星の子(2020)|無料動画をフル視聴で堪能しよう【安全サイト厳選】

大好きな両親を信じた

映画『星の子』のフル動画を無料視聴する方法を、ウロウロとネット上を彷徨うことなく、シンプルに紹介提供しています。
今すぐ『星の子』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:星の子 / 日本(2020年) / 日本公開:2020年10月9日 / 110分 / 制作: / 配給:東京テアトル、ヨアケ 

『星の子』コメント付き予告

(C)2020「星の子」製作委員会

動画
▼『星の子』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2 Huluで動画を見る スマホ可

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『星の子』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映画の親しみが増す!
映画館に行けない人も世の中には出てくるものですが、そういうときは動画配信サービスを使うのが今の主流と言えます。レンタルショップでもいいのですが、探すのであればネットサービスの方がはるかに速いです。配信はDVDよりも早い時期に行われることもあります。これを好機ととらえるのは映画ファンなら当然です。アンケート調査によればその普及率はディスクを上回っているので、すでに使っている人は思っている以上に大勢います。ネットに不慣れでもなんとかなるものです。使いやすさはじゅうぶんに確保されています。ネット環境さえあればすぐにでも始められます。「星の子」動画へ直送。

「無料」の恩恵にあずかろう!
無料トライを放置せずに。感動ヒューマンドラマ映画「星の子」もどうぞ。「最近はちょっと奮発してしまったのでおカネを節約しないと…」そういうパターンで映画鑑賞を捨てることはしなくてもいいのです。初回無料はがあるのですから。抽選ではないので急ぐ必要はありませんが、放置していても良いことがあるわけではありません(まれにキャンペーンで他のサービスと付随している場合があり、そのときは別の期限があるかもしれません)。「すぐに無料期間は終わってしまう?」と不安顔かもですが大丈夫です。自分に合うかどうかを吟味できます。大森立嗣監督の「星の子」もアリ。

リスクへと誘われる…
違法な動画サイト等にあなたの観たい気持ちを満足させるものはありませんので気を付けてください。それで芦田愛菜出演のドラマチックな人間模様が光る「星の子」の再生はダメです。怪しいサイトを妄信して利用せずとも、ちゃんとしたサイトが健在中です。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。それを我慢するようなことはしなくていいのです。そこまでしても何も利益はありません。ウイルス対策ソフトを使えばそういう場所でもなんとか対処できると思っているならば大きな間違いです。残念な動画は拒否しましょう。「星の子」も正しく。

「星の子」はどこ?
新旧作品動画が盛り合わせ。「星の子」へGO。バラエティのあるラインアップはうずうずするものです。一方で展開企業の多さが難点。岡田将生出演の生きる姿が胸を打つ「星の子」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。不安解消をサポートしましょう。フルムビバースの視聴可能なVOD情報は固定ではなく状況変化に合わせ更新。偏りなく動画紹介に集中。「星の子」もズラッと並んでいる中で選んでいいのです。配信は変化するのでうっかりせずに。

10回でも100回でも
映画というものは一度の鑑賞だけで満足するのは早計です。何も考察だけが全てと言っているわけではないですが、繰り返しの鑑賞は印象を覆すこともあります。「星の子」でもそれは同様です。例えば他の人の感想を読んでいけば自分では気づかないポイントを見いだせるかもしれません。その後に映画を観れば最初の視聴とは印象がガラッと変わることもあります。さすがに100回も見ている人はそうそういないと思いますが、2~3回の鑑賞ならばその価値はあるでしょう。友人や家族と見てみるのもいいです。自分にはない経験を持っている人の観察力はとても大切なことです。「星の子」は宗教を含めてかなり多層的なテーマを含んでいます。なのでなるべく多くの視点がある方が映画の深みが変わってくるものです。

その動画サイトは使える?
さまざまな人間ドラマが交錯していく「星の子」を無料で視聴できることは多くの場合で求められますが、それ自体は変なことではありません。しかし、著作権侵害コンテンツに触れないような注意は必要になります。素人であることは言い訳になりません。例えば、大手サイトである昔から存在する「dailymotion」、チャイニーズ関連の発信となっている動画サイトの「Miomio」「9tsu」、自由な個人アップロードサイトである「mixdrop」「aparat」…こういうものは論外です。しかし、ネット上では何食わぬ顔で蔓延していることもあります。そこで不正サイトをブロックすることは大事なことです。フルムビバースでは「星の子」がじっくりと観れるように、そして正しく鑑賞できるようにちゃんとサイトを厳選しています。

