バイバイ、ヴァンプ!(2020)

ネットを騒がせた問題作の全容は?

映画『バイバイ、ヴァンプ!』のフル動画を無料視聴する方法を、なるべく余計なコストをかけないスタイルで提供して紹介中。
今すぐ『バイバイ、ヴァンプ!』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:バイバイ、ヴァンプ! / 日本(2020年) / 日本公開:2020年2月14日 / 107分 / 制作: / 配給:ロハスプロダクションズ 

映画「バイバイ、ヴァンプ!」予告編(出演:寺坂頼我/祭nine.)

(C)2019「バイバイ、ヴァンプ」製作委員会

動画
▼『バイバイ、ヴァンプ!』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 解約簡単

VOD2【Hulu】 動画中無広告

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『バイバイ、ヴァンプ!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者は毎年増えている!
映画を観るうえでなるべく予算をかけたくないのは普通の感情。応援するうえでも批判するうえでもどんな目的でも映画を視聴しないことには始まりにくいです。そこで映画鑑賞を助けるのが動画配信サービスです。これであればある種の限定的なものですが、無料でも可能になるので、そのチャンスをものにできれば、あまり積極性を発揮できなかったあの作品も興味本位で見ることができます。あとはそれを踏まえて自分の印象をどんどん発信していきましょう。

「無料」より安いものなし!
しかも、初心者歓喜狂乱のギフトになるのが無料体験提供であり、これをスルーしたらそれこそガッカリで凹みます。ディスクコレクションができてしまうだけの豊富な財力がある人はこのページを見ないでしょうが、そうではない場合は初回の無料デジタル鑑賞チャンスをみすみす逃がすなんてしないでしょう。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。植田尚監督の「バイバイ、ヴァンプ!」もすぐ。

話題性だけで手を出さないように!
違法な動画サイト等はどういう動機があるにせよ気を付けてください。それで寺坂頼我出演の「バイバイ、ヴァンプ!」の再生はダメです。最近ではブラウザ側で動画内広告を規制する動きも進んでいますが、たいていの不正サイトはその業界自主制限を回避するずる賢さを持っています。結局のところ大損するのは動画視聴者です。もはや動画の安全性は限られた空間でしか確保されないと考えるべきです。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

迷いを払拭するのならば?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。高野海琉出演の「バイバイ、ヴァンプ!」を視聴できるVODはどれなのかというモヤモヤを抱えて気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

邪魔な広告は無し!
どんなに制限が厳しくなっても動画サイトには広告がつきもので、何かと悪質性の高いものが容赦なく介入してきたりもします。無視すればいいと思っていてもリンククリックと連動して元ページの内容を書き換え、ダミーサイトをいつのまにか開かせるものもあったりして非常に厄介です。フルムビバースには皆無なので動画に専念可能。工藤美桜出演のセンセーショナルな「バイバイ、ヴァンプ!」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

動画はフルの方がいい
フル動画を視聴したいのは当然の反応。テレビ放映で映画が放送されることもありますが、尺の都合でカットされているパターンは多いです。本編ノーカットでもエンドクレジットは早送りというのはよくあります。しかし、このクレジットに仕掛けのある映画もあるのでできればそこもバッチリ観ておきたいところです。VODはそういう制限はないです。DVDと変わらない完全動画を保証していますのでフルムービーをどうぞ。美月音寧出演のヒートアップした「バイバイ、ヴァンプ!」をフル視聴(full)できるという論点を重視していくというのであれば、テレビメディア媒体と比べても総合的にVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法をどういう詳細になっているのかと気にする人もいるでしょう。橋本祥平出演の大問題化した「バイバイ、ヴァンプ!」鑑賞完了後に解約もアリ。解約の手順説明をしましょう。しかしメモするまでもないです。特定のページ(これは各サービスで異なりますが一般的にはアカウント設定から移動できるはずです)にアクセスして契約解除の手続きに進むだけ。数タップの簡単な作業で、他の確認もありません。1分程度で完了するので思いついたときに実行可能です。逆にまた自分のアカウントを再開して動画視聴することもできますので、初期の入力にて利用したメアドやパスを記憶しておくと後々役に立つかもしれません。

その動画サイトは使える?
瀬戸啓太出演の論争の渦中で翻弄されていった「バイバイ、ヴァンプ!」を無料にできます、と以下のようなサイトに誘導されたことはないでしょうか。「Miomio」「BiliBili」「Pandora」「dailymotion」、はたまた「clipwatching」「mixdrop」「openload」「vidia」「cloudvideo」。これらは一見すると何も悪気はないように見えますし、確かに無料そうですが、手を出すべきところではないのです。自己責任を忠告するものもありますが、違法コンテンツサイトを紹介すればそれは間違いなく法的責任を問われるものであり、逃げは効きません。そのような無責任な紹介は一切無視しましょう。

