さよならテレビ(ドキュメンタリー)

テレビはもう終わりなのだろうか

映画『さよならテレビ』のフル動画を無料視聴する方法を、無駄に多いリンクで混乱させることなくレコメンド中です。
今すぐ『さよならテレビ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:さよならテレビ / 日本(2019年) / 日本公開:2020年1月2日 / 109分 / 制作: / 配給:東海テレビ放送 

東海テレビドキュメンタリー劇場第12弾『さよならテレビ』予告編

(C)東海テレビ放送


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『さよならテレビ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画を見るならくまなく探そう!
映画を観る際は劇ドラマばかりを見ていないでしょうか。ドキュメンタリーはあまり好みではないと思っていませんか。それはもったいないです。なぜならドキュメンタリーは通常のドラマ劇よりも過激でセンセーショナルな題材が多く、観れば今すぐにでも誰かに語りたくなるからです。どうしてもそれが苦手という人でも自分の興味分野を見つければそれほど抵抗感はないはずです。動画配信サービスでサーチしてみませんか。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。東海テレビドキュメンタリー「さよならテレビ」もあれば発信。

それは信用できますか?
違法な動画サイト等には一切の油断は放り投げて気を付けてください。それで話題騒然で関心度も高い「さよならテレビ」の再生はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

迷いはここでスッキリと
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。満員続出だった「さよならテレビ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

動画はフルの方がいい
映画をフルで視聴できるということは当然の前提事項になっていると思います。中途半端な動画で満足する人はいないでしょう。しかし意外にもカットされてしまう事態は多発しがちです。とくにテレビ放映時はその影響は頻出します。放送時間の制約や表現規制があるので、やむを得ない事情だとしても、少し視聴者側の意見としては不満です。VODならばフル・ムービーを保障できるので完全鑑賞は確実です。「さよならテレビ」をフル視聴(full)できることをプライオリティで一番前に考えるならば、テレビメディアと比べてもVODの方が分析をしなくても優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているコミュニケーション構築サポートになるSNS。映画を見た後にもその感想などを自由気ままに語り合いたいときは使用頻度の高いSNSを駆使しましょう。「さよならテレビ」の鑑賞はどうでしたか。傑作!駄作!そんな個々の想いをぶつけるのはSNSにしませんか。もちろん誹謗中傷はダメですし、デマを流してはいけません(犯罪です)。でも気持ちを伝えるのはあなたの表現の自由です。タグを使えばさらに特定の人とリンクしやすくなります。この動画はここがいいとシーンで盛り上がるのもOK。連鎖反応で思わぬムーブメントになることもあります。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと内心で思ったことはありませんか?「さよならテレビ」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
ドキュメンタリー「さよならテレビ」をあわよくば無料で視聴したいけどという密かな願いもわかります。動画の量も多い「dailymotion」、結構前からある気がする「Pandora」、いつからあるのか不明ですがすでに絶大な存在感を放っている「Miomio」「BiliBili」、それ自体は完全にリンクありきの運用になっている「openload」。仮にこれらのサービスの検索リンクだけを提示している場所でもそれは全く信用できません。なぜならイリーガルです。責任もとりませんし、きっと問い合わせにもろくに応答しないので、関与するだけ無価値な気分です。

『さよならテレビ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『さよならテレビ』をさらに知る

さまざまな社会問題を大胆に取り上げたドキュメンタリー作品を世に送り出している東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第12弾。2018年9月に東海テレビ開局60周年記念番組として東海地方限定で放送されたドキュメンタリー番組に40分以上のシーンを追加した。プロデューサーは阿武野勝彦。潤沢な広告収入を背景に、人を惹きつける情報や娯楽を提供し続けた民間放送。それは登場時は勢いよく時代の先頭で華々しい輝きを放っていた。しかし、かつての勝者は常に勝ち組とは限らない。テレビがお茶の間の主役だったあの栄光の時代は過去のものとなり、それは衰退し、人からの信頼も消えていた。テレビを持たない若者も珍しくなくなってしまったことで、見てもらうことすらもできない。さらには存在自体を嘲笑うものや、批判を展開するものまで続出。マスメディアの頂点に君臨していたテレビが「マスゴミ」とまで揶揄されるようになったのは、当人たちには想像をしていないことだった。これは映像を発信してきた市民社会が想像を超えて成熟したのか、それともテレビというメディア自体が誰からも支持されないほどに凋落したのか。テレビの現場で何が起きているのかを探るため、自社の報道部にカメラを入れ、決して明かされることのなかったテレビを作る現場の生の姿を挑戦的に追っていく。そこにはテレビのリアルがあった。

★スタッフ
監督:ひじ方宏史
撮影:中根芳樹
音楽:和田貴史

★キャスト

★『さよならテレビ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『さよならテレビ』の感想

●無料ホームシアター 
視聴率はそんなに大事なのか。毎回ながらこの番組は何%、ここのシーンは何%と競い合うのが日課になってしまったテレビの世界。それはもはや茶番以外の何者でもなく、すっかり視聴者にすらも冷たい目を浴びるようになってしまった。これではすでに何のメッセージの発信力もない。空回りをしているだけである。しかし、それさえももしかしたらエンターテイメントなのかもしれない。これぞテレビが見世物になる瞬間である。
●シネマトゥデイ 
普段からマスゴミとバカにしている人はこのドキュメンタリーを絶対に見るべきだ。マスゴミがマスゴミを描いているのだから。メディア神話は崩壊し、テレビはすでに動画コンテンツを作成しているひとつの企業に過ぎない時代になった。これからはもう何も有利になる点はない。じゃあこのテレビにどんな価値があるのか。今、働いている人は何をしたいのか。そこにカメラを向けている。こんなにもショッキングな番組はない。
●FILMAGA 
さようなら、そういうわけにはいかないのだけど、テレビは確かに見なくなった。すっかり若い年齢層には届いていない気がする。あくまで一部の番組だけが人気。そんな感じである。ドラマなんてものは動画配信サービスで観ればいいのである。そういう時代にこのドキュメンタリーはテレビの役割を問い直す。いや、問いかけるがそこには答えはないのかも。あるのはただがむしゃらに働くしかない、テレビマンの後ろ姿だけだ。
●109シネマズ:J-3 
テレビ局がこんな作品を作るとはね。正直びっくりしました。報道の使命とは「事件・事故、政治・災害を知らせる」「困っている人(弱者)を助ける」「権力を監視する」この3つだと言います。でもそれを守れているテレビはあるのでしょうか。テレビマンならではのテレビドキュメンタリーがそこにあってバカのような意見ですが考えさせられます。これを観てしまう今日からテレビを見る際の姿勢も大きく変わってきます。
●シネマサンシャイン:F-14
脳髄を思いっきりガツンと大胆に揺さぶられる衝撃のオーバーブローな一作です。取材クルーが報道現場の恥部を映し出す本作も見方によっては解釈が無限大。でもそれさえも面白いとも言える。そこが不思議。試写会場で起こる「使えない契約社員」に対する嘲笑からの一連のパートはかなり問題的にぶっこんでいる。しかし何もテレビだけの話でもない。たぶん日本の多くの企業がこういう状況になってしまっているのではないか。