暗数殺人(韓国映画)

本当は何人殺した? 韓国話題騒然スリラー

映画『暗数殺人』のフル動画を無料視聴する方法を、不要な広告でブロックされることもなく安全環境でレコメンドしています。
今すぐ『暗数殺人』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Dark Figure of Crime / 韓国(2019年) / 日本公開:2020年4月3日 / 110分 / 制作:295 Films / 配給:クロックワークス 

連続殺人犯vs刑事 の息詰まる攻防を描く!『暗数殺人』予告

(C) 2018 SHOWBOX AND FILM295 / BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『暗数殺人』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 不快広告無し

VOD2【Hulu】 安定再生

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『暗数殺人』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用しているみんなが目を輝かせる!
退屈すぎて日常に飽き飽きしていませんか。普通の動画なんて雑なものばかりで嫌ではありませんか。そういうときは映画です。プロフェッショナルな人たちが生み出した究極の物語はスリルを提供してくれることは間違いなし。そこで大事なものは動画配信サービスです。映画館でもいいのですが、見れないことも多いですし、フル動画で好きな時に見るならこのネットサービスの方が臨機応変に対応できます。間違っても無駄な時間を過ごすことはないので充実への一歩になります。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。キム・テギュン監督の「暗数殺人」もアリ。

ダメな危険域には理由がある
なお、巷に溢れる不可逆な被害を与えさせるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで韓国ムービー「暗数殺人」の鑑賞はダメです。具体例を紹介すると動画サイトに多く見られるのが「JS/Adware.Subprop」という悪意のある広告を強制表示させるアドウェアです。この悪名高きマルウェアは日本国内でも世界でも大量に検出されており、不正動画サイトが生息地のひとつになっています。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。ウイルス対策ソフトは導入しておいても損はないのですが、動画コンテンツに無敵というわけではないので注意をしましょう。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。ショッキングサスペンス「暗数殺人」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。「暗数殺人」も試写あり。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「暗数殺人」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

配信はいつ終わる?
ずっと配信していないのはわかるにしてもそれがいつ終わりとなるのか。これがわからないと利用なんてできないと思っている人もいるはずです。配信終了の日は一部では公表されており、フルムビバースは整理をしています。一方でその終了日が把握しずらいのも一理あって、継続配信してくれるものもあれば、唐突に終わってしまうものもあるのです。結論を言えばこれが言えます。今が観るのに最適です。キム・ユンソク出演のコリアン・スリラー「暗数殺人」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるベストタイミングを見計らって視聴するのが一番思い残すこともない安定コースになる安全策です。

その動画サイトは使える?
骨太のクライムサスペンス大作「暗数殺人」が無料で転がっていないかを探すのも良いのですが、それは違法な領域に足を踏み入れないようにしないといけません。警告エリアはいろいろあります。「dailymotion」や「Miomio」は本来は普通の動画サイトでしたが、今ではかなりの無法地帯です。「openload」「clipwatching」などは完全なアウトと断言していいレベルで問題です。それらの検索ページだけを紹介してあとはお好きにどうぞとしているサイトも見かけますが、それだってダメな行為ですので、正当なものだと勘違いをしないようにしてください。

『暗数殺人』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『暗数殺人』をさらに知る

実際の連続殺人事件をモチーフに、7人を殺したと告白する殺人犯と、その言葉に翻弄される刑事の姿を描いた韓国製サスペンスミステリー。誰も信用できない闇深い犯罪の世界に踏み込んでいく。答えを求めて。恋人を殺害して逮捕されたカン・テオから「全部で7人殺した」という突然の告白を受けた刑事キム・ヒョンミン。それが事実ならとても大きな事件であり、無視できるわけはない。しかし、テオの証言以外に証拠はなく、あやふやなことがあまりにも満載すぎて、それゆえに警察内部でもテオの言うことを信じる者はいない。それもまた無理もない話だった。その証言だけでは何も断言できることはない。それでも、テオの言葉が真実であると直感的に確信したヒョンミンは、いろいろな無理があるのも承知の上で、やや滅茶苦茶な手段に出つつも、上層部の反対を押し切り捜査を進めていく。それで事件を掴めるという判断にすがりつきながらの苦肉の策。やがて、テオの証言通りに白骨化した遺体が発見されるが、それでやっと前進をし始めたと思った瞬間、事態は変わる。その途端、テオは「死体を運んだだけ」と証言を覆す。これでは何が本当なのか。ますます情報は混乱していくだけだった。

★『暗数殺人』のスタッフ
監督:キム・テギュン
脚本:キム・テギュン、クァク・キョンテク

★『暗数殺人』のキャスト(キャラクター)
キム・ユンソク(キム・ヒョンミン)、チュ・ジフン(カン・テオ)、チン・ソンギュ、チョン・ジョンジュン、ホ・ジン

★『暗数殺人』の評価

IMDbRTMETA
6.6??%??
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『暗数殺人』の感想

●『暗数殺人』無料ホームシアター 
暗数という言葉を知らない自分にはわからないのかと思ったけど、それは杞憂でしっかり楽しませてくれるのが韓国映画の最高の極み。こういうクオリティこそ信頼の証。刑務所の面談室で行なわれる刑事と受刑者の緊迫した空気が漂いつつも、これは犯罪の闇の中の闇。ダークをとことん見せてくる。真っ暗。全容を把握できないままに何かの恐怖だけが襲ってくる。皮肉にも今の世界を取り巻く恐ろしい状況に一致しているのが…。
●『暗数殺人』MOVIX:S-10
暗数とは、警察が把握してる事件の数と実際に起こっている事件の数の差を表す数字らしいので、これだけでもかなり勉強になったのだけど、これがどう絡んでくるのかという部分での仕掛けが効いてくる。会話劇でもストーリーに欠落はなく、一気に楽しませてくれる。殺人がどういう展開になってくるのかという問題ではない。どこに真実があるかは書けないが確かにこれは考えている。静かな演技で畳みかけるのが本当に上手。
●『暗数殺人』ユナイテッドシネマ:K-6 
韓国のクライム サスペンスは安定して期待に直撃してくれる。公開延期を回避して良かった。人生に趣味は必要不可欠で不要不急ではないのです。目を背けたくなるほど暴力的なシーンもほとんど出てこない。そこで安易に見せるようなものではない。メインはテオとヒョンミンの会話劇であり、上手く練られたシナリオとともに最も緊張感がビリビリと走るのは、何度か訪れるテオが豹変する瞬間であるのは言うまでもないだろう。