ジョジョ・ラビット / Jojo Rabbit

ボクの友達はヒトラーです!?

映画『ジョジョ・ラビット』のフル動画を無料視聴する方法を、広告無しで不愉快にならずに鑑賞できるように適切に紹介中です。
今すぐ『ジョジョ・ラビット』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jojo Rabbit(「ジョジョラビット」) / アメリカ(2019年) / 日本公開:2020年1月17日 / 109分 / 制作:Fox Searchlight Pictures / 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 

本年度アカデミー賞 最有力候補!映画『ジョジョ・ラビット』予告編

(C)2019 Twentieth Century Fox

動画
▼『ジョジョ・ラビット』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 良質環境

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ジョジョ・ラビット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画は身近で支えてくれる!
あなたは戦争映画をどれくらい見るでしょうか。あまり見ない人の理由は暗すぎるという問題ではないでしょうか。確かにシリアスです。重苦しいこともあります。でも風刺コメディとなっている作品はかなり見やすい部類です。そんなエネルギッシュでユニークな一作をフル動画でお得に見るなら動画配信サービスを使いましょう。これで安心。劇場で見逃してしまった人もこちらで追跡しておけば何も問題は発生しないでしょう。

「無料」ですよ!タダ!
「映画の動画は確かに笑顔だけど利用料で顔が曇る…」その場合でも無料お試しがあなたの顔に活力を与えてくれるでしょう。利用したら「おカネを払ってください」となるのは必然だと思うのですが、これは初回に限る特別なシチュエーションとして無料期間が与えられるというものですので遠慮はいりません。「退会を無料期間内にしてしまうのはルール違反ですか?」という疑問はかなり集中しがち。無料目当てでなくとも人は辞めたくなるときもあります。それは自由で好きなように解約できますし、契約違反でもないです。タイカ・ワイティティ監督の「ジョジョ・ラビット」もすぐ。

それは信じられる相手?!
不正な動画ウェブサイトは偽装工作もたっぷりありますので適法性・実用性の二点で非推奨。それでローマン・グリフィン・デイビス出演の「ジョジョ・ラビット」の視聴はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。映画館は綺麗で清潔な方がいいように、動画サイトもフルクリーンでフルストレートに映画を視聴できた方が断然マシ。

迷ったときは?
ニュームービーはネット配信では無関係だと思うなら誤解です。無料視聴の入門ゲートへと試し入場できるはずです。VODの登山は補助ロープとルートナビもあるので簡単なビギナーマウンテンなのですが、その山は十以上あるのがネック。どれから登れば動画にありつけるのかとそこから立ち往生します。トーマシン・マッケンジー出演の「ジョジョ・ラビット」を視聴できるVODはどれなのか答えを求めて気になると思います。このページに視線を1秒ですぐに判断可能です。大袈裟ではなく本当に瞬間解決を達成できます。アイコンで配信VODがわかるのです。これで動画への道のりがグッと短縮されてゴールまで近道全速力です。最終的に結局はひとつのサービスだけを紹介してくるステマサイトとはわけが違います。フェアレコメンド精神で運営されています。無料体験の有無は常時確実性を保障できることはないのですが、というのも結局はサービス運営側の判断になります。利用者ができるのは飛びつくことのみ。

字幕・吹替、選択は自由
映画は映像も重大な構成要素ですが、同時にセリフなどの言葉の意味も大きいです。これがわからないと話になりません。海外映画の場合は字幕と吹替の選択肢を日本人は用意されるわけですが、どちらをとるかは個人の自由。メリットとデメリットを見比べる必要があるでしょうし、場合によってはこの作品は字幕、あの作品は吹替…と使い分ける人もいるでしょう。VODは好きな方をセレクトできるのでその日の気分で選ぶも良いですし、声優ありきで決めるのもOK。「ジョジョ・ラビット」の面白さの意外な発見につながるかもしれません。

パスワードは大事
「パスワードはたいてい同じ単語と数字の組み合わせです」こういう人はかなり多いのではないでしょうか。さすがに生年月日だけにしている人はいないでしょうし、そもそも受け付けてくれないと思いますが、本当はもっと複雑に、そして使い回しを避ける必要があります。なぜならアカウント乗っ取りに格段に遭いやすくなるからです。気づかないうちに赤の他人に動画を見られたり、知らないうちに映画を購入されていたなんてことは誰でも最悪体験です。パスは細心の注意を払うべきです。安全な「ジョジョ・ラビット」動画体験をするには大事なメモリーにしまっておきたい基礎ルールです。

高評価作品は観る価値あり
あなたは映画をどうやって観るべきかどうかをジャッジしていますか? 他人のオススメは積極的に参考にすると思いますが、プロの評価具合も良いものです。傑作か凡作か駄作か、そんな単純な切り取りではなく、批評家の語る鋭い切り口がその作品を別の見方で輝かせてくれます。賞をとるだけが全てではないです。それよりも賞をなぜとったのかを考えたいところです。レビュワー得点もざっくりした判定には役に立ちますが。レベル・ウィルソン出演の「ジョジョ・ラビット」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に支持されているというのは証明になりますのでそういう映画に触れることで新しい自分の扉が開けます。

