アースクエイクバード / Earthquake Bird

日本を舞台にしたミステリアスドラマ。真実はどこにあるのか

映画『アースクエイクバード』のフル動画を無料視聴する方法を、アクセスしづらいリンクの大量掲載などをせずにシンプルに紹介しています。
今すぐ『アースクエイクバード』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Earthquake Bird(「アースクエイク・バード」) / アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年11月8日(劇場)2019年11月15日(Netflix配信) / 106分 / 制作:Scott Free Productions / 配給:Netflix 

『アースクエイクバード』予告編 – Netflix
動画
▼『アースクエイクバード』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【×】

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)

▼『アースクエイクバード』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あんな映画を観たいのならば!
映画館だけが映画を観れる場所というわけではありません。ネット動画という存在感も今では無視できないものに進化しました。とくに動画配信サービスは時代の急先鋒です。アンケート調査によればNetflixの利用率は圧倒的な増加を見せています。新しいものはどんどん増え、なによりもオリジナル作品が充実。そこでしか見れないという魅力がユーザーの増加を引き立てています。思ってもみない映画に出会えるという新しい機会になってきました。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。ウォッシュ・ウエストモアランド監督の「アースクエイクバード」もアリ。

動画は手を出す前にサイトの安全性を!
なお、巷に無数に溢れる悪質さが際立っているイリーガルな動画サイトの利用にはかなり要注意。それでアリシア・ビカンダー出演の「アースクエイクバード」の鑑賞はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。ライリー・キーオ出演の「アースクエイクバード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

動画再生は快適?
お目当ての映画をじっくり違和感なく見るためにも動画再生の安定度は気になる部分ですが、批判されやすい運営側に口火を切るのではなく、まずはユーザーの通信環境の影響も大きいのでいろいろ考えるべきです。小林直己出演の「アースクエイクバード」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「アースクエイクバード」合法視聴方法をガンガンと好きなように拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法をじっくり確実に気にする人もいるでしょう。ジャック・ヒューストン出演の「アースクエイクバード」鑑賞完了後に解約もアリ。解約できるかどうかを悩みの種にしている人はいます。確かに世の中にはそういう詐欺もあったり、不便な契約を強制してくるものもありました。しかし、VODはどれもワンタッチで済ませられるものです。専用ページからその場ですぐに利用停止にできます。停止すれば料金の発生はもうありません。アプリをアンインストールしただけでは意味がないので、しっかり退会の手続きをとってください。電話するなどの作業はありませんので、思いついた瞬間にできます。

その動画サイトは使える?
祐真キキ出演の日本要素が光るミステリアスドラマ「アースクエイクバード」を無料で見れないかな?とキョロキョロしているといろいろなものが目につきます。その動画サイトは…例えば「dailymotion」でしょうか。「Pandora」ですか。「Miomio」だったりしますか。「openload」や「mixdrop」のようなアップロードサイトに行き当たった人もいるのでは? しかしそういうものは自己責任でどうにかなるものでもありませんし、紹介に対して安易に鵜呑みにするものでもないです。違法はどうあっても覆せないので関わってしまえばあなたも捜査対象になってしまうこともゼロではありません。

『アースクエイクバード』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アースクエイクバード』をさらに知る

日本在住経験のあるイギリス人作家スザンナ・ジョーンズの同名小説を原作に、日本人の写真家と恋に落ちた外国人女性が三角関係に悩まされ行方不明の末に殺された友人の殺人容疑をかけられてしまう様子を描いたサスペンスミステリー。製作にはリドリー・スコット、ケビン・J・ウォルシュ、マイケル・プラスなどが名を連ねる。ある時、日本で暮らしていた外国人女性リリーが急に行方不明になり、やがて死体となって発見される。それは謎の多い事件だった。友人であるルーシーに容疑がかけられるが、それに関してはルーシーは答えを濁し、事情聴取にも反発的な対応をとる。実は2人の女性の間にはミステリアスな日本人カメラマン、禎司の存在があった。過去が思い出されていくとどこかで歯車が転げ落ちたのかが判明していくことになる。

★『アースクエイクバード』のスタッフ
監督:ウォッシュ・ウエストモアランド(関連作品:『コレット』)
脚本:ウォッシュ・ウエストモアランド
撮影:チョン・ジョンフン
音楽:アティカス・ロス、レオポルド・ロス、クラウディア・サーン

★『アースクエイクバード』のキャスト(キャラクター)
アリシア・ビカンダー(ルーシー)、ライリー・キーオ(リリー)、小林直己(禎司)、ジャック・ヒューストン、祐真キキ、増田健一、佐久間良子、山村憲之介、室山和廣、岩瀬晶子、クリスタル・ケイ、川面千晶、漆原直美、阪田智靖、佐々木省三、山本千愛、泉山千恵、高橋李久、吉田幸矢、細川唯、松岡未紗

★『アースクエイクバード』の評価

IMDbRTMETA
5.950%??
映画comY!FM
3.0???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『アースクエイクバード』の感想

●『アースクエイクバード』無料ホームシアター 
日本人カメラマンを演じる「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己の英語が聞けるということでそこも一見の価値ありなのだがそれ以外にも予想外の見ごたえはある。ただし忠告ではあるが見やすさはない。ミステリーとしてのメリハリがあまりないからである。大きなトピックとしても浮かんでくるものはないので何を描いているのかずっとテーマは見えてこない。下手をすると読めない人はわからないまま終わるだろう。
●『アースクエイクバード』無料動画ワールドシアター 
日本を舞台にした作品「ブラック・レイン」を思わせるダークなトーンも随所に感じられるというセンスがずっしり漂っている。やはりアリシア・ヴィキャンデルはいいものだなと思った。うっすらと存在感を発揮できるのがいい。目立ち過ぎないのもいい。これは日本人ウケするのにあまりヒットしていないのが悲しい。この女優の逸材に気づいてほしいのに。ストーリーの構造を掴みづらかったので、2度目の鑑賞でよくわかる。
●『アースクエイクバード』FANDANGONOW 
冒頭の東急田園都市線中央林間行きとか、100系時代の上越新幹線とか芸が細かいし、さすが原作者が日本住み経験ありで作っているだけはある。アースクエイクバードという鳥が映し出すのは不吉さなのか吉兆なのか。異国の世界で生きる不安定さが描かれていると私は感じているのだが。不穏な世界観に何かを期待してしまい、そして何かを通過してしまったことがわからない。このクエスチョンにどう答えるのか。悩ましい。