オフィシャル・シークレット|フル動画を無料視聴できる配信は?【社会派映画】

国家の嘘を暴いた女性の衝撃の実話

映画『オフィシャル・シークレット』のフル動画を無料視聴する方法を、不正などは一切なしでシンプル&コレクトネスに紹介中。
今すぐ『オフィシャル・シークレット』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Official Secrets(「オフィシャルシークレット」) / イギリス・アメリカ(2019年) / 日本公開:2020年8月28日 / 112分 / 制作:Clear Pictures Entertainment / 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES 

映画『オフィシャル・シークレット』予告

(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『オフィシャル・シークレット』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る フル視聴確定

VOD2 Huluで動画を見る 日本語訳

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『オフィシャル・シークレット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

知っていればあの映画も!
知らないなら今から知ればいい話です。映画館というものは常に便利ですが、でも足を運ぶだけの時間が取れない人もいます。健康が心配な場合もあるでしょう。そこで新しいお供に動画配信サービスはどうですか。ネットなってろくなものじゃないと思っているならその前時代的な価値観をアップデートしてください。一度体験すればわかりますが、驚くべき利便性で、あの作品もこの作品もオールOKで対応できますので病みつきです。今はこれが当たり前の方法なのです。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。「オフィシャル・シークレット」でも大丈夫。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。ギャヴィン・フッド監督の「オフィシャル・シークレット」もアリ。

禁止なのは危険もあるから!
社会を腐らせていく不正な動画ウェブサイトはずっとしつこく闇夜の中に蔓延っていくものであり、適法性・実用性の二点で非推奨。それでキーラ・ナイトレイ主演の「オフィシャル・シークレット」の視聴はダメです。フィルタリングでの対策は補助的なものにしかなりません。違法サイトの数は数個ではないのです。その数は数千数万とあり、しかも日々増加しています。つまり無力で役に立たないというよりは有効性には届かないのです。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。「オフィシャル・シークレット」も必須事項としてオフィシャルを選択すべきなのです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。マット・スミス出演の社会派サスペンスドラマ「オフィシャル・シークレット」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればアイコン画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。「オフィシャル・シークレット」のような社会派映画も万全です。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

字幕・吹替、選択は自由
映画ならば字幕と吹替を選択しないといけません。マシュー・グード出演の「オフィシャル・シークレット」というものでも他の映画でも海外作品であれば絶対に立ちはだかる選択肢。もちろんひとつしか用意されていないのであれば、とくに苦悩はないですし、そもそも翻訳されているだけありがたいこと。でもどちらがいいのか。そこは大きな疑問かもしれませんが、ハッキリ言えばあなたが自由に好みで選んでいいものです。こちらからあれこれと指図することもでないです。動画配信サービスは万全な対応で字幕&吹替でも整理されているので、それぞれの作品ごとに切り替えてもOKです。「オフィシャル・シークレット」の味わいもかなり変わってくるでしょう。

その動画サイトは使える?
リス・エバンス出演の「オフィシャル・シークレット」を無料で見るにしても著作権を気にするのは使命みたいなものであり、スイスイと進みたいものですが、最低限の関心ごとを持って法律に従うことが求められます。例えば、大きな昔ながらのサイトである老舗動画コンテンツである「dailymotion」、こちらも派手さでは負けていない「BiliBili」、リンクによる単純共有で増えていく「openload」「clipwatching」…これらは名前だけでも聞いたことがあっても絶対に触れてはいけません。アダム・バクリ出演の「オフィシャル・シークレット」を無料でという宣伝もそこでは信用できませんし、変な自己責任主張も通用するものではないのです。

『オフィシャル・シークレット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『オフィシャル・シークレット』をさらに知る

