ペット・セメタリー(2019)

あなたならその禁忌を犯すことはできるか

映画『ペット・セメタリー』のフル動画を無料視聴する方法を、変な寄り道もなく案内を的確に行いながらレコメンド。
今すぐ『ペット・セメタリー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Pet Sematary(「ペットセメタリー リメイク」) / アメリカ(2019年) / 日本公開:2020年1月17日 / 101分 / 制作:Di Bonaventura Pictures / 配給:東和ピクチャーズ 

『ペット・セメタリー』本予告

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ペット・セメタリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及しているなら無視できない!
平凡でルーチンワークを過ごしているだけの人生に飽き飽きしたら映画で刺激をもらっていきましょう。それで恐ろしい世界を映像で体感もできます。そんなホラースリルがある映画をフル動画でお得に見るなら動画配信サービスを駆使していけば近道です。レンタル店は遠回りになっていきます。ネット動画はすぐに観れます。それこそ同じジャンルの作品を山ほど観ていくならばこれほどに適したものはないでしょう。人生が様変わりすることも間違いないです。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。ケビン・コルシュ監督の「ペット・セメタリー」もすぐです。オリジナル過去作と勘違いしないように。

その動画は闇がある!
なお、巷に溢れる恐怖が滲んでいるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでジェイソン・クラーク出演の「ペット・セメタリー」の鑑賞はダメです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。映画料金の何倍にもなる損失を受けると考えれば、もうそんな危ういサイトに近づくだけバカな目に遭うのは自明です。

配信しているのはコレ!
新作だけでもなく、旧作もあるし、劇場公開されなかった作品もある。こういう顔ぶれからお目当てを見つける過程も最高なのです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。エイミー・サイメッツ出演の「ペット・セメタリー」を視聴できるVODはどれなのか判断に困って気になると思います。情報は更新されないと意味がありません。VODのトレンドに張り付けなければ動画を見れないです。そこでこのページは内容をアップデートしつつ配信VODをアイコンでその都度整理。記事を作って放置はしません。無料動画紹介モドキのサイトではクリックさせてブログランキング一覧ページに飛ばすことも多く、そうなると観る意欲も失います。こちらのリンクは純粋な動画サイトのみです。サイト内配信チェックは登録せずとも可能になっているサービスもあるので、じっくり慌てず自分の目で確認しておけば他人不信でも何も問題なし。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「ペット・セメタリー」の面白さの発見につながるかもしれません。

邪魔な広告は無し!
どんなサイトでも広告はあるものですが、極端に過剰なものは不快さを増加させ、それだけで嫌になってきます。しかも動画視聴まで妨害してくるとうんざりです。広告ブロックを使えばいいと思っているかもしれませんが、この手の悪質性の高いものはそもそも通用しないことさえあり、無駄に徒労で終わることもあって期待できません。ジョン・リスゴー出演の「ペット・セメタリー」視聴を妨げません。最近はブラウザの機能として動画上の広告をシャットアウトする追加アップデートがされていることも増え、ビデオ体感が向上しています。しかしそれでもVODには敵いません。ゼロ広告が一番良いに決まっています。

表現規制を避けるなら
映像提供媒体というのは誰にそれを見せるのかという問題が論点になってきます。知っている人も多いと思いますが、年齢対象によっては作品ごとに規制が入りますが、具体的には動画内のカットや編集処理が追加されることもあります。また放送の場合は少し尺を縮めるためにフルではないかもしれません。しかし、これで大満足する人は普通はいません。本心は全部を見たいはずです。VODはその配信動画に手を加えませんので、フルコンテンツで楽しめ、作品の素を堪能できることをバッチリお約束できます。ジェテ・ローレンス出演の「ペット・セメタリー」も無規制で。

その動画サイトは使える?
オバッサ・アーメド出演の衝撃エンディングな「ペット・セメタリー」を無料で見たい人が大勢いるのも承知です。その要望者が目にするトンネルの多さも理解しています。「dailymotion」のような老舗か、「Pandora」「Miomio」「BiliBili」のようなチャイナリソースか、「openload」「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」のような増発するアップロードサイトか。そんなサービスを提示するページも検索すれば出てきますが、それは有害誘導であり、安全な動画へと行き着かないので警戒してください。気を付けるだけでなくブロックするくらいの拒否をした方がいいです。

『ペット・セメタリー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ペット・セメタリー』をさらに知る

1989年に映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、新たな設定でアレンジを加えて再映画化したショッキング・ホラー。製作はロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、マーク・バーラディアン、スティーブン・シュナイダー。家族ともに田舎に越した医師ルイス。ここで新しい生活を始めるには順調に見えた。新居の裏には動物の墓地「ペット・セメタリー」があったが、それが人生を破壊するとは想像もしていなかった。ある日、飼い猫が事故で死んでしまったため、ルイスは墓地ではなく、さらに奥深い森に猫を埋葬する。それは普通の場所ではなく、特別な力が宿っているのでだが、それを知ったときには遅かった。翌日、死んだはずの飼い猫が凶暴に豹変し、ルイス一家の前に姿を現わす。まるで別の猫のように攻撃的で、手が付けられない。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森で、死んだ生命を蘇らせるが、何か状態は変わってしまうようだった。そして悲劇が起こる。誕生日を迎えた娘のエリーが交通事故で亡くなってしまったことから、追い詰められたルイスは絶対にすべきではないと思っていたある行動に出るが、それは家族を闇へと引きずり込むことに…。

★スタッフ
監督:ケビン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー
脚本:ジェフ・ブーラー
撮影:ローリー・ローズ
音楽:クリストファー・ヤング

★キャスト(キャラクター)
ジェイソン・クラーク(ルイス・クリード)、エイミー・サイメッツ(レイチェル・クリード)、ジョン・リスゴー(ジャド・グランドール)、ジェテ・ローレンス(エリー・クリード)、オバッサ・アーメド(ヴィクター・パスコー)、アリッサ・レビン(ゼルダ)

★『ペット・セメタリー』の評価

IMDbRTMETA
5.857%??
映画comY!FM
2.9???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ペット・セメタリー』の感想

●無料ホームシアター 
元がカルト映画なので一般人に受けやすい作品ではない。だから評価が低くなるのも無理はない。世間のレビュワー得点が低くても気にしないでおきましょう。そこで言いたいのがつまり自分の目を信じろと言うことです。お利口さんには毒になる、グサッと突き刺さる狂気のような映画があなたを魅了するかどうかは鑑賞する瞬間にならないとわからないのです。私がいえるのはワクワクしながら待っていてというだけ。観たい?
●MOVIX:S-3 
大切な人が死んでしまったらどうするのかという根源的な問い。日本であればお涙頂戴なドラマにしてしまうところだが、アメリカはキングさんは徹底的にどん底に突き落とす。フラグがすべて悪い方向に突き進み、最悪を掘り進む。もうその行為をしてしまったら引き返せない。でもこの感情は分かる。人はダメだと言われたことでも手を止めることができなくなってしまうものなのである。そうやって後に残るのは絶望のみ。
●109シネマズ:H-10 
ペットを墓地に埋めるという感覚は日本にはあまりないのかもだけど(あんな森にはない)、悲しい気持ちをなぐさめる感覚とかは宗教関係ない。でもそれが困った事態に。というかあんな場所を勧めないでよ!その紹介が一番の問題だよ。あれは虫とか埋めても効果があるのかなとかどうでもいいことを考えてしまった。全体的にはホラーとしてのスリルは弱めで、心理サスペンスに近いのではないかなと思う。倫理的にアウト。