在りし日の歌(2019)

喜びも悲しみも一緒に重ねてきた

映画『在りし日の歌』のフル動画を無料視聴する方法を、迷惑千万な広告でしつこく妨害されることなくシンプルに紹介しています。
今すぐ『在りし日の歌』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:地久天長 So Long, My Son / 中国(2019年) / 日本公開:2020年4月3日 / 185分 / 制作: / 配給:ビターズ・エンド 

『在りし日の歌』予告編

(C)Dongchun Films Production

動画
▼『在りし日の歌』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 高品質

VOD2【Hulu】 多機能視聴

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『在りし日の歌』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及はどんどん進んでいる!
ツラく苦しい時代にあってもアットホームな映画を鑑賞することで癒される瞬間があります。シアターで見ることができない人は動画配信サービスを使っていくことを検討するとよいでしょう。ネットさえあれば映画は隣に置けます。フル動画で映画を視聴するのは大きなメリットですが、スマホ、パソコン、タブレット、テレビなど自由に選択できるのも利点です。知らない人にもガンガン進めることで映画トークが捗るでしょう。これで映画館が機能しなくなっても安心です。今では利用者はディスク以上に普及の伸びを示しています。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。ワン・シャオシュアイ監督の「在りし日の歌」もアリ。

アウトサイトは恐ろしいだけ!
あちこちに蔓延る不正な動画ウェブサイトはどういう問題が抱えているかもわからないもので適法性・実用性の二点で非推奨。それでワン・ジンチュン出演の「在りし日の歌」の視聴はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。ヨン・メイ出演の「在りし日の歌」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。「在りし日の歌」などもOK。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。アイ・リーヤー出演の「在りし日の歌」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるカレンダーの日付をチェックしつつもここだというタイミングで視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は絶対に手放したくないほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。チー・シー出演の中国映画「在りし日の歌」は? 無料といってもサービス内の何から何までが見れるというわけではないこともあります。その範囲がどういうものになっているのか。大きく2種類にセパレートできると考えてください。HuluやNetflixのような見放題系は原則的に全てが見れるので心配はいらないでしょう。一方でU-NEXTやdTVのようなものはポイントの範囲内で選択できる作品のみが実質的に無料になってきます。それをオーバーすると有料で支払うことで個別作品を見れるという仕様です。

その動画サイトは使える?
ワン・ユエン出演のエモーショナルなヒューマンドラマ「在りし日の歌」が無料で氾濫しているということはないにせよ、残念ながら非合法なものはあるものです。それは地雷であり、踏んではいけません。ここに爆弾がありますと看板を出すわけにはいきません。でも危険地帯を教えることはできます。「dailymotion」や「Miomio」はレッドゾーン、「openload」や「clipwatching」は完全なアウトゾーン。それ自体は悪気はなくとも悪用者が多すぎるのです。正当性というものはないです。自己責任でどうにかなるものでもありません。権利者以外は通報できませんが関わらないことは可能です。

『在りし日の歌』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『在りし日の歌』をさらに知る

『北京の自転車』『我らが愛にゆれる時』で知られる中国第6世代の名匠ワン・シャオシュアイが、ワン・ジンチュンとヨン・メイを主演に迎えて描いたヒューマンドラマ。1980年代から2000年代の激動の中国を背景に、喜びと悲しみ、出会いと別れを繰り返しながらも共に生きていく夫婦の姿を映し出す。ここには人生があった。生きていく感情もあった。国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、そこまでの裕福さを手にしているわけではないが、中国の地方都市で幸せに暮らしている。しかし、唐突に大きな不幸を味わうことになってしまう。大切なひとり息子シンシンを事故で亡くしてしまったことで、平穏な幸せはズタズタに消えてしまった。悲しみに暮れるふたりは住み慣れた故郷を捨て、どこかに彷徨うに出ていってしまう。親しい友人とも距離を置き、なんとも言えない孤立に沈んでいく。まるで痕跡を消していくように、誰も自分たちのことを知らない町へと移り住む。そして時は流れ…。

★『在りし日の歌』のスタッフ
監督:ワン・シャオシュアイ(関連作品:『我らが愛にゆれる時』)
脚本:ワン・シャオシュアイ、アー・メイ
撮影:キム・ヒョンソク
音楽:ドン・インダー

★『在りし日の歌』のキャスト(キャラクター)
ワン・ジンチュン(リウ・ヤオジュン)、ヨン・メイ(ワン・リーユン)、アイ・リーヤー(リー・ハイイエン)、チー・シー(シェン・モーリー)、ワン・ユエン(リウ・シン)、ドゥー・ジャン(シェン・ハオ)、シュー・チョン(シェン・インミン)、リー・ジンジン(ガオ・メイユー)、チャオ・イエングオジャン(チャン・シンジエン)

★『在りし日の歌』の評価

IMDbRTMETA
7.7100%??
映画comY!FM
4.1???4.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『在りし日の歌』の受賞
第69回ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞(銀熊賞)・最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

★『在りし日の歌』の感想

●『在りし日の歌』無料ホームシアター 
主演二人に感動して、ドラマに感涙して、全てに震えた。時間軸を組み替える手法は、全編を通して描かれる人々の深層心理が変化する様を知るにあたって、単なる説明に終わることもなく、あたかも推理劇を観るかのような効果を生んでいる。それは大きな語り部を必要とせず、そこにあるだけの物語で理解を生み出すと同時に、安易なドラマのオチでは終わらせない。暖かい作品というだけでは片づけられないが味わいは最高だ。
●『在りし日の歌』ユナイテッドシネマ:R-3
一人っ子政策時代から始まり現代に至る中国の大きな変化を背景にしているので社会派なのかと思うがそうでもない。もしかしたら私はその社会の事情を理解していないかもしれない。それでも気になるものではなかった。マントウをあんなに美味しそうに映してくれる。これは食べ物映画でもあるのだ。いずれも非の打ち処なく、圧倒的な余韻は深く、中国映画は本気を出してきているのだなと思った。これぞウケではない名作だ。
●『在りし日の歌』109シネマズ:K-6 
パンデミックな事態で緊急事態になってしまったので上映しているところがほぼないのですが、そんな悪運も吹き飛ばしたいくらいに名作。見逃した人は覚えておいてほしい。そして必ず鑑賞をしてほしい。これは凄い作品です。ほとんどシームレスに時間軸が入り乱れて進んでいくという構成はクエスチョンマークになるが、しだいにわかってくるので大丈夫だと思います。在り日の歌という題名もそういう意味だったのか~。