影裏 えいり(2020)

突然消えた親友、その真実とは…

映画『影裏』のフル動画を無料視聴する方法を、本当の正しい経路を解き明かすようにハッキリとレコメンドして整理しています。
今すぐ『影裏』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:影裏 / 日本(2020年) / 日本公開:2020年2月14日 / 134分 / 制作: / 配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント 

映画『影裏』本予告 2020年2月14日ロードショー

(C)2020「影裏」製作委員会

動画
▼『影裏』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 ポイント動画

VOD2【Hulu】 不快広告無し

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『影裏』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなで共有する映画体験!
明るいだけが人生は限りません。ときには暗い部分も浮かび上がりますが、それは口にできないものです。そこで映画という媒体で表現することもできます。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを使用することは最善となります。普段は映画館という人でもたまにはネット動画を試してみませんか。家にいながら自由に見れるので映画を視聴できる本数が一気に増えます。こういうものは大きな経験の後押しになるでしょう。

「無料」は初めての方にこそ!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。大友啓史監督の「影裏」もすぐ。

それは無知では済まない!
違法な動画サイト等は暗い影を背負っているだけの脱落サイトなので気を付けてください。それで綾野剛出演の名演が連発する「影裏」の再生はダメです。最近ではブラウザ側で動画内広告を規制する動きも進んでいますが、たいていの不正サイトはその業界自主制限を回避するずる賢さを持っています。結局のところ大損するのは動画視聴者です。もはや動画の安全性は限られた空間でしか確保されないと考えるべきです。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

困惑しないようにするには?
無料視聴を新作でもできるのならば関心が生まれる人も多いでしょう。そういう人にはおいでおいでと手招きをしましょう。でも警告しないといけません。「勇んで登録してサイトアクセスしたらあの映画がどこにも見当たらない!」なんてショッキングは経験はどう考えてもしたくはないはずです。松田龍平出演の心理が映像化されていく「影裏」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで諦めるのはまだ早い。動画はすぐに手に入ります。嘘ではありません。こちらではテキストでサジェストするだけでなく、わかりやすいロゴアイコンで視覚情報にズラッと変換しています。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「影裏」の姿を目に焼き付ける時間はない…とかだったら嫌です。契約更新の方法はサービスごとに違います。手動か自動かの2パターンになるのが定番ですが、事前にメール通知があるはずです。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に筒井真理子出演の「影裏」の配信の有無だけでなく、素直に趣味に合致できるという視点で、あなただけのディープな出会いをダイレクトに届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
一般的な動画アップロードサイト(個人がアカウント作成して動画をアップできるもの)。これらは今では繁栄を極めており、個人レベルでも企業レベルでも多用されていますが、問題はそのクオリティの統一感のなさ。なにせ何でもありなので、中には酷いものもあります。利用規約などのポリシールールがあるのですがそこまで遵守されておらず不正コンテンツも増えては消えを繰り返すのみ。動画視聴しようにもこれでは無駄に時間を食うだけです。VODはその心配がオールクリア。中村倫也出演のダークな側面が浮かび上がる「影裏」に最適の優良動画のみのフル満足できるサービスなのです。

その動画サイトは使える?
平埜生成出演の人の陰影を露出させてくるドラマ映画「影裏」を無料にしたいのは欲張りですか…そんな意見は別に否定はしません。ただくれぐれも使用するサイトには注意すべきなのです。「dailymotion」などの老舗動画サイト、「Miomio」「BiliBili」「Pandora」などの日本利用者も想定されるサイト、「openload」「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」などのファイル共有サイト。これらは信頼できるものではなく、それはもう悪質性の高い動画の溜まり場です。そんな不良集会場に行くくらいなら最初から適切な清潔エリアへと通う方が100倍はいいのです。

『影裏』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『影裏』をさらに知る

第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を、綾野剛と松田龍平の共演で映画化したヒューマンミステリー。プロデューサーは五十嵐真志と吉田憲一、ラインプロデューサーは佐藤幹也。転勤で岩手に移り住んだ今野は、その場所でただ無感情に生きるしかないと思っていたが意外な人物に出会ったことで人生が変わる。慣れない土地で出会った同僚の日浅に心を許し、警戒心を解きほぐし、次第に距離を縮めていく。とくに何の意味もなく2人で酒を酌み交わし、じゃれ合うように釣りをし、何もない人生に少しの楽しさを感じる。遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、今野は言葉にできない心地よさを感じていた。しかし、ある日突然、日浅は何も言わずに会社を辞めてしまう。それは何かあったのではないかと思うのだが、理由はわからないまま。しばらくして再会を果たした2人だったが、その出会いは素直に喜べるものではなく、一度開いた距離が再び縮まることはない。その後はあえて何かの意味を持って顔をあわせることなくゆったりと時が流れていく。そしてある時、日浅が行方不明になっていることを知った今野は、どこへ行ってしまったのかもあやふやな日浅を捜すが、その過程で隠れていた日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまう。それが心を揺れ動かすものだった。

★『影裏』のスタッフ
監督:大友啓史(関連作品:『億男』)
助監督:佐野隆英
撮影:芦澤明子
音楽:大友良英

★『影裏』のキャスト(キャラクター)
綾野剛(今野秋一)、松田龍平(日浅典博)、筒井真理子(西山)、中村倫也(副島和哉)、平埜生成(清人)、國村隼(日浅征吾)、永島暎子(鈴村早苗)、安田顕(日浅馨)

★インタビュー
・綾野剛「僕が役者を始めた頃には、龍平はとっくに始めていて、ずっと観てきていました。理屈のない安心感があったというか。彼とだったら、むしろ今(の共演)で本当によかったと思います」
・大友啓史監督「何かこちら側としては物語としての結論とか、物語としての出口を提示しなければいけない。それで僕らなりに作り手として原作から映画に落とし込む際に足りないと思うようなところとか、ヒントになるようなところとかを追加しました」

★『影裏』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『影裏』の感想

●『影裏』無料ホームシアター 
途中まで傑作の予感がありましたが、何となく尻すぼみに終わった雰囲気は避けられず、あまり上手くいっていない気もするけど、それは監督の慣れてなさが出てしまったというか、変にマイノリティをいつものやりかたで扱えると思わない方がいいと思うし、やはり当事者外の人間が迂闊に手を出すにはしっかりとした準備がいるよね、という話。展開次第ではもっともっと盛り上げる事もできたが、それをあえてしないのもわかる。
●『影裏』ユナイテッドシネマ:H-17
淡々と鬱々しく、そして個々の抱える問題がちらりと顔を出すと、また引っ込んでしまう。この繰り返しでひたすらに悶々としていくだけなので、なんともフラストレーションが溜まってしまう。本当に人間の影の部分をただ見せられたというカードを1枚表にしただけで、残りの全部のカードは裏のまま。これでは何もわからないのも当然になってくる。しかし、どうだろう、その全部の手札をあっぴろげにするのは芸がないのだ。
●『影裏』MOVIX:E-21 
綾野剛さんの演技も、松田龍平さんの演技も申し分無かったと思いますし、この物語の雰囲気はとても伝わってくるし、多少の長さがあっても我慢できるくらいの自分の受け入れ基準もある。劇中では「影の一番濃ゆいところ」と言う表現があるのですが、人間のそういう部分に迫るということですし、タイトルの意味もわかります。いや、わかっていると思い込んでいるだけかもしれません。映画館だとあまり考察しづらいかな。