劇場(2020)|フル動画を無料視聴で鑑賞しよう【行定勲監督・山崎賢人&松岡茉優】

一番会いたい人に会いに行く

映画『劇場』のフル動画を無料視聴する方法を、確実な動画再生を保証するようにしつつ、スピード紹介でレコメンド。
今すぐ『劇場』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:劇場 / 日本(2020年) / 日本公開:2020年7月17日 / 136分 / 制作: / 配給:吉本興業 

映画『劇場』7.17公開/配信

(C)2020「劇場」製作委員会

動画
▼『劇場』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高品質

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『劇場』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用することで物語が広がる!
動画配信サービスを利用している人は全然いないと思っている人は今ではいないでしょう。でもどれくらい使っているのかという具体的なイメージは持っていないかもしれません。アンケート調査によればその利用率はだんとつで勢いがある、一番の利用者数はAmazonのサービスとなっています。それはおそらく便利な身近サイトだからだと思いますが、確かに手始めには一番適切です。迷っているならこの入り口からどうぞ。「劇場」動画へ直送。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。「劇場」もどうぞ。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。行定勲監督の「劇場」もアリ。

そのサイトの裏に目を向けて!
違法な動画サイト等には致命的な怠惰によって被害の扉を開けてしまうこともあるので気を付けてください。それで山崎賢人出演の「劇場」の再生はダメです。フィルタリングは無力になってしまうことが多いです。別に利用するのはいいのですが、世の不正サイトを完璧にシャットアウトしきれないので限界を感じます。ネット上で立ち塞がる相手の数があまりに多すぎるのです。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。「劇場」も正しく。

「劇場」はどこだろう?
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。「劇場」へGO。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。大人気女優である松岡茉優出演の「劇場」フル動画を視聴できるVOD(使用しやすい動画配信サービス)はどれでしょうか。わからないことはこれで解決です。あなたの作業は大幅に短縮されます。1日かかることが1分で終わります。VODアイコンが道標。あとは実際の配信の有無を今チェックするのみです。動画を再生できると思ってウキウキとタップしたら全然関係ないページが…それは頻出するオチですが、フルムビバースは動画提供だけに重点的に取り組んでいます。「劇場」は独占配信されました。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は常に興味をそそるものばかりであり魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。寛一郎出演のドラマチックな展開に注目が集まる「劇場」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。「劇場」は無料で観れます。

解約はすぐできます
VODの確実な解約方法をじっくり気にする人もいるでしょう。伊藤沙莉出演の先が気になってくる映画「劇場」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。「劇場」を観てから考えるのも良しです。

海賊版サイトは無料ではありません
「劇場」動画は違法性とはおさらばしましょう。巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。井口理出演のロマンティックな人間関係も満喫できる「劇場」が無料で鑑賞可能?…本当でしょうか。正規でないものは公式よりもときに見栄えがいいことすらあります。デザインでは判断ができません。判断する方法はただひとつ。信頼できる企業なのかどうか。これしかないです。

「劇場」を見れる場所?
思わず目を奪われるようなエンディングがある「劇場」を無料でウォッチする!という熱意は大いに結構です。しかし考えてください。それは安全で正規の方法をセレクトしているのか、と。別に個人利用ならいいだろうと思っているかもしれませんが、それはアウトです。明確に法律に違反します。「dailymotion」のように表面上は問題ないように見えてもダメなコンテンツが多いものもあったり、「Miomio」や「9tsu」のように露骨にアウトなものも増大していたり、さらには「mixdrop」のようなアウト確定になっているものもあったり。過ちは人生の崩壊です。「劇場」も正規で観ましょう。

『劇場』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『劇場』をさらに知る

「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹の2作目となる同名小説を、山崎賢人と松岡茉優の共演、行定勲監督のメガホンで映画化。『劇場』のエグゼクティブプロデューサーは坂本直彦、プロデューサーは谷垣和歌子と新野安行。中学からの友人と立ち上げた劇団で脚本家兼演出家を担う永田はずっとそればかりを考えて街をふらついている。しかし、永田の作り上げる前衛的な作風は全く理解されることなくネットでも酷評され、客足も伸びず、理想どおりにはいかない。ついに劇団員たちも全く自分を曲げない永田を見放し、劇団はあっけなくボロボロになって解散状態となってしまう。厳しい現実と理想とする演劇のはざまで悩む永田は、誰にも自分の苦悩を明かすこともなく、ひたすらに言いようのない孤独と静かに戦っていた。そんなある日、永田は自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけ、強引についていき、彼女に声をかける。それは思わずやってしまった感情的な一歩だったが、後で後悔するも遅い。しかし、沙希は女優になる夢を抱いて上京し、服飾の大学に通っている学生で、なぜか永田にも優しく接してくれた。こうして2人の恋は開始され、お金のない永田が沙希の部屋に転がり込む形で2人の生活が淡々と動き出す。特別なことをしているわけではない。無邪気で意味もない会話をするだけ。それでも沙希は自分の夢を重ねるかのようにがむしゃらに取り組む永田を応援し、永田も自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いながら、空虚だった日々を充実させていく。それが無限に続くことを期待しているわけではないが、理想と現実と間を埋めるかのようにますます演劇にのめりこんでいき、いつしか2人の関係には亀裂が生まれていく。

★『劇場』のスタッフ


監督:行定勲(関連作品:『リバーズ・エッジ』)
脚本:蓬莱竜太
撮影:槇憲治
音楽:曽我部恵一

★『劇場』のキャスト(キャラクター)


山崎賢人(永田)、松岡茉優(沙希)、寛一郎(野原)、伊藤沙莉(青山)、井口理(小峰)、浅香航大(田所)、三浦誠己、上川周作、大友律

★『劇場』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.5
「劇場」

★『劇場』の感想

●『劇場』無料ホームシアター 
この作品が劇場公開チャンスを激減させてしまったのは惜しい。なぜなら詳細は言えないですが、かなりラストシーンに重大なインパクトを与えてくるものになるからです。家で動画を見ているならば、これほどのドラマ上のエモーショナルを味わえないだろう。しかし、状況が状況なだけに無理強いはできない。別にAmazonプライムビデオでも構わないのであのシーンだけは観てほしい。私に言えるのはそれくらいしかないのだ。
●『劇場』ユナイテッドシネマ:K-23
私の知っている山崎賢人はこの映画にはいない。そこにいるのはクソ人間と吐き捨ててもいいくらいの闇に沈んだ男の残骸みたいなものだった。それでもカッコいいのはなんとも役得ではないか。正直に言えばこの作品は普通であればなりたたない。これをもしもっと不細工な男がマネすればそのまま通報されてしまうだろう。そういうことを考えるならばこの作品はあくまで山崎賢人ワールドだけのマジックに過ぎないのである。
●『劇場』109シネマズ:G-17
演劇をしたいのに自分の面倒な価値観を最優先にするあまりどんどん他の者を傷つける。しかもなかなか才能を認められない。それでも完璧なクリエイティブを見てしまったとき自然と涙が出てくる。それを安易に褒められないけど心が震えてしまう。こういう経験はわかる人にしかわからない。劇場を出ていく私たちには選択肢は2つ。すぐに席を立つか、最後まで残るか。でもどちらにせよエンドでは出ていかないといけない。