AI崩壊(2020)

その日、AIが命の選別を始めた

映画『AI崩壊』のフル動画を無料視聴する方法を、あてもなく探すことをしないで済むようにシンプルに紹介中。
今すぐ『AI崩壊』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:AI崩壊 / 日本(2020年) / 日本公開:2020年1月31日 / 131分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『AI崩壊』本予告 2020年1月31日(金)公開

(C)2019「AI崩壊」製作委員会


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】動画中無広告
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『AI崩壊』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

シェアできないことはない!
映画体験を誰かに語りたいときは言葉でもいいですが、実際に観てもらうのが一番です。でもレンタル店に行かせるのは大変ですから少し躊躇してしまうもの。そんなときは動画配信サービス。ネットベースならば一瞬で紹介可能。フル動画で映画を視聴するのはもちろん、あれこれと詮索する前にダイレクトでシネマの普及をさせることができます。もうオススメ映画に迷うこともありません。今日からでも一緒に映画三昧を満喫することもできます。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。入江悠監督の「AI崩壊」もすぐ。

ダメサイトはAIよりも恐怖!
違法な動画サイト等にはどうやってもその暴走を止められないので気を付けてください。それで大沢たかお出演の「AI崩壊」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

迷ったときは?
ニューシネマはネット動画配信のコース外と思わないでください。たいていの作品は無料視聴できる道が用意済みです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。賀来賢人出演の「AI崩壊」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、広瀬アリス出演の何が起こるかわからない不安連続な「AI崩壊」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。岩田剛典出演のシチュエーションビックスリラー「AI崩壊」も見れないかも?オカシイと感じたら意味もなく使いすぎることをしないでブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

パスワードは大事
「パスワードはたいてい同じ単語と数字の組み合わせです」こういう人はかなり多いのではないでしょうか。さすがに生年月日だけにしている人はいないでしょうし、そもそも受け付けてくれないと思いますが、本当はもっと複雑に、そして使い回しを避ける必要があります。なぜならアカウント乗っ取りに格段に遭いやすくなるからです。気づかないうちに赤の他人に動画を見られたり、知らないうちに映画を購入されていたなんてことは誰でも最悪体験です。パスは細心の注意を払うべきです。安全な高嶋政宏出演の「AI崩壊」動画体験をするには確実な遵守がいるものであり大事な基礎ルールです。

その動画サイトは使える?
玉城ティナ出演のテクノロジーパニックを描く「AI崩壊」をどうしても無料で見る!と決意を固めている人もいるでしょう。その候補となるサイトは何でしょうか。「dailymotion」に惹かれましたか。「Pandora」「Miomio」「BiliBili」といった大規模サイトですか。「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」「vidoo」「openload」等のファイルリンクですか。しかし、そのどれもが推奨はできません。仮に推薦するようなページがあればそんなサイトを信頼してはいけません。確実にその掲載内容は違法性の高いものであり、あなたまで不正な共犯になりかねません。

『AI崩壊』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『AI崩壊』をさらに知る

入江悠監督が自身のオリジナル脚本でAIを題材にダイナミックな世界観で描いた近未来サスペンス。エグゼクティブプロデューサーは伊藤響と松橋真三。2030年、天才科学者の桐生浩介が亡き妻のために開発した医療AI「のぞみ」は、世界を大きく激変させるだけのパワーを潜在的に持っていた。年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴といった全国民の個人情報と健康を管理することで、あらゆるインフォメーションを紐づけてプライバシーをコントロールすることができる。いまや社会インフラとして欠かせない存在となった「のぞみ」だったが、ある時突然、暴走を開始。それは簡易的なエラーではなく、致命的な問題を引き起こすものだった。AIが生きる価値のない人間を何かの基準で勝手に選別して殺戮するという、恐るべき事態が巻き起こる。もはや人類が家畜のようになってしまい、なすすべもない。警察庁の天才捜査官・桜庭は、AIを恐ろしく暴走させたのは生みの親の開発者である桐生と断定。なんとかこの事態を収拾しようとするが、そうはいかない。身に覚えのない桐生はこの場で黙っているわけにもいかず逃亡を開始する。これは一体誰かの仕業なのだろうか。桐生は「のぞみ」を管理するHOPE社の代表で、義弟でもある西村悟とひそかに連絡を取りながら、前代未聞の事態を解決するべく知恵を集める…。

★スタッフ
監督:入江悠(関連作品:『ギャングース
脚本:入江悠
撮影:阿藤正一
音楽:横山克

★キャスト(キャラクター)
大沢たかお(桐生浩介)、賀来賢人(西村悟)、広瀬アリス(奥瀬久未)、岩田剛典(桜庭誠)、高嶋政宏(望月剣)、芦名星(林原舞花)、玉城ティナ(飯田眞子)、余貴美子(田中英子)、松嶋菜々子(桐生望)、三浦友和(合田京一)、田牧そら(桐生心)、野間口徹、マギー、黒田大輔、酒向芳、毎熊克哉、MEGUMI、坂田聡、芦那すみれ、螢雪次朗、荻野友里、川瀬陽太

★インタビュー
・大沢たかお「この作品のお話をいただいたのが1年半ぐらい前なんですが、その頃ですら、AIがこんなに進歩するとは思っていませんでした。10年後が舞台の作品ですけど、撮影を終えてみると現実が映画に追いつくまでには10年も掛からないと思えるぐらい、AIが僕らの生活に入り込んでいます」

★『AI崩壊』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『AI崩壊』の感想

●無料ホームシアター 
未来はどれほどの見通しになるかわからないのですが、この映画は現実になってほしくはない。でもなりそうで怖い。不安と恐怖がスクリーンの先にあった。こういう題材を映画にするなら今が最良であるのかも。もちろんそう思いたくはないのだけど。人工知能は人を幸せに出来るかという問いには私にはとても答えられないけど、なるべく人類や社会を素敵にする技術を愛していきたいなと思うのでした。それが今の本音です。
●ユナイテッドシネマ:F-7
これからAI研究をする人はちゃんと倫理観を持ってほしいな。テレビドラマ等コンテンツがよく使う刑事のノリはもう役に立たない。となるとどんなアプローチがあるのか。それは闇の中です。でもこの世界でもしっかりテレビ企業はあるのです。真っ先に駆逐されて死滅しそうなのに。システム・コアのセキュリティとか、テクノロジーの描写は安っぽいというか、大味の少年漫画風みたいなのはなんとかならなかったのかな。
●109シネマズ:I-23 
「22年目の告白」の最初と同様に、無駄なくてわかりやすい見せ方でここも上手いなと監督の力量にほれぼれ。入江監督が昔からエンターテイメントな映画を撮りたいと言っていたけど、それが実現すればこのとおり。日本で近未来のSFアクション映画をオリジナル脚本で撮れるというビッククリエイターになり、ここまでの理想どおりはレアリティ高いです。今後もこうやって監督に特別チケットを与えていきたいのですが。