『バイバイ、ヴァンプ!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バイバイ、ヴァンプ!』をさらに知る

名古屋発の7人組グループ「祭nine.」の寺坂頼我が主演を務め、噛まれると同性愛者になってしまうバンパイアによって巻き起された騒動に立ち向かう高校生たちの姿を描いた青春ホラー。エグゼクティブプロデューサーは吉本暁弘、プロデューサーは大勝ミサとGOD。中世ルーマニアから人間と共存し、生きながらえてきた美貌のバンパイアたち。それは常に新しい居場所を求めていたが、ここにきて次の場所を追い求める。新たな王国を築く場所として、日本の茨城県にある私立野薔薇高校に目をつける。それは普通の場所であり、何も変わったところはない。そこに通う高校2年生の小日向京平は、友人たちと毎日を楽しく過ごしていたが、そのいつもの風景は意外なかたちで変化する。ある日、親友の吾郎が怪しい人物に襲われたことで事態は急変。それはにわかには信じられないものだった。無類の女好きであるはずの吾郎が女装し、同性愛者となってしまい、その急変にクラス中が大騒ぎになる。なぜこんなことになってしまったのか。その理由がわからないことで不安は増大していく。巷では町にバンパイアが現れるという真偽不明な噂が流れており、京平たちは推測を立てる。全ての原因はそのバンパイアに噛まれると同性愛者になるということではと考えて、行動を開始するが…。

★『バイバイ、ヴァンプ!』のスタッフ
監督:植田尚
脚本:中村啓、植田尚
撮影:島田貴仁

★『バイバイ、ヴァンプ!』のキャスト(キャラクター)
寺坂頼我(小日向京平)、高野海琉(黒森大牙)、マーシュ彩(黒森夜弥)、工藤美桜、美月音寧、平松賢人(宮田知基)、橋本祥平(田中亮一)、瀬戸啓太(小倉勇気)、とまん(館野吾郎)、私市夢太(荻野七生)、戸田翔、松岡拳紀介、岩義人、藤田晋之介、澤田奈歩、伊藤僑介、澤山璃奈

★雑学(トリビア)
・作品の内容が同性愛蔑視であるとして炎上し、相次ぐ批判の高まりの中で上映中止運動が起こった。公開停止を求める署名キャンペーンが発足されると、LGBTQ当事者やアライらがキャンペーンに賛同し、1万人以上の署名が集まった。制作側は「同性愛を差別する作品ではありません」と反論した。

★『バイバイ、ヴァンプ!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
1.4???1.4
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『バイバイ、ヴァンプ!』の感想

●『バイバイ、ヴァンプ!』無料ホームシアター
この映画を観たうえで意見を言いたい。まず好き好んで映画を批判したい人はいません。みんな素晴らしい作品を鑑賞したいと思っているのですから。作品の価値は人それぞれですから、あくまで感想を語るだけです。でもこの小さな映画に巻き起こった批判はただのうるさいクレームとして片づけるべきではないと思います。なぜならそれはこの作品に出演している俳優のためでもあるのです。人のキャリアがかかっているのです。
●『バイバイ、ヴァンプ!』109シネマズ:D-15 
若手で大人たちが企画した内容にただがむしゃらに乗っかるしかない出演俳優を考えるとこれは不幸としか言いようがない。この作品に出てしまった人たちはこれからもずっと差別作品に出てしまったという烙印を抱えてしまう。それは不可抗力であり、何も悪意がないのにも関わらず。こんな嫌なことがあるだろうか。お願いだから俳優たちのことを考えるならば素直に誠心誠意謝罪をして欲しかった。一部の製作陣のせいなのに。
●『バイバイ、ヴァンプ!』シネマサンシャイン:K-6 
こういう映画にお金を1円も払いたくない人もいるのはわかる。こんなの無視すればいいのにと思う人もいるだろう。でもそういう問題ではないのだ。マイノリティの人が何が辛くて生きているのか。それは無自覚な差別が何気ない作品に浸食し不用意に目の前に突き出される。その恐怖なのだ。愛は自由だという台詞。そんな言葉ではこの苦しさは救われないのだ。綺麗事では済まされない。これが最後になってほしいと願っている。