエイターとは別次元にいる気がする。少なくとももはや勝負できる世界が違う。イランの不条理な現実を描いた事で、政府と対立、2度の逮捕・拘束。それでも負けないのだから。日本も表現の自由が政府に浸食されつつあるのだが…。
●シネマサンシャイン:E-7 
辺境の地に舞台を移した本作はやや迫るものに欠けている気もしたが、これもイランなのではないだろうか。おそらく私たちは勝手にイメージを押し付けているだけなのだろう。女性が感じる社会からの圧力や、そこから生じる生きづらさは、あらゆる場所にまるでゴキブリのように繁殖して増殖しているのである。世界に蔓延した疫病のようなものだ。それを監督は女優という最も身近な存在で映し出せる。それをしない選択はない。