シライサン(2020)

目をそらしたら死ぬ

映画『シライサン』のフル動画を無料視聴する方法を、視聴妨害に発展する広告の邪魔を排除して自由にレコメンド中。
今すぐ『シライサン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:シライサン / 日本(2020年) / 日本公開:2020年1月10日 / 99分 / 制作: / 配給:松竹メディア事業部 

映画『シライサン』本予告(60秒)

(C)2020松竹株式会社


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『シライサン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

共有はこちらのサービスで!
あなたは普通の人生につまらなさを感じてはいませんか。そんな言い方をすると怪しい勧誘みたいですけど、映画を観るという単純な話をしたいだけです。ホラー好きならば恐怖ムービーで自分を刺激させるのは日常。そんなゾクゾクする作品を観るなら動画配信サービスを駆使しておけば、フル動画にラクラクアクセス。圧倒的な映画の分量があると同時に、ジャンルでも検索できるので特定作品だけを観たい人に最高の味方になってくれるという嬉しさです。

「無料」で大感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。支払いは避けられないかもしれません。でも初回に限ってそのルールからは外れることができます。これは公式で用意された無料措置なのであり勝手なキャンペーンなどではありません。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。安達寛高監督の日本ホラー映画「シライサン」もすぐ。

どうすることもできない恐怖!
違法な動画サイト等にはあなたの想像を超えた怖さも隠れているので気を付けてください。それで飯豊まりえ出演の「シライサン」の再生はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。被害額に換算すればあまりにも損失が大きいので、法令的にも問題ないサービスを使うべきなのは至極当然。

配信有無を探しまわるならば!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。稲葉友出演の「シライサン」を視聴できるVODはどれなのか自分の頭の中で気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。更新をちっともしないサイトではありません。フルムビバースは忙しく記事を改修しています。動画配信の最新はこちらからフムフムと。レコメンデーションはアイコン数に応じて無料視聴チャンスが倍増していることを意味します。動画までの道のりはあとはドアを2枚3枚くぐるのみ。

見たい動画をメモしよう
「ウォッチリスト」はその名前のとおり自分が「Watch」したい映画を「List」にできます。この機能はCookieを利用しているのでこちらのサイト側にデータを保存しません。あなたがどんな作品をチェックメモしたかはあなたにしかわからないので秘匿性抜群。各作品ページに「Favorite」ボタンがあると思うので気楽にポチっと。また押せばすぐに解除できます。あとはリストページで一覧を確認するなりにご自由にどうぞ。忍成修吾出演の「シライサン」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早くマイアクセス範囲内に組み込んで視聴するためにもこのサポート機能をフル活用してみましょう。

邪魔な広告は無し!
広告で良い気分になることはまずないでしょうが、それがことさらに悪質で価値ゼロだと本当に吐き気もして罵詈雑言を浴びせたくなります。サイト経営の資金源に必要なのはわかっていても不愉快な実態は許せるものではありません。広告安全ルールを徹底しているフルムビバースは厳しい審査を独自にしているのでご安心を。谷村美月出演の「シライサン」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

解約はすぐできます
VODの解約方法をどういうものなのかと気にする人もいるでしょう。江野沢愛美出演の「シライサン」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

その動画サイトは使える?
染谷将太出演の「シライサン」をフル無料で余裕鑑賞する方法はあるのか。それは動画サイトの選択しだいだと思っていませんか。「dailymotion」「Pandora」のような利用者数の多さに支えられているもの、「Miomio」「BiliBili」のように中華動画ビックリソースに溢れかえっているもの、「openload」「clipwatching」といったファイルサイズに柔軟に対応するもの。しかし、それらのほぼすべてで違法性高めな動画が蔓延しているのでやめたほうがいいです。検索ページリンクを紹介するだけでも違法になってきたので安易に関与しないように。

『シライサン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『シライサン』をさらに知る

飯豊まりえが初の映画単独主演を務め、人気小説家・乙一として知られる安達寛高が長編監督デビューを果たし、「その名を知ると現れて、視線をそらすと殺される」という新たなホラーキャラクター「シライサン」の恐怖をオリジナルストーリーで描くホラー。エグゼクティブプロデューサーは高橋敏弘と森口和則。眼球の破裂した死体が連続して発見された。それはどう考えても不自然な死体であり、何かが原因にあるのかもわからないため、不気味な空気となっていた。直接の死因はいずれも心臓麻痺で、それだけでなく死の直前に何かに怯え、とり憑かれた様子だったという奇妙な共通点があった。これが示すことはいまだに不明である。親友を目の前で亡くした大学生の瑞紀と弟を失った春男は、ともにこの謎めいた陰惨な事件を独自に調べ始める。2人は事件の鍵を握る女性・詠子を探し出すが、それは答えにすぐには繋がりはしない。ほどなく彼女は「シライサン」という謎の言葉を残し、一連の事件の被害者と同じように死んでしまう。これではさらに闇の中に追い込まれて、事態は混乱していく。事件に目をつけた雑誌記者の間宮も加わり、ミステリアスだった「シライサン」の呪いが徐々に思わぬかたちで明らかになっていくが…。

★スタッフ
監督:安達寛高
脚本:安達寛高
撮影:金子雅和
音楽:中川孝

★キャスト(キャラクター)
飯豊まりえ(瑞紀)、稲葉友(春男)、忍成修吾(間宮幸太)、谷村美月(間宮冬美)、江野沢愛美(加藤香奈)、染谷将太(渡辺秀明)、渡辺佑太朗、仁村紗和、大江晋平、諏訪太朗

★インタビュー
・飯豊まりえ「寄りのカットが多くて、目だけでお芝居をしなければいけないところは苦労しました。絶叫シーンも安達監督から“過呼吸っぽくならないように”と言われていたので気をつけました」

★『シライサン』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『シライサン』の感想

●無料ホームシアター 
ジャパニーズホラーとしては平凡にど真ん中を投げていた。ただやっぱり展開は既視感が拭えないのだけど、これはかなり実験的な初期作という感じで、こっから成長していってほしい。挿入歌を挟むせいで緊迫感が薄れるのであって、そういう全体のデザインをもっとスマートに引き締めていけば違うものになるのに。シライサンのビジュアルは個人的には好みですし、いいと思うのでそこだけは大事な収穫になっているのかな。
●MOVIX:K-14 
「リング」やら「呪怨」やら、そういうレジェンドに挑んでやるくらいの覚悟は嬉しい。最近の邦画ホラーはちょっと勢いが少ないので物足りないのです。もしかしたら自分のところにも来るかもしれないという身近な怖さを出すことの苦肉の策でもあるのですが、それは努力の結果も虚しくやはり今の若者の感覚にフィットしていないのだと思う。もうケータイホラーの時代でもないし、今さらSNSなんて修羅場経験済みなのだし。
●TOHOシネマズ:Y-3 
怪談や不吉な話が広まるメカニズムを研究しながらのこのアプローチ。悪くはない。私は目を合わせ続けるなんて怖くてできませんし、そういう映画館での目を離せない環境を活かしているのかもしれませんが、問題はそのバランスと説得力。小説家監督なのに謎解きミステリの部分はやや消化不良で映像としてのストーリーテリングに慣れていない部分を強く感じました。ここは経験値の問題なのかな。俳優は頑張りを見せてたけど。