ハスラーズ / Hustlers

私たちはもう媚びない

映画『ハスラーズ』のフル動画を無料視聴する方法を、適切な動画サイトを抽出して安全第一でレコメンデーションしています。
今すぐ『ハスラーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Hustlers / アメリカ(2019年) / 日本公開:2020年2月7日 / 110分 / 制作:Gloria Sanchez Productions / 配給:REGENTS 

https://youtu.be/KzLii8UOnyI
(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ハスラーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

そこにはあなたの映画もある!
いつもの毎日では体感できない興奮と喜びを味わえるのも映画というエンターテインメントの醍醐味です。そんなエネルギッシュでパワフルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用していくのが最適。アンケート調査によれば今ではDVD以上に普及しており、映画を観るための主流手段になっています。スマホでもいいですが、テレビでの鑑賞が最大の映画体験になるでしょう。環境を考えて検討してみるのがベストです。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。ローリーン・スカファリア監督の「ハスラーズ」もすぐ。

違法行為はダメです!
不正な動画ウェブサイトはどんなに個人的な事情があろうとも適法性・実用性の二点で必ず非推奨。それでコンスタンス・ウー主演のストリッパー映画「ハスラーズ」の視聴はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。ジェニファー・ロペス出演のインパクトが突き刺さる「ハスラーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、ジュリア・スタイルズ出演の「ハスラーズ」に最適の優良動画のみのハイテンションになるサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。キキ・パーマー出演のアダルト表現も飛び出す「ハスラーズ」も無規制で。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。リリ・ラインハート出演の艶やかに輝く世界がある「ハスラーズ」ももしかしたら? 話題作だけでない、絶賛されている映画というのは社会性などの意味をともなっているもので考えると新感覚でしょう。

その動画サイトは使える?
メット・トーレイ出演のウーマンパワーが炸裂する「ハスラーズ」をどうしても無料で見る!と決意を固めている人もいるでしょう。その候補となるサイトは何でしょうか。「dailymotion」に惹かれましたか。「Pandora」「Miomio」「BiliBili」といった大規模サイトですか。「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」「vidoo」「openload」等のファイルリンクですか。しかし、そのどれもが推奨はできません。仮に推薦するようなページがあればそんなサイトを信頼してはいけません。確実にその掲載内容は違法性の高いものであり、あなたまで不正な共犯になりかねません。

『ハスラーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ハスラーズ』をさらに知る

リーマンショック後のニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働く女性たちがウォール街の裕福なサラリーマンたちから大金を奪う計画を立てたという驚きの実話を、ジェニファー・ロペスとコンスタンス・ウーのダブル主演で映画化。製作総指揮にはミーガン・エリソン、パメラ・サー、アレックス・ブラウンなどが名を連ねる。年老いた祖母を養うためストリップクラブで働き始めたデスティニー。それは簡単に大金を稼げるわけでもなく、日々の生活で一杯いっぱいだった。それでも頑張るしかない。そこでひときわ輝くストリッパーのラモーナと出会う。その存在は自分の理想であり、手を伸ばしても届かないようなカリスマ性を持っていた。ストリッパーとしての巧みな稼ぎ方を学び、ようやく安定した生活が送れるようになってきたデスティニーだったが、それは長くは続かなかった。2008年に起こった世界を震撼させたリーマンショックによって経済は冷え込み、絶望的な不況の波はストリップクラブで働く彼女たちにも容赦なく押し寄せる。客足は消えてしまい、これまでのテクニックも通用しない。いくら働いても自分たちの生活は向上しない一方、経済危機を起こした張本人であるウォール街のエリートたちの裕福な暮らしは変わらず、このままではひたすらに苦汁をなめるしかできない。その理不尽な現実に不満を募らせたラモーナが、デスティニーやクラブの仲間を誘い、ウォール街の裕福なクライアントから大金を騙し取る巧妙な計画を企てる。そのやり方は倫理にも大きく違反するものだったが…。

★スタッフ
監督:ローリーン・スカファリア
脚本:ローリーン・スカファリア
撮影:トッド・バンハーズル

★キャスト(キャラクター)
コンスタンス・ウー(デスティニー)、ジェニファー・ロペス(ラモーナ)、ジュリア・スタイルズ(エリザベス)、キキ・パーマー(メルセデス)、リリ・ラインハート(アナベル)、リゾ(リズ)、カーディ・B(ダイヤモンド)、メット・トーレイ(ジャスティス)、マデリーン・ブルーワー(ドーン)、トレイス・リセット(トレイシー)、マーセデス・ルール(ママ)

★『ハスラーズ』の評価

IMDbRTMETA
6.487%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ハスラーズ』の感想

●無料ホームシアター 
この映画に対する男たちの気持ち悪い反応こそが今の現実なんだと思う。もっと裸を見せろだとか、パフォーマンスが短いだとか、女は怖すぎるだとか。まるで世間の女は男が品定めするために存在していると思っている。そういう上から目線が当たり前にあるから、こういうストリップクラブは運営できた。しかし、この映画はそこに逆転をもたらしている。実に痛快で思わずガッツポーズしたくなる。女は男のものじゃないんだ!
●ユナイテッドシネマ:L-13
女性たちの友情はキラキラと輝いて、いつの間にか涙がでていた。辛い世界だけど、それでも生きている。仲間の存在が支えてくれている。一番好きなのは日常的なシーン。まるで普通の学園ドラマみたい。ストリップと聞いて無駄に賑やかなハイテンション作品だと思っていたが、そういうものではないし、無理にエロばかりを描くものでもなかった。それよりも健全な健康的エロスがあるというか、そこに惚れ惚れしてしまった。
●シネマサンシャイン:H-6 
アカデミー賞で無視されてしまった良作として多くの残念な声が聞こえてきた。でもこれは確かに素晴らしい一作だが、世間にスルーされたのも頷ける。こういうのを認めたくない人たちがいるのであろう。しかし、愛せる人はとことん愛してしまうはず。私もそのひとりであった。運命的な遭遇にメロメロになってしまった。他の賞レースでは席巻しているこの映画を私は全力で支持したい。その気持ちで私もチームに入れてほしい。