その動画サイトは使える?
スティーブン・マーチャント出演の戦争コミカル作品「ジョジョ・ラビット」を無料で見たい人が大勢いるのも承知です。その要望者が目にするトンネルの多さも理解しています。「dailymotion」のような老舗か、「Pandora」「Miomio」「BiliBili」のようなチャイナリソースか、「openload」「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」のような増発するアップロードサイトか。そんなサービスを提示するページも検索すれば出てきますが、それは有害誘導であり、安全な動画へと行き着かないので警戒してください。気を付けるだけでなくブロックするくらいの拒否をした方がいいです。

『ジョジョ・ラビット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジョジョ・ラビット』をさらに知る

タイカ・ワイティティ監督が第2次世界大戦時のドイツに生きる人びとの姿を、ユーモアを交えて描き、第44回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞した人間ドラマ。『ジョジョ・ラビット』の製作はカーシュー・ニール、タイカ・ワイティティ、チェルシー・ウィンスタンリー。第2次世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョは、どこにでもいる普通の少年。でも少しだけ気弱で周りからバカにされていた。それでも気持ちは挫けることはない。空想上の友だちであるアドルフの助けを借りることで常に自信を奮い立たせていた。青少年集団「ヒトラーユーゲント」で、立派な兵士になるために奮闘する毎日を送ることになり、そこでもアドルフの助言でなんとか頑張っていく。しかし、年上の子どもたちにからかわれて訓練でウサギを殺すことができなかったジョジョは、教官や周囲から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、反論をすることもできずに仲間たちからもからかいの対象となってしまう。これでは一生笑いものになってしまう。母親とふたりで暮らすジョジョは、ある日、さらなる予想外の出来事に困惑することになる。家の片隅に隠された小さな部屋に誰かがいることに気づいてしまうが、それは最初は幽霊だと勘違いしてしまいパニックになる。実は母親がこっそりと匿っていたユダヤ人の少女だったことで、ジョジョはユダヤ人の実態を知ることになり…。

★『ジョジョ・ラビット』のスタッフ


監督:タイカ・ワイティティ(関連作品:『マイティ・ソー バトルロイヤル』)
脚本:タイカ・ワイティティ
撮影:ミハイ・マライメア・Jr.
音楽:マイケル・ジアッキノ

★『ジョジョ・ラビット』のキャスト(キャラクター)


ローマン・グリフィン・デイビス(ジョジョ)、トーマシン・マッケンジー(エルサ)、タイカ・ワイティティ(アドルフ)、レベル・ウィルソン(ミス・ラーム)、スティーブン・マーチャント(ディエルツ大尉)、アルフィー・アレン(フィンケル)、サム・ロックウェル(クレンツェンドルフ大尉)、スカーレット・ヨハンソン(ロージー)、アーチー・イェーツ(ヨーキー)、ルーク・ブランドン・フィールド、サム・ヘイガース

★『ジョジョ・ラビット』の評価

IMDbRTMETA
8.080%??
映画comY!FM
4.1???4.2
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ジョジョ・ラビット』の受賞


第77回ゴールデングローブ賞のコメディ・ミュージカル部門で最優秀作品賞と最優秀主演男優賞にノミネート。

★『ジョジョ・ラビット』の感想


・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし] 
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『ジョジョ・ラビット』無料ホームシアター 
ヒトラーおバカ映画の新たな傑作が更新されました。これを見ないで今年のナチスは語れない。ネオナチさんもこれを観て自分のお友達を見直して見ましょう。ジョジョはラビットなのか、それともユダヤ人をかみ殺す狼になれるのか。多少の事前知識は必要です。でもナチスや第2次世界大戦を知らない人はいくらなんでも論外になる。その知識のなさなら普通に呆れられるので勉強した方がいい。これはお節介ではなく忠告ですよ。
●『ジョジョ・ラビット』TOHOシネマズ:K-15 
スカーレットヨハンソンの演技に心を震わせたのは「マリッジストーリー」に続いての連続で本当に素晴らしい女優だと再確認出来ました。もうアクション大作はやめてこっちの方面でずっと頑張ってほしい。サム・ロックウェルの演じる「どうしようもないけど根はいいやつ」はどうしてこんなにもたまらないほっとけなさがあるのか。子どもたちは可愛いウザいのバランスでメロメロにしてくるし、これはショタコン悶絶ですね。
●『ジョジョ・ラビット』ユナイテッドシネマ:J-4 
「ニューシネマパラダイス」な感じです。でもコメディなのでクレイジーなノリですけどね。ドイツ社会がナチズムに浸食されていき、子どもは当たり前のようにヒトラーを称賛することを教えられている世界。この時代はこれが普通。そこで子どもは大人になるためになにか成長しようとする。正しいことをしようとする子どもは疑問を持ち、恋をして、次の時代へ進む。そんな成長を私は目撃して心をいっぱいに帰りましたとさ。