アキラ AKIRA(1988)

世界を魅了した伝説的な日本アニメ

映画『AKIRA』のフル動画を無料視聴する方法を、旧作であっても確実に揃えてレコメンド提供しています。
今すぐ『AKIRA』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:AKIRA / 日本(1988年) / 日本公開:1988年7月16日 / 124分 / 制作:Tokyo Movie Shinsha / 配給:東宝 

「AKIRA 4Kリマスターセット」(4K ULTRA HD Blu-ray & Blu-ray Disc 2枚組)」2020年4月24日発売告知CM(第一弾)

(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員

動画
▼『AKIRA』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 多機能視聴

VOD2【Hulu】 完全フル

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)

▼『AKIRA』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作にも出会えるチャンス!
昔からずっと語り継がれている映画というのは存在するものです。しかし見たことがない人もいるでしょう。そういうときにお目当てのものに遭遇するチャンスはどうやって手に入れるのか。動画配信サービスであればフル動画へのアクセスは最高にスピードキャッチで手に入れます。スマホでもいいですし、パソコンも使用でき、テレビでの大画面鑑賞でハッスルこともできます。アンケート調査でも支持をされている定番です。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。大友克洋監督の「AKIRA」もアリ。

危険サイトには絶望しかない!
違法な動画サイト等は観たい気持ちを逆手に悪用されてしまうので気を付けてください。それで岩田光央も声で出ている「AKIRA」の再生はダメです。不正サイトはフィルタリングで防ぐのが理想ですが、残念ながら次から次へと新しいサイトが登場しているためにキリがありません。また、実在する正規サイトを装って名称、住所、画像等を無断使用しているケースも。素人判断は厳しいです。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。レジェンドなアニメーション映画「AKIRA」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。「AKIRA」はまだ経年が必須です。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。「AKIRA」のような旧作はもう厳しいです。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。歴史に残った偉大なワールドクラスな名作「AKIRA」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

その動画サイトは使える?
世界的な称賛によってオマージュもたくさんされている「AKIRA」を無料でキャッチ&ホールドするならば、動画サイトを見るのが定番のカードです。動画の老舗サイトで世界的知名度もある「dailymotion」、昔からお供になっている「Pandora」、中国から熱量の高いサイトで日本から使用可能な「BiliBili」「Miomio」、動画アップロードに長けている「mixdrop」「openload」。こういうものは自己責任利用をしていいわけではありません。なぜなら不正ビデオの発生源でもあるからです。もしかしたら紹介しているページを見つけたかもしれませんが、そんなものは通報案件です。

『AKIRA』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月4日時点での『AKIRA』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「Netflix」です。

▼『AKIRA』をさらに知る

漫画家の大友克洋が1982年から「ヤングマガジン」で連載した同名コミックを、大友自らが監督を務めて1988年にアニメーション映画化。近未来の東京を舞台に超能力者と暴走族の少年たちや軍隊が繰り広げる戦いを描き、製作期間3年、総製作費10億円という破格の歳月や労力をつぎ込んで生み出された濃密でハイクオリティなアニメーションが国内外に多くの影響を与えた伝説的な一作。作画監督はなかむらたかし、作画監督補は森本晃司、美術は水谷利春。1988年7月、関東に新型爆弾が落とされて混沌を招く第3次世界大戦が勃発。社会は全てを破壊されてしまい、もう一度再構築するしかなかった。それから31年が過ぎた2019年、東京湾上に築かれた新たな都市(=ネオ東京)は翌年にオリンピック開催を控え、かつての壊滅を乗り越えて復興の努力もあって繁栄を取り戻しつつあった。新しい時代が迫っている。ある夜、職合訓練校に通う不良少年の金田と仲間の鉄雄らは、閉鎖された高速道路でバイクを走らせていたが、思わぬ存在に遭遇してしまう。そこで26号と呼ばれる奇妙な男と遭遇したことで大きな運命が動き出す。その男は、軍と対立するゲリラによって、「アキラ」という軍事機密と間違えてラボから連れ出され、秘密を守り抜こうとする執拗な軍に追われていた。そこへ現れた軍によって、事態はいきなり混乱していき、26号と接触して負傷した鉄雄が連れ去られてしまい…。

★『AKIRA』のスタッフ
監督:大友克洋
脚本:大友克洋、橋本以蔵
キャラクターデザイン:大友克洋
音楽:芸能山城組

★『AKIRA』のキャスト(キャラクター)
岩田光央(金田)、佐々木望(鉄雄)、小山茉美(ケイ)、石田太郎(大佐)、玄田哲章(竜)、草尾毅(甲斐)、鈴木瑞穂(ドクター)、中村龍彦(タカシ;26号)、伊藤福恵(キヨコ;25号)、神藤一弘(マサル;27号)

★雑学(トリビア)
・「AKIRA 4Kリマスターセット」が20年4月23日にブルーレイ発売。それを受けて2020年4月3日から全国のIMAXシアターで4Kリマスター版が劇場公開された。

★『AKIRA』の評価

IMDbRTMETA
8.090%??
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『AKIRA』の感想

●『AKIRA』無料ホームシアター 
勝手にエンターテインメントイメージを持っている人も多いと思うのだが、実際は違う。ダークでグロテスクでオカルティックでポリティカルなメッセージも持つ思想的な映画として誰かに媚びることなく存在している。こういう世界観をしっかり映し出せる度量が今の日本にはないのだろうか。儲けばかり考えている企業がひたすらにオタクを釣るだけのアニメを作ってしまっている日本を見ていると常に悲しい気持ちになる。
●『AKIRA』TOHOシネマズ:M-20
ジャパニメーションと呼ばれるアニメの金字塔がここにある。それを観ないのは損をしている。偉そうな物言いになるがそうは言いきれてしまう作品も珍しい。東京オリンピックの予言をしているのも懐かしい。時期が過ぎてしまえばこれも忘れ去られるのだろうか。あまりにも有名なバイクのシーンは言わずもがな、それ以外でも最高の映像のオンパレードで堪能しましたとも。作品の愛され方が尋常ではないので恵まれてるなぁ。
●『AKIRA』ユナイテッドシネマ:K-18 
1988年の物とは思えない圧倒的画力。これだけあれば永久保存版なのは当然か。だって誰が見ても凄いのだから。混沌としている情勢で治安が心配になってきた昨今、ネオ東京の風景も現実味を増してきているというのは怖いものである。こういうつもりじゃなかったのだけど。これも運命力か。はたまた時代の偶然の一致なのか。アキラ自体はたぶん20年後、50年後と語り継がれるだろうけど、東京は存在するのかは不明だよね。