イラク戦争開戦前夜に英米政府を揺るがせた告発事件を、キーラ・ナイトレイ主演で映画化したポリティカルサスペンス。『オフィシャル・シークレット』の製作総指揮にはマーク・ゴードン、マット・ジャクソン、サラ・スミスなどが名を連ねる。2003年、イギリスの諜報機関GCHQで働くキャサリン・ガンは、勤勉に職務に向き合っていた。しかし、ある日、彼女の心をざわつかせる事態に直面する。アメリカの諜報機関NSAから驚きのメールを受け取るが、それが全ての引き金だった。イラクを攻撃するための違法な工作活動を要請するというその内容は完全に不正な行為であり、普通であれば糾弾されるべきもの。しかし、自国が平然とそういうことをしている。それに強い憤りを感じた彼女は、勇気を振り絞ってマスコミへのリークを決意。2週間後、オブザーバー紙の記者マーティン・ブライトにより、メールの内容が記事化される。それは当然のように大きなニュースになり、職場では犯人を特定するべく、事情聴取も行われていく。同僚が疑われ、キャサリンは自分がリークしたことを名乗り出るが、それで事態は収束しない。告発も空しくイラク侵攻は開始され、さらに彼女はあっけなく起訴されてしまう。追い詰められたキャサリンを救うため、人権派弁護士ベン・エマーソンらが立ち上がるが、相手は強大だった…。

★『オフィシャル・シークレット』のスタッフ


監督:ギャヴィン・フッド(関連作品:『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』)
脚本:サラ・バーンスタイン、グレゴリー・バーンスタイン、ギャヴィン・フッド
撮影:フロリアン・ホーフマイスター
音楽:ポール・ヘプカー、マーク・キリアン

★『オフィシャル・シークレット』のキャスト(キャラクター)


キーラ・ナイトレイ(キャサリン・ガン)、マット・スミス(マーティン・ブライト)、マシュー・グード(ピーター・ボーモント)、リス・エバンス(エド・ブリアニー)、アダム・バクリ(ヤシャル・ガン)、レイフ・ファインズ(ベン・エマーソン)、コンリース・ヒル(ロジャー・アルトン)、インディラ・バルマ(ジャミ・チャクラバティ)、ジェレミー・ノーサム(ケン・マクドナルド)、ジョン・ヘファーナン(ジェームス・ウェルチ)、マイアンナ・バーリング(ジャスミン)、ハティ・モラハン(イボンヌ・リドリー)

★『オフィシャル・シークレット』の評価

IMDbRTMETA
7.383%63
映画comY!FM
3.7???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.5

★『オフィシャル・シークレット』の感想

●『オフィシャル・シークレット』無料ホームシアター 
国を疑わない人が多い日本人にとってこの映画は痛い。国民はただ国が流す大本営発表を鵜呑みにしているだけではダメなのだとわかる。国家は私たちをいともたやすくたぶらかす。どうせわかるわけがないと思っている。そんな国への忠誠というのは偽りであり、本当に正しいことは母国の悪事を許さないということであろう。そうやって国は健全性を保っている。私たちの国にもこういう勇気が必要なのだと再確認できた。
●『オフィシャル・シークレット』ユナイテッドシネマ:F-22
キャサリンの同僚が彼女に「あなたは何も悪いことはしてないでしょ」と言われて、こう言い返す。「でも正しいこともしていない」…そういうセリフからもわかるように本作は悪さを指摘されなければいいという発想ではなく、どういう世界でも正しくありなさいという教えなのだ。「私は政府ではなくイギリス国民に仕えている。政府が国民を守れるよう私は情報を集める」…この言葉は私も胸に閉まっておきたいと思っている。
●『オフィシャル・シークレット』シネマサンシャイン:K-7 
英国諜報機関に勤務した女性キャサリンと彼女を守った人権派弁護士事務所リバティー代表のベンの行動と発言にガツンと痺れること間違いなし。そうだよね。私たちはジッとしていてはいけないよね。マスメディアから政府の不正ニュースが流れてもどこか他人事でいる。そういうのは身を滅ぼすのだろうな。無頓着になったらおしまいだよと語りかける言葉を忘れてはいけないし、何よりも今の時代には一番に必要かもしれない。