ナイチンゲール(2018)

オーストラリアの暗黒の歴史を映し出す

映画『ナイチンゲール』のフル動画を無料視聴する方法を、適度なサービスに限定して安全確実にレコメンド提供します。
今すぐ『ナイチンゲール』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Nightingale / オーストラリア・カナダ・アメリカ(2018年) / 日本公開:2020年3月20日 / 136分 / 制作:Causeway Films / 配給:トランスフォーマー 

【ヴェネツィア映画祭二冠の衝撃作】映画『ナイチンゲール』3月20日(金)公開

(C)2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.

動画
▼『ナイチンゲール』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 翻訳対応

VOD2【Hulu】 ノイズ無し

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ナイチンゲール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使わない手は今や論外!
平凡な映画ばかりを見ているとそういうものしかないと誤解してしまいますが、映画には社会へのインパクトをもたらす、または社会に問題を突きつける作品というのもあります。そんな衝撃的な映画をフル動画でお得に視聴するなら、動画配信サービスを利用しない手はないでしょう。スマートフォンで鑑賞すればひとりでじっくりとウォッチできますし、パソコンはほどよい画面サイズ。テレビならばその迫力はパワーアップします。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。ジェニファー・ケント監督の「ナイチンゲール」もアリ。

目を背けたくなる被害も!
不正な動画ウェブサイトは業界に修復不可能なダメージを与えるので適法性・実用性の二点で非推奨。それでアシュリン・フランシオーシ出演の「ナイチンゲール」の視聴はダメです。不正プログラムなんて本当にあるの?と疑っているかもしれませんが、動画再生の裏では実際に動作しているのです。発覚しづらいですがブラウザの個人ファイルにアクセスを試みたり、カメラ挙動に影響を与えたり、あの手この手の悪意が蠢いています。クリーンなサイトがベストなのは言うまでもなく、それを心掛けることで快適な動画と真の無料が手に入るのです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。サム・クラフリン出演の「ナイチンゲール」フル動画を視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービス)はどれなのかアンサーを探求して気になると思います。疑問を投げ捨てているとろくなことになりません。そこでフルムビバースはお助けします。各作品でVODを視聴可能なものだけ抽出。もちろん時期が経てば更新していくので古すぎる情報にげんなりもしません。無価値無意味なアンテナサイトなどはおさらばです。このフルムビバースは無駄な時間をとらせることなく、最速の理想的なナビゲーションで動画へとスルスルご案内。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際のファーストタッチとなる料金の支払い方ですが、バイカリ・ガナンバル出演のハートをズタズタにさせる取り扱い注意な「ナイチンゲール」を見たい欲求はとりあえずセーブして、クレジットカードの必要性を議論しましょう。クレカがないならスマホキャリアの決済と同時支払いでもOKですので、それが都合がいいなら選択候補にすべきです。プリペイド型のものは不可能と考えてください。ユーザーを偽れるので使用制限がある場合がほとんどです。クレカは作りづらいと考えているかもしれませんが、基本的によほど支払い無視した経験のある人ではないかぎり、初めての作成は大きく苦労はしないはずです。

配信はいつ終わる?
ずっと配信していないのはわかるにしてもそれがいつ終わりとなるのか。これがわからないと利用なんてできないと思っている人もいるはずです。配信終了の日は一部では公表されており、フルムビバースは整理をしています。一方でその終了日が把握しずらいのも一理あって、継続配信してくれるものもあれば、唐突に終わってしまうものもあるのです。結論を言えばこれが言えます。今が観るのに最適です。デイモン・ヘリマン出演の「ナイチンゲール」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに変に後回しにしてしまうことのないように視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。ハリー・グリーンウッド出演の「ナイチンゲール」も無規制で。

その動画サイトは使える?
マイケル・シーズビー出演のバイオレンスでセンセーショナルな「ナイチンゲール」を無料でお目にかかりたい人もゼロではないでしょうし、むしろ多いくらいかもしれません。でもあまり口にはしづらいこと。検索をひとりでしていても良い答えは見つかるでしょうか。「dailymotion」「Miomio」「mixdrop」「vidia」「vidoo」「clipwatching」「cloudvideo」「openload」といった候補になりそうなものが視界に映ったかもしれませんが、それは無視するほうが無難です。そのような動画コンテンツは違法性は見過ごせず、自己責任紹介しているような場所も揃って無法地帯だと見なすことができます。