『星の子』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『星の子』をさらに知る

子役のときから有名であった芦田愛菜が2014年公開の『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』以来の実写映画主演を果たし、第157回芥川賞候補にもなった今村夏子の同名小説を映画化。『星の子』のプロデューサーは吉村知己、金井隆治、近藤貴彦。大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろ。外側から見れば普通の家庭に見えるかもしれない。しかし、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治したという、あやしい宗教に深い信仰を抱いていた。その信仰のおかげで愛する娘は健康に生きられていると頑なに信じている両親は当然のようにそれを疑うことはしない。親にとって子どもへの愛がそのまま宗教にも注ぎ込まれており、同質なものになっていった。中学3年になったちひろは、一目ぼれした新任の先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。それはあまり他人に見られたくはない自分の家族の一面。そして、そんな彼女の心を大きく揺さぶる事件が起き、自分ではどうすることできないで流されていたちひろは家族とともに過ごす自分の世界を疑いはじめる。

★『星の子』のスタッフ


監督:大森立嗣(関連作品:『MOTHER マザー』)
脚本:大森立嗣
撮影:槇憲治
音楽:世武裕子

★『星の子』のキャスト(キャラクター)


芦田愛菜(ちひろ)、岡田将生(南先生)、大友康平(雄三おじさん)、高良健吾(海路さん)、黒木華(昇子さん)、蒔田彩珠(まーちゃん)、永瀬正敏(ちひろの父)、原田知世(ちひろの母)、新音(なべちゃん)、粟野咲莉、池谷のぶえ、池内万作、宇野祥平、見上愛、赤澤巴菜乃、田村飛呂人、大谷麻衣

・芦田愛菜「ラストの3人で星を眺めるシーンが私の一番好きなシーンです。原田さんが私の肩を包み込むように支えてくださって、ちひろは本当にお母さんに愛されているんだと感じました」

★『星の子』の感想

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.5
「星の子」
●『星の子』無料ホームシアター 
今まで大森監督でいいと思った作品がなかった自分としては、これは芦田愛菜という最高に上手い魅力とも掛け合わされたことでアシストされていき、かなりの良作に登りつめたのだと思います。そうではなかったらあまりヒットは自己の中で起きなかったと思うので。不満としては岡田将生演じる教師が単なる悪役になってしまったのはなぜなのかと思うしそこでフォローではないけど上手く新しい役割を与えるべきだったのでは。
●『星の子』TOHOシネマズ:N-20
アットホームな作品に思えるじゃないですか。主演のイメージに引きずられているのでしょうけど。宗教の映画になっているとは思わなかったですし、しかもかなりじっくり考えさせてくれます。本作は新興宗教を題材に扱っておきつつも、安易に批判することもせずに、その中に翻弄されている生身の人間の苦悩をしっかり描いています。信仰を否定するのは簡単でありながらも、なぜ人は信仰にすがるのかを問うのは大変です。
●『星の子』シネマサンシャイン:H-14 
親が信仰している宗教というのは子どもにはどうすることもできないのですよね。それでも自分の人生に影響してくるから無視はできない。人のオーラが見えなくてもスピリチュアルなことを追い求めるわけではなくとも、親の愛は追い求める。それは宗教とそう変わらないかもしれない。くさい言葉になってしまうけど親の愛が一番の宗教的な思想であり、誰でもそこに縛られながらの人生を歩んでいると教えてくれる一作だった。
●『星の子』イオンシネマ:K-8
子どもには選べない人生があるのはわかっているけど、それをどうこうできるわけでもない。綺麗事は全くの役に立たない世界であり、それを映画の力でも解決はできない。そんな子どもが同じ境遇で日本にどれくらいいるのかもわからないけど、怪しげな宗教がいっぱい蔓延っているの確かであり、これも表にはできないけど起こっている姿なのかもしれない。私はとくに犯罪でもないのであればカルトでも問題はないと思うけど。