マクマホン・ファイル(2020)

その事実に気づいたとき、もう手遅れだった

映画『マクマホン・ファイル』のフル動画を無料視聴する方法を、必ず最高環境でしっかりとウォッチできる状況のみを厳選してレコメンド。
今すぐ『マクマホン・ファイル』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Last Thing He Wanted(「ザ・ラスト・シング・ヒー・ウォンテッド」) / アメリカ(2020年) / 日本公開:2020年2月(Netflix配信) / 115分 / 制作:Elevated Films / 配給:Netflix 

アン・ハサウェイ&ベン・アフレック出演『マクマホン・ファイル』予告編 – Netflix

(c)Netflix


▼『マクマホン・ファイル』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【×】
VOD2【×】
VOD3【×】
VOD4【×】
VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)

▼『マクマホン・ファイル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使っている人はどんどん増加!
映画館での鑑賞もいいですが動画配信サービスを利用して見れるフル動画作品も格別なものです。とくにオススメしたいのがNetflixのオリジナル映画です。ここでしか見れないので自慢もできますし、ひとつどころではない多数の映画が揃っているので、大きな魅力があるわけです。辛酸をなめるようなこともなく、映画の専門マーケットのようなもの。スマホにも対応していますし、ダウンロード機能もあるので通信制限を考慮して遠慮するこもないので自由度はかなり高め。当然ながらそれ以外の機器にもフィットしています。

「無料」は全て初心者のため!
ハッピーになるのはこれから。無料コースのトライアルですぐに有料支払いが発生しませんから動画をタダ見できます。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。アン・ハサウェイ主演の「マクマホン・ファイル」もアリ。

脱出できない怖さも!
なお、巷に溢れる引き込まれると逃げにくいイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでベン・アフレック出演の「マクマホン・ファイル」の鑑賞はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。「標準のセキュリティでなんとかなるだろう」と高を括っているとそれでは防御しきれないリスクには対処不可能です。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。しかし、嬉しくてかつ惑わされるのですがVODのサービス数の多さはやや煩雑。配信作品変動もあるとなればその把握は天気よりも予測困難。流動性についていくのは大変です。ロージー・ペレス出演の「マクマホン・ファイル」を視聴できるネットサービスとしてのVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。ブログを羅列したランキングサイトが無数にあるページに誘導するサイトもありますが、それはそうやってアクセス数をミスクリックで稼ぎたいだけの動画無関係な妨害行為です。未知の領域に踏み込むことは勇気がいるのですがVODの場合はそこに無料体験があるので真逆で好機。逃がすわけにはいかないので鷲掴みに!

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「ディー・リース」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点をスコアインデックスで判断するのもOK。感想コメントからこういう映画なのかなと期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はいつまでも色あせないほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。エディ・ガテギ出演の「マクマホン・ファイル」は? 支払いが発生しないといっても永遠のタダではないのはおわかりだと思いますが、基本は初回の一定期間の料金。その期間が過ぎるとそこから初めての支払いに移行します。問題は配信作品のどれが無料なのか。見放題系は全てとして考えていいので言及する必要もないです。しかし、ポイント系のサービスはもらえるポイント内に限定することになるので、例えば2000ポイントもらえて1作400ポイントならば5作は実質無料になるということになります。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。メル・ロドリゲス出演のポリティカルサスペンス「マクマホン・ファイル」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

その動画サイトは使える?
ウィレム・デフォー出演の名著を映像化してみせたサスペンスドラマ「マクマホン・ファイル」を無料で見ないと気が済まないならそれも否定はしませんが、利用する動画サイトは要注意。昔から存在感を密かに持っている「dailymotion」、中国発進の巨大サイトである「Pandora」「Miomio」、動画の重たいファイルデータもやりとりされている「openload」「clipwatching」「mixdrop」。こういうものは検索リンクなどを通して掲載している他サイトのページに行き当たるかもしれませんが、不正な流入になっているのであなたの人生に下手をすれば罪歴がつくことになるかもしれません。無視がベストです。

『マクマホン・ファイル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月18日時点での『マクマホン・ファイル』の動画配信
  • 「Netflix」です。

▼『マクマホン・ファイル』をさらに知る

アン・ハサウェイ、ベン・アフレック、ウィレム・デフォーら豪華キャスト共演で、ジョーン・ディディオンの同名小説を映画化した社会派サスペンス。製作総指揮にはジャミン・オブライエン、ウォルター・ジョスティン、シリル・メグレットなどが名を連ねる。1980年代、政治が揺れ動いているアメリカ。あらゆる危険もものともしない敏腕ジャーナリストのエレナは、父が倒れたとの知らせを受けて病院へ向かう。しかし、なぜか父はわけのわからないことを口走る。それは何かの取引の話らしく、莫大な利益が手に入るという。ひとりで行動できない父に頼まれ、中米での武器取引の世界に足を踏み入れた彼女は、自分でも知らなかった恐ろしい陰謀に巻き込まれていく。それは大国の主体が関与するような巨大な計画であり、絶対に公にはできないものだった。

★『マクマホン・ファイル』のスタッフ
監督:ディー・リース(関連作品:『マッドバウンド 哀しき友情』)
脚本:マルコ・ビラロボス、ディー・リース
撮影:ボビー・ブコウスキー
音楽:タマール=カリ

★キャスト(キャラクター)
アン・ハサウェイ(エレナ・マクマホン)、ベン・アフレック(トリート・モリソン)、ロージー・ペレス(アルマ・ゲレロ)、エディ・ガテギ(ジョーンズ)、メル・ロドリゲス(バリー・セドロウ)、オナタ・アプリール、トビー・ジョーンズ、ウィレム・デフォー

★『マクマホン・ファイル』の評価

IMDbRTMETA
4.36%??
映画comY!FM
3.0???2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『マクマホン・ファイル』の感想

●無料ホームシアター 
最初はかなり硬派な紛争ものに思えてくるし、それ自体は間違っていない。しかし、ジャンルはスパイならぬジャーナリスト潜入ものになってきて、どんどんよくわからない世界に入り込んでしまう。そのまま新しいエリアに入るとそこは地獄か、未知か。凶悪な存在が潜んでいるが、その正体はどこにいってもわからない。それを知るのが主人公の役割だが今になっては自分は終わりに向かって突き進んでいるだけ。終焉だった。
●無料動画ワールドシアター 
これは事件というか当時の時代で起きていた歴史的なイベントを理解していないと不明な部分が多いかもしれないです。この時期はアメリカはいろいろな暗躍をしており、中米をその悪事の拠点にするような、もしくはその不正行為の矛先にするようなことをたくさんしてきました。しかし、この映画はそれを説明するようなものではないので余計に混乱をさせてしまうのです。なるべくサブテキストありきで鑑賞するべきですね。
●FANDANGONOW 
こういう映画を劇場で観ていたらかなりガッカリしたろうけど、ネット動画だから「ふ~ん」で済む。こういうのもあるよねって感じ。豪華俳優を揃えつつもここまで小粒作品を撮れてしまうのだからこのNetflixオリジナルも贅沢である。個人的な好みならばもっと主人公とベンアフレックのキャラが最初から錯綜しあう展開になってほしかったが、あの父とのエピソードに長々と時間をかけすぎてしまったのかもしれない。