コリーニ事件 / Der Fall Collini|無料動画をフル視聴している配信は?【ドイツ映画】

戦後ドイツの不都合な真実とは?

映画『コリーニ事件』のフル動画を無料視聴する方法を、社会派作品も揃えている万全のサービス推薦でレコメンド紹介しています。
今すぐ『コリーニ事件』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Der Fall Collini(The Collini Case) / ドイツ(2019年) / 日本公開:2020年6月12日 / 123分 / 制作: / 配給:クロックワークス 

『コリーニ事件』本予告 6/12(金)公開

(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

動画
▼『コリーニ事件』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高品質

VOD2 Huluで動画を見る 完全フル

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『コリーニ事件』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

隠れた名作にも光を!
社会的問題をクローズアップするだけではないディープな映画を観るなら映画館でもいいのですが、追いきれない場合は動画配信サービスもひとつの手です。ドイツの作品だけを集中的に見たい場合もどんどん活用できます。需要に適応できるのが最高の逸材と言える理由。スマホでもいいですし、その場合は事前にインストールしたうえでダウンロードして動画をローカル状態で通信容量をとらずに視聴できるので制限も気になりません。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。マルコ・クロイツパイントナー監督の「コリーニ事件」もアリ。

闇に沈んでいる動画は危うい!
なお、巷に溢れる危険を充満させているイリーガルな動画サイトの悪用利用には要注意。それでエリアス・ムバレク出演の「コリーニ事件」の鑑賞はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。「コリーニ事件」はそんなもので無駄にすべきではないです。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。アレクサンドラ・マリア・ララ出演の「コリーニ事件」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。「コリーニ事件」も逃がしません。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

試写も良いけど…
最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。「コリーニ事件」のようなヨーロッパ各国作品も試写はあります。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際のベースになってくる基礎料金の支払い方ですが、ハイナー・ラウターバッハ出演の「コリーニ事件」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。「コリーニ事件」を見てからでも観終わってからでもどっちでもいいのですが。

海賊版サイトは無料ではありません
ドイツ映画「コリーニ事件」を見たい気持ちは強まりましたか? 巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。フランコ・ネロ出演の「コリーニ事件」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

その動画サイトは使える?
ピア・シュトゥッツェンシュタイン出演のシリアスドラマ映画「コリーニ事件」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。「コリーニ事件」も正しく。

『コリーニ事件』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『コリーニ事件』をさらに知る

ドイツの現役弁護士作家フェルディナント・フォン・シーラッハの世界的ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。『コリーニ事件』の製作はクリストフ・ムーラー、カースティン・シュミットバウアー、マルセル・ハルトゲス。新米弁護士カスパー・ライネンは、まだまだ経験は浅いものの、ある殺人事件の国選弁護人を担当することになり、意気込んでいたが思わぬ展開になるとは考えてもいなかった。それはドイツで30年以上にわたり模範的市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが起こしたという事件。ベルリンのホテルで経済界の大物実業家を殺害した事件で、自分にも関係してくることになっているとは想定外だった。つまり被害者はライネンの少年時代の恩人だったのである。こうなってくるとただ事ではない。しかもそれでは終わらない実態が浮かんでくる。調査を続ける中で、ライネンは自身の過去やドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして社会を震撼させていくような驚くべき真実と向き合うことになる。

★『コリーニ事件』のスタッフ


監督:マルコ・クロイツパイントナー
脚本:クリスティアン・ツバート、ロバート・ゴールド、イェンス=フレドリク・オットー
撮影:ヤクブ・ベイナロビッチュ

★『コリーニ事件』のキャスト(キャラクター)


エリアス・ムバレク(カスパー・ライネン)、アレクサンドラ・マリア・ララ(ヨハナ・マイヤー)、ハイナー・ラウターバッハ(リヒャルト・マッティンガー)、フランコ・ネロ(ファブリツィオ・コリーニ)、ピア・シュトゥッツェンシュタイン(ニーナ)、マンフレート・ザパトカ(ハンス・マイヤー)、ザビーネ・ティモテオ(イェニファー・ラスコブ)、ライナー・ボック(ライマース)、ペーター・プラガー(ベルンハルト・ライネン)、カトリン・シュトリーベック(裁判長)、サンドロ・ディ・ステファノ(クラウディオ・ルケージ)、レオナルド・オルソリーニ(9歳のファブリツィオ・コリーニ)、ヤニス・ニーブナー(若い頃のハンス・マイヤー)

★『コリーニ事件』の評価

IMDbRTMETA
7.2??%??
映画comY!FM
4.0???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.5

★『コリーニ事件』の感想

●『コリーニ事件』無料ホームシアター 
心に染み入る良作に出会えた喜び。弁護士なりたてのカスパーが初めて弁護を担当するのは、彼の恩人を殺したコリー二という導入になってくる。これだけでも何が起こるかはわからない。初めは黙秘するコリー二で、徐々に反応を見せるようになっていくと、それを解き明かして行く後半は一気にテイストが変わっていき、まさかの真実が暴露される。戦時中のドイツ、戦後のドイツ。知らない事実にこそ私たちの実態が出るのだ。
●『コリーニ事件』ユナイテッドシネマ 
ドイツらしい過去の忌まわしい事件。これぞドイツ映画であると思った。変な邦題にしなかったのもありがたい。これは台無しになることもあり得るだろうからね。その狂気の時代に生きていて人の命の重さをかえりみる事が出来なかったことを 何事もなかったかのように平然と蓋をしてしまう事の怖さというのが銃弾よりも被害を残していく。爆弾よりも広範囲に燃えあとを残す。そんなことを考えたことはあるのだろうか。
●『コリーニ事件』109シネマズ 
丁寧に作り込まれた物語があるのでそれなりにドンと展開される長さが嫌味にならず、余計に引き込まれる展開で、濃厚な法廷劇に映画館の全体が固唾をのんで見守っている気分です。傍聴席にいるような感覚ですね。議事録を作成しない何処かの国の末路等を空想しながら余韻を楽しむこともできるが、これは重たいし、暗いけど、反省の中で見直すドイツの姿勢もあるからいいのだ。人間はやっぱりこういう作品を生まないと…。