クロース / Klaus(2019)

クリスマス・アニメーションの新たな傑作

映画『クロース』のフル動画を無料視聴する方法を、オフィシャルピックアップでストレートにレコメンド提供しています。
今すぐ『クロース』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Klaus / スペイン(2019年) / 日本公開:2019年11月15日(Netflix配信) / 98分 / 制作:Sergio Pablos Animation Studios / 配給:Netflix 

『クロース』予告編 – Netflix
動画
▼『クロース』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【×】

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)

▼『クロース』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

知らない作品もここですぐに!
最も人気の動画配信サービスはNetflixかもしれません。なぜならオリジナル映画が充実しているのでここでしか見れない作品が魅力になっているからです。さらにユーザーフレンドリーで、登録も解約も簡単というのもお手頃。一番の利点は画質の良さだと言う人もいるかもしれません。動画はどれでも見れますし、テレビも可能。スマホではダウンロード機能で視聴できるので通信制限をあまり気にしなくてもいいかもしれません。そういうメリットで指示されているところもあります。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。セルジオ・パブロス監督のファミリーで満喫できるアニメーション映画「クロース」もアリ。

信頼できない動画サイトもある!
なお、巷に溢れる危険が暗い世界を作っているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでジェイソン・シュワルツマンも声で出ている「クロース」の鑑賞はダメです。不正プログラムなんて本当にあるの?と疑っているかもしれませんが、動画再生の裏では実際に動作しているのです。発覚しづらいですがブラウザの個人ファイルにアクセスを試みたり、カメラ挙動に影響を与えたり、あの手この手の悪意が蠢いています。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。J・K・シモンズも出演の「クロース」を視聴できるVODはどれなのか疑念を膨らませながらも気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。内山昂輝が吹き替えている「クロース」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、自分だけの好みで考えるだけでもいいので、その点でもベストな理想を求めてマッチするものをじっくり考慮してみるのもいいでしょう。

家族一同で仲良く見よう
VODは映画の宝物庫みたいな場所ですが中には子どもには見せたくない映画もあったります。暴力的な映画やセクシャルな作品が並んでいると子どもと一緒に使うのは無理になってきます。そういうときは諦めるしかないのでしょうか。いいえ、大丈夫です。しっかりアカウントを別に切り分けたり、ファミリー用として事前にキッズOKな作品のみだけを表示させることもできるのです。視聴履歴は消せるようになっているサービスもあるので、自分のプライベートな鑑賞リストを見られたくない状況でも効果は抜群で秘匿にできます。「クロース」もキッズと。

高評価作品は観る価値あり
シネマセレクションの時間が至福になるのは定番でしょう。でも世の中には仕事で、学業で、家事で、子育てで、ちょっと余裕がない人もいます。そんな人は映画を観れないのでしょうか。いいえ、判断素材を活かして効果的に見るという方法はあります。とくに受賞歴を見て、話題なものを片っ端から見ていくのはいいはずです。下手なハズレはないですし、自分に合わない作品でもそれがなぜ評価されているのを分析してみるのです。絶大な評価を獲得しているアニメ映画「クロース」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に全く見たことのないものはないでしょうが、それでも新しい感覚を味わえるものはあります。

その動画サイトは使える?
見ていない人は損をしているアニメーションの名作「クロース」を動画サイトで無料視聴できないか探している場合。検索リンクを表示している掲載ページを見つけたかもしれません。でも安易にアクセスするのはケアレスミス以前の深刻な地獄に突き落とされることもあります。例えば「openload」「dailymotion」「Miomio」「mixdrop」「vidia」「clipwatching」「cloudvideo」…他にも無数のサイトが新旧入り乱れています。それらは不正動画コンテンツの溜まり場になっているということを忘れてはいけません。無責任な紹介丸投げサイトは雑なもので動画どころではないです。

『クロース』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月3日時点での『クロース』の動画配信
  • 「Netflix」です。

▼『クロース』をさらに知る

サンタクロースの誕生秘話を新たな視点から2Dアニメの手書きのような独自のタッチで描いたスペイン製長編アニメーション。製作にはジンコ・ゴトー、マリサ・ロマン、マシュー・ティーバンなどが名を連ねる。落ちこぼれの郵便配達員のジェスパーは、暗くて寒いスミレンズブルクの町で、なんとかノルマを達成しないといけない状況になってしまう。しかし、この街は人嫌いで争い合ってばかりだった。これでは郵便の需要すらもない。そこで人を寄せ付けない不思議なおもちゃ職人クロースと出会う。意外なアイディアを見つけてそれを実行してみると案外と上手くいってしまう。これならばもしかしたら仕事を完了できるかもしれない。一緒に町でおもちゃを配達することになった2人の間には友情が芽生え、やがてそれが長年争っていた住民たちの間のわだかまりを解いていく。それは誰もが知っているあの物語の始まりだった。

★『クロース』のスタッフ
監督:セルジオ・パブロス
共同監督:カルロス・マルティネス・ロペス
脚本:セルジオ・パブロス、ジム・マホーニー、ザック・ルイス
音楽:アルフォンソ・ゴンサレス・アギラル

★『クロース』のキャスト(キャラクター)
ジェイソン・シュワルツマン(ジェスパー)、J・K・シモンズ(クロース)、ラシダ・ジョーンズ(アルバ)、ノーム・マクドナルド(モーゲンス)、ジョーン・キューザック(ミセス・クラム)、ウィル・サッソー、ネダ・マルグレーテ・ラバ、セルジオ・パブロス

★『クロース』の評価

IMDbRTMETA
8.294%??
映画comY!FM
4.0???4.1
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『クロース』の受賞
第92回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされた。アニー賞で長編作品賞を受賞。

★『クロース』の感想

●『クロース』無料ホームシアター 
想定していた100倍は感動してしまったので、ちょっとバカにしている人は絶対に見ておいた方がいいです。びっくりして他人に薦めたくなるのは確実です。すごいものがまさかNetflixオリジナルで登場する事態になってしまったとはな~。アニメーション世界でも業界を席巻していくつもりなのか、このサービスは。これを家で動画で見れてしまうのですから本当に良い時代になりました。次がさらに楽しみになってきますね。
●『クロース』無料動画ワールドシアター 
テキトーでうすっぺらい郵便配達員のジャスパーが配属されたことで少しずつ変化していく町。それは全く未知の物語…ではなくしだいに私たちの知っているあの世界になっていく。このシナリオもいいし、さらには演出もいいし、映像も最高。文句のつけようがないクオリティです。かなり極端なデフォルメですがそれで成立させているし、絵本みたいな空気を保っている。クリスマス映画はこれで決まりという感じでしょうかね。
●『クロース』FANDANGONOW 
アニー賞で最多受賞されたのも納得の単なるクリスマスムービーではない大傑作です。子どもはもちろん大人も楽しめるベストオブベスト。迫害や差別されてきた歴史のあるサーミ族との関係性も上手い具合に絡んでくるあたり、とにかく脚本が100点。クロースというからにはオチはわかっているのになぜこんなにも感涙してしまうのか。こんなに良い涙を流したのは久しぶりでした。嬉しかったな。また名作に会えるのかな~。