エジソンズ・ゲーム / The Current War|フル動画を無料視聴する方法【字幕と吹替に対応】

天才たちのプライドを賭けた対立が勃発!

映画『エジソンズ・ゲーム』のフル動画を無料視聴する方法を、一発で視覚的に判断できるようにシンプル整理で紹介しているので安全です。
今すぐ『エジソンズ・ゲーム』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Current War(「エジソンズゲーム」「カレント・ウォー」) / アメリカ(2019年) / 日本公開:2020年6月19日 / 108分 / 制作:Bazelevs Company / 配給:KADOKAWA 

映画『エジソンズ・ゲーム』予告編/ベネディクト・カンバーバッチ主演最新!
THE CURRENT WAR: DIRECTOR'S CUT (2019) | Behind the Scenes of Historical Drama Movie

(C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『エジソンズ・ゲーム』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『エジソンズ・ゲーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

知らないのは損失です!
実話で会ったり実際に存在した人物(著名人)にスポットを当てた作品は見ているだけでもいろいろな学びを得ることもできて、教科書を読むよりも役に立ったりします。そんな映画を漁るなら動画配信サービスを積極的に活用していきましょう。レンタルショップよりもすぐに扱えるのであまり難しいことを考えずにネット配信を満喫できます。案外とネットに慣れていない人でも使い方を身に着けるのは簡単なので初めての一歩でもお気軽にできます。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。アルフォンソ・ゴメス=レホン監督の「エジソンズ・ゲーム」もアリ。

それは罠かもしれません!
不正な動画ウェブサイトはあまり感心できないという以前に適法性・実用性の二点で非推奨。それでベネディクト・カンバーバッチ出演の「エジソンズ・ゲーム」の視聴はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。マイケル・シャノン出演の「エジソンズ・ゲーム」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。「エジソンズ・ゲーム」にもダイレクトでいけます。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

あなたはどっち派?
ドラマの降り重ねが魅力な「エジソンズ・ゲーム」は俳優もたくさん。海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。ニコラス・ホルト出演の「エジソンズ・ゲーム」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

パスワードは大事
偉人たちが総出演することになるゴージャスな映画「エジソンズ・ゲーム」の視聴の前に大事なことです。バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全なキャサリン・ウォーターストン出演の「エジソンズ・ゲーム」動画体験をするにはしっかりチェックすべき大事な基礎ルールです。

悪いサイトを追い出すために
トム・ホランド出演の「エジソンズ・ゲーム」は観たいけど注意もあります。海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「エジソンズ・ゲーム」合法視聴方法を善意で拡散しましょう。

その動画サイトは使える?
タペンス・ミドルトン出演のサスペンスフルなビジネスドラマ「エジソンズ・ゲーム」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。「エジソンズ・ゲーム」も正しく。

『エジソンズ・ゲーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エジソンズ・ゲーム』をさらに知る

発明王エジソンとライバルたちがアメリカ初の電力送電システムをめぐって繰り広げたビジネスバトル=電流戦争を映画化。『エジソンズ・ゲーム』の製作総指揮にはマーティン・スコセッシ、スティーブン・ザイリアン、ギャレット・バッシュなどが名を連ねる。19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。これによって人々の生活は一変する可能性が高い。しかし、当事者は今大きな問題を抱えているのだった。白熱電球の事業化を成功させた天才発明家エジソンは、大統領からの仕事も平然と断る傲慢な男だったが、何よりも彼を特徴づけているのはプライドによって相手を圧倒しようとする強欲さ。実業家ウェスティングハウスが交流式送電の実演会を成功させたというニュースに激怒したエジソンは、それで黙っているわけもなく、行動を開始する。ネガティブキャンペーンで世論を誘導するという、あくどいやりかたで相手を追い詰めていくが、それで終わりではない。事態は訴訟や駆け引き、裏工作が横行する世紀のビジネスバトルへと発展していくが、それはただのビジネスの世界では収拾できない状況になり、人の死にもつながっていく。

★『エジソンズ・ゲーム』のスタッフ


監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン(関連作品:『ぼくとアールと彼女のさよなら』)
脚本:マイケル・ミトニック
撮影:チョン・ジョンフン
音楽:ダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズ

★『エジソンズ・ゲーム』のキャスト(キャラクター)


ベネディクト・カンバーバッチ(トーマス・エジソン)、マイケル・シャノン(ジョージ・ウェスティングハウス)、ニコラス・ホルト(ニコラ・テスラ)、キャサリン・ウォーターストン(マーガリート・ウェスティングハウス)、トム・ホランド(サミュエル・インサル)、タペンス・ミドルトン(メアリー・エジソン)、スタンリー・タウンゼント(フランクリン・ポープ)、マシュー・マクファディン(JPモルガン)

★『エジソンズ・ゲーム』の評価

IMDbRTMETA
6.560%55
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.5

★『エジソンズ・ゲーム』の感想

●『エジソンズ・ゲーム』無料ホームシアター 
ディレクターズ・カット版とワインスタイン・カット版があるらしいけど、後者はぐたぐちゃでつまらないらしいので前者で全然OKでしょう。わざわざクソ編集版を見る必要性はありませんから。アベンジャーズの「至高の魔術師」を演じたカンバーバッチが助手にまさかのクモ少年だったトム・ホランドを引き連れて「メンローパークの魔術師」を演じるというのはウケ狙いなのだろうか。でもそれはそれで気になっちゃうのが困る。
●『エジソンズ・ゲーム』ユナイテッドシネマ:U-10
シカゴ万博の映像と電気椅子での処刑のシーンはクライマックスとしてワクワクするし、エジソンのなかなかの嫌な奴っぷりは酷い。これでは現代ならばパワハラ男になって告発されて終わっていただろう。ずいぶんとでかい顔をしているがこんなものなのかもしれない、偉人の素顔というのは。過去の天才たちが残してくれたもので今の生活が成り立っているのだがそれがなくても別の優秀な人が考え出せたのではないのだろうか。
●『エジソンズ・ゲーム』シネマサンシャイン:E-7 
電流戦争の真実は残酷なものだった。エジソン=善人、ウェスティングハウス=悪者の図式を勝手に作り上げていると痛い目に遭う。これはそんな小学生向けの映画ではない。トム・ホランドのインサルは途中でもバカにされているけど、実際はもっとこいつもヤバい奴だったと聞いて、この世界はダメ人間しかいないのかと思ったりもする。ゲームのようなわかりやすい勝負ではないが、リアルで起きているビジネスもこうなのか。