白い暴動(ドキュメンタリー)

鳴らせ、闘いの音楽を。

映画『白い暴動』のフル動画を無料視聴する方法を、迷惑な問題だらけで困惑しかない広告は除去したうえでスッキリ紹介。
今すぐ『白い暴動』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:White Riot / イギリス(2019年) / 日本公開:2020年4月3日 / 84分 / 制作: / 配給:ツイン 

映画『白い暴動』予告編
動画
▼『白い暴動』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 安定再生

VOD2【Hulu】 不快広告無し

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『白い暴動』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及していないわけがない!
動画配信サービスを知っているでしょうか。それは聞いたことがあっても、よくわかっていない人もいるかもしれません。ネット動画は低画質なのでしょうか。有名作しかないのでしょうか。それは全部違います。最高のクオリティで、ドキュメンタリーだって揃っているのです。しかもフル動画ですので全く問題はありません。アンケート調査によれば利用している人はどんどん増えており、全く知らない人も珍しくなってきました。スマホだけしか使えないわけではないのです。タブレットだってパソコンだってテレビでも対応をしており、作品自体の追加もかなり頻繁なので充実しています。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。ルビカ・シャー監督の「白い暴動」もアリ。

うっかり手を出すと大変に!
なお、巷に溢れる深刻性が増していくばかりのイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでレッド・ソーンダズ出演の「白い暴動」の鑑賞はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。ウイルス対策ソフトはそこまでの過信をしない方がいいです。ないよりはある方がいいのですが、動画由来の危険を排除はできないのです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。ロジャー・ハドル出演の「白い暴動」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

配信はいつ終わる?
ずっと配信していないのはわかるにしてもそれがいつ終わりとなるのか。これがわからないと利用なんてできないと思っている人もいるはずです。配信終了の日は一部では公表されており、フルムビバースは整理をしています。一方でその終了日が把握しずらいのも一理あって、継続配信してくれるものもあれば、唐突に終わってしまうものもあるのです。結論を言えばこれが言えます。今が観るのに最適です。歴史に刻まれた躍動を映し出すドキュメンタリー「白い暴動」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できる時間を自分の都合を見計らって考えてここぞという瞬間に視聴するのが一番思い残すこともないベターな安全策選択肢です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。思わず観たことを自慢したくなるドキュメンタリー「白い暴動」もブックマーク。気になる動画を円滑に整理していち早く視聴することはかなりの大事なポイントになってきます。ぜひともこの機能をフル活用してみましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。圧倒的なエネルギーが爆発している「白い暴動」が無料で見たいという欲望があってもそんな悪魔のささやきに誘われると煉獄で酷い苦痛を無料で味わうのです。しかも警察だって助けてくれません。法的な問題はあれど警察は一切無視してくるので全ては狸寝入りするしかなく、悔し涙を流すだけ。

その動画サイトは使える?
ロック・アゲインスト・レイシズムを追いかける「白い暴動」が無料で転がっていないかを探すのも良いのですが、それは違法な領域に足を踏み入れないようにしないといけません。警告エリアはいろいろあります。「dailymotion」や「Miomio」は本来は普通の動画サイトでしたが、今ではかなりの無法地帯です。「openload」「clipwatching」などは完全なアウトと断言していいレベルで問題です。それらの検索ページだけを紹介してあとはお好きにどうぞとしているサイトも見かけますが、それだってダメな行為ですので、正当なものだと勘違いをしないようにしてください。

『白い暴動』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『白い暴動』をさらに知る

1970年代後半のイギリスで、音楽を通して人種差別撤廃を主張し続けた若者たちによるムーブメント「ロック・アゲインスト・レイシズム」に迫ったドキュメンタリー。製作総指揮はポール・アシュトン。経済が破綻状態にあった当時のイギリス。それは大きな混乱を生んだだけでなく、将来の不安定さを背景にした二次被害を起こしていた。国民の不安と不満は、第2次世界大戦後に増加した移民たちへと転嫁され、果てしなく増大していき、イギリス国民戦線を中心とする過激な排外主義運動が高まっていた。それは収拾がつかない。憎しみや怒りが連鎖し、蓄積されていく。街に暴力があふれかえる中、芸術家のレッド・ソーンダズら数人の若者たちが、黙っているわけにはいかないと行動に出ることにする。人種差別に対してロックで対抗する組織「ロック・アゲインスト・レイシズム」を発足。それは今できることの精一杯。彼らの発信するメッセージは、ザ・クラッシュ、スティール・パルスなどのパンクやレゲエ音楽と結びつき、現状に対する声を発散する場所として形成されていき、多くの若者たちに支持されていく。

★『白い暴動』のスタッフ
監督:ルビカ・シャー
脚本:エド・ギブス、ルビカ・シャー
撮影:ズザンネ・ザラバティ
音楽:アイスリング・ブラウワー

★『白い暴動』のキャスト
レッド・ソーンダズ、ロジャー・ハドル、ケイト・ウィットマン、デニス・ボーベル、ポーリーン・ブラック、ミカエル・ライリー、トム・ヒードン

★『白い暴動』の評価

IMDbRTMETA
7.7??%??
映画comY!FM
3.4???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『白い暴動』の感想

●『白い暴動』無料ホームシアター 
芸術が権力に立ち向かうのをバカにする日本人がいまだに多い。でもどうだろうか。ロックアゲインストレイシズムの存在を知ることでその考えが根底から間違っていることを証明できるだろうか。いやそんな能無しにはこの音楽のメッセージも届かないのではないか。賛同するミュージシャンたちは差別と闘う。その理由はなんだろうか。それが音楽の意味だからだ。レコード会社を儲けさせる商品を作るだけの存在ではないのだ。
●『白い暴動』MOVIX:J-16
排外主義や保守的傾向が強くなる世相に対し、何か行動を起こすことを良しとしない人たちもいる。それを責めているだけの奴と相手にしない人たちだ。でも「それはおかしい!」「NO!」を唱えた若者たちの中の数人で発足されたロック・アゲインスト・レイシズム、略称RARは、愚かに見えるだろうか。自主出版の雑誌や音楽を武器にプロパガンダを展開することはこれぞアーティストのあるべき姿ではないのか。そう感じた。
●『白い暴動』ユナイテッドシネマ:H-5 
デイビッド・ボウイやエリック・クラプトンまでも白人史上主義者を支持し差別発言をしていたということはショックだが、今でも著名人がそういう行動をとっているし、日本もなのだから他人事ではないのである。ヘイトスピーチや人種差別が渦巻く現代に刺さる。刺さりまくる。白い暴動はいつの時代も求められている。これはドキュメンタリーではない。警告として受け取っておこう。音楽はこれがないと死ぬのである。