ソニック・ザ・ムービー|フル動画を無料視聴で試せます【字幕と吹替で面白さ倍増】

宇宙最速のオレについてこれるか!?

映画『ソニック・ザ・ムービー』のフル動画を無料視聴する方法を、シリーズがあるものでも1作目から振り返られるかたちで紹介。
今すぐ『ソニック・ザ・ムービー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Sonic the Hedgehog(「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「ソニックザムービー」) / アメリカ(2020年) / 日本公開:2020年6月26日 / 100分 / 制作:Sega Sammy Group / 配給:東和ピクチャーズ 

<公開中!>『ソニック・ザ・ムービー』日本版予告

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『ソニック・ザ・ムービー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る ポイント動画

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ソニック・ザ・ムービー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

全員の満足につながる!
動画配信サービスをオススメされることは増えましたが、それでも自分には関係ないと避けている人はいませんか。それはもったいない話ではなく、かなりの損失になります。なぜなら映画鑑賞の主流な手段になっているのです。すでにDVDは出番がなくなってきました。スマホでも見られますし、テレビでもOKなので大きなメリットになっており、対応力はこれ以上のものがないほどです。スクリーンもいいですが、ネット配信にも親しんでみるのはいいのではないでしょうか。映画の1作目はここから入るのでも最適です。「ソニック・ザ・ムービー」動画へ直送。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。「ソニック・ザ・ムービー」もどうぞ。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「古い作品を同じようにずっと観るのはちょっと…」それもそうですが、VODは新作でもカバー範囲になっています。今さら古い映画作品だけというような乏しい状況はありません。ジェフ・ファウラー監督の「ソニック・ザ・ムービー」もアリ。

アウトゾーンに侵入するな!
不正な動画ウェブサイトは爆走してしまうと足を骨折するのでは済まないので、適法性・実用性の二点で非推奨。それでベン・シュワルツ出演の「ソニック・ザ・ムービー」の視聴はダメです。勝手にインプレッションを稼ぐアドフラウドの認知拡大や各種の不正防止ソリューションの強化によって世間では被害は減少していると言われていますが、この違法動画の中では別事情。酷いありさまになっています。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。「ソニック・ザ・ムービー」も正しく。

ウロウロすることは必要なし
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。「ソニック・ザ・ムービー」へGO。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。ジェームズ・マースデン出演の「ソニック・ザ・ムービー」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? 「ソニック・ザ・ムービー」も確実に。フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

字幕・吹替、選択は自由
キッズも大満足な「ソニック・ザ・ムービー」は吹替も豪華な一作。外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「ソニック・ザ・ムービー」の面白さの発見につながるかもしれません。

パスワードは大事
ゲームの実写化である「ソニック・ザ・ムービー」を観る前に少しストップです。動画視聴を安心にするにはアカウントをパスワードで守ることです。粗雑な作成をしてしまうと絶望することにもなります。ひとつのサービスで流出した結果、連鎖的に他でも被害を受けることもあります。そのためには使い回しをしない固有のパスで保護を高めるのです。覚えられないですか? そういうときは管理アプリケーションを使うのです。入力の面倒さもなくなり、自分でメモすることも消えます。動画に集中できるのでノーストレスです。安全なジム・キャリー出演の「ソニック・ザ・ムービー」動画体験をするには大事なノーマルコースと言える基礎ルールです。

高画質で見られる?
ハイスピードアクションエンターテイメント映画「ソニック・ザ・ムービー」は映像重視。どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「ソニック・ザ・ムービー」の動画を楽しみましょう。

その動画サイトは使える?
リー・マジュドゥーブ出演のダイナミック映像が展開される「ソニック・ザ・ムービー」を無料で体験することは可能なのか?という質問はかなり多いので対応することにはしますが、ハッキリ言います。こちらは正規のサイトしか推奨しません。いくら問い合わせてもそれは変わらない方針になっているのです。例えば「dailymotion」といった一般サイトでも不正コンテンツと疑わしきものは一切リンクも張りませんし、「Miomio」や「9tsu」のようなものはサイトトップページだって関わらないようにしています。「mixdrop」のようなアップロードリンクは論外です。これは揺るぎません。「ソニック・ザ・ムービー」も正規で観ましょう。

『ソニック・ザ・ムービー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ソニック・ザ・ムービー』をさらに知る

世界的人気を誇るセガの人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドで実写映画化。『ソニック・ザ・ムービー』の製作はニール・H・モリッツ、トビー・アッシャー、中原徹、伊藤武志。宇宙最速で走るパワーを持つ青いハリネズミのソニックは子どもの時から好き放題に走りまくっていたが、ある時、謎の襲撃に遭遇し、故郷を離れて遠い地球へとやって来る。そこでは友達になれる存在はおらず、いつも孤独に隠れて生きてきた。持ち前のスピード移動で誰かに存在を知られることはなかったが、ひょんなことから出会った保安官トムとバディを組んだソニックは冒険に出ることになる。マッドサイエンティストのドクター・ロボトニックが企てる陰謀を阻止するべく、さまざまなトラブルに直面しつつ、巧みなスピード技で相手を翻弄していく。ドクター・ロボトニックも負けじとどんどんメカを投入して、相手を追い詰めようとする。このバトルはどちらに勝利の女神がほほ笑むのか。

★『ソニック・ザ・ムービー』のスタッフ


監督:ジェフ・ファウラー
脚本:パトリック・ケイシー、ジョシュ・ミラー
撮影:スティーブン・F・ウィンドン
音楽:ジャンキー・XL

★『ソニック・ザ・ムービー』のキャスト(キャラクター)


ベン・シュワルツ(ソニック;声)、ジェームズ・マースデン(トム)、チカ・サンプター(マディ)、ジム・キャリー(ドクター・ロボトニック)、リー・マジュドゥーブ(エージェント・ストーン)

★『ソニック・ザ・ムービー』の評価

IMDbRTMETA
6.664%47
映画comY!FM
3.9???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.5「ソニック・ザ・ムービー」

★『ソニック・ザ・ムービー』の感想

●『ソニック・ザ・ムービー』無料ホームシアター 
スーパー・スピードアドベンチャーという宣伝文句はそのとおりだった。確かにいつも超スピードで停止という概念がない。スローモーションになる演出も子どもでも楽しめる明快さになっており、製作陣が全力でこのキャラクターを愛しているのが伝わってくる。これでデザインがアウトだったら台無しになるのだけど、それを回避したのはなんとかセーフだった。どうしても悪役が変じゃないかと思っているなら最後まで観て!
●『ソニック・ザ・ムービー』イオンシネマ:M-17 
ラストのエンドクレジット後にオマケもあるので見逃さないで。グリーンヒルズから地球へ、その後はかなりの孤独人生。ロンリーであったがイタズラが趣味になり、そこからの悪役登場で大波乱。それでもシンプルだけど普通に楽しい。欠点も長所もないしそれでいて大きな失敗もしていない映画という評判はそのとおりだと思った。ソニックのコインの音とかエッグマンの再現度だけでも満点をあげたいのでぜひともひと目確認を。
●『ソニック・ザ・ムービー』TOHOシネマズ:S-6 
野球でホームランを打ってもハイタッチする相手がいないって寂しくないですか。そのひとり野球できているのが凄いのだけど。「モタモタしてると置いてくぜ」という目にも留まらぬ速さで観客(プレイヤー)を突き放してこそソニックのアイデンティティになっているものだが、実際に高速だらけにすると観客は何も見えないので、これはこれでしょうがないだろう。逆に猛スピードで目が追い付く異様な動体視力の人はいるのか?