『ナイチンゲール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ナイチンゲール』をさらに知る

イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子どもの命を将校たちに奪われた女囚の復讐の旅を描いたバイオレンススリラー。製作にはクリスティーナ・セイトン、ブルーナ・パパンドレア、スティーブン・ハッテンスキーなどが名を連ねる。19世紀のオーストラリア・タスマニア地方。ここでは大きな騒乱によって大地は揺れていた。赤く血に染まりながら。盗みを働いたことから自由のない囚人となったアイルランド人のクレアは、一帯を支配するイギリス軍将校ホーキンスに囲われ、酷使されていた。その生活は利用されるだけの屈辱的なものでしかなく、刑期を終えても釈放されることなく、ひたすらに都合のいい労働力として拘束されていた。そのことに不満を抱いたクレアの夫エイデンは必至の訴えをするが聞き入れてもらえない。それどころかキャリア昇進を手に入れられないことに腹を立てたホーキンスは逆上し、仲間たちとともに無抵抗にするしかないクレアを容赦なくレイプし、さらに彼女の目の前でエイデンと子どもを残酷に殺害してしまう。彼女が大切にしていた唯一の希望が全てが消えた。愛する者と尊厳を奪ったホーキンスへの復讐のため、ズタボロになったクレアは先住民アボリジニのビリーに道案内を依頼し、憎き将校らを追跡する旅に出る。必ず死を与えると復讐を誓って…。

★『ナイチンゲール』のスタッフ
監督:ジェニファー・ケント(関連作品:『ババドック 暗闇の魔物』)
脚本:ジェニファー・ケント
撮影:ラデック・ラドチュック
音楽:ジェド・カーゼル

★『ナイチンゲール』のキャスト(キャラクター)
アシュリン・フランシオーシ(クレア)、サム・クラフリン(ホーキンス)、バイカリ・ガナンバル(ビリー)、デイモン・ヘリマン(ルース)、ハリー・グリーンウッド(ジャゴ)、マイケル・シーズビー(エイデン)、ユエン・レスリー(グッドウィン)、チャーリー・ショットウェル

★『ナイチンゲール』の評価

IMDbRTMETA
7.387%77
映画comY!FM
3.6???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ナイチンゲール』の受賞
第75回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞やマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞。

★『ナイチンゲール』の感想

●『ナイチンゲール』無料ホームシアター 
想像していたものより100倍は残酷でショッキングな内容だった。これを平然としている人は心がないか、本質的にバイオレンスな嗜虐性を持っている危ない人間だと言わざるを得ない。人を蹂躙するのはいつだって暴力でそれを否定することはできない。監督はその歴史から逃げなかった。そのことだけでも評価に値するのではないだろうか。もちろんこれで救われるわけではないのだが。それでも映画は作るべきものだった。
●『ナイチンゲール』MOVIX:N-13
あまりの凄惨さに途中退席者続出なんて煽り文句は正直やめてほしいが(安っぽくなる)、その精神的苦痛は確かに納得できる。暴行、レイプ、さらにはその矛先は生まれたばかりの幼い赤ん坊にまで。それをダイレクトに描いてしまう。モザイクも匂わす演出も無しで、そのまま流し込む。それは絶対にこの残虐非道を矮小化させないぞという強い意思を感じる。とにかく意思の強固な映画だったと思う。震える一作である。
●『ナイチンゲール』109シネマズ:J-6 
ナイチンゲールというタイトルに一瞬騙されそうになったがポスターの禍々しい雰囲気からホラーだと思ってしまうかもしれない。でもある意味ホラー映画よりも恐ろしい。身の毛もよだつリアルな世界が目の前に繰り広げられると言葉を失う。オーストラリアの人種差別は悪質というよりはどの世界でもこのような劣悪すぎる凶悪が存在しているのだろう。それは今も変わらない。エンディングにはもがく者の苦悩が残る。