ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生|無料動画をフル視聴【2作目】

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のフル動画を無料視聴する方法を、続編もセットでリストアップ中です。今すぐ『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を見るなら無料動画リンクをチェック!
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald(「ファンタスティック・ビースト2」) / アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年11月23日 / 134分 / 制作:Warner Bros. Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 前作:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 / 次作:『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

動画
▼『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の動画リンク▼

U-NEXTで動画を見る
Huluで動画を見る
TSUTAYAで動画を見る
-
-
YouTubeで予告動画を見る
YouTubeでメイキングを見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2022/12/28時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !
3.『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』動画を視聴

大興奮の冒険を動画で!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に凝縮されている証拠です。そんなワンダフルな作品を満喫したいときは、動画配信サービスを利用しましょう。シリーズものの欠点はおさらいが大変なことです。レンタル店でDVDを借りるのは探すのが大変ですし、借りられていることも多々あります。そこでネット配信であれば、一気見することも簡単ですし、字幕や吹き替えを自由に選べるので便利です。「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」動画へ直送。

「無料」ですよ!タダ!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。2作目「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」もどうぞ。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」「新作ホヤホヤはしばらくはお預けになるのかな?」との懸念は確かにありそうです。でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。デビッド・イェーツ監督の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」もアリ。

それは闇の魔法よりも怖い!
不正なデンジャラスとしか言えない動画ウェブサイトは永久に大問題であり、適法性・実用性の二点で非推奨。それでエディ・レッドメイン出演の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の視聴はダメです。「動画が見られるならばそれでいいや」と考えているなら地獄を見ます。わかっていると思ってもその理解は全く足りていません。何気なく動画を再生しようとすれば、まずは広告が表示されます。次にその広告から思わぬかたちで個人情報の入力を求められます。情報を差し出さなくても、視聴機器に負荷をかけてきます。これは全員の意見が一致するところだと思いますが、どんなに見たい動画でもそれで自分に大損害が生じたら心底嫌でしょう。「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」も正しく。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」はどこ?
公開真っ最中の映画でもネット配信のその日は来ます。フレキシブルビデオサービスでもその瞬間を待機するのは得策のひとつ。アリソン・スドル出演の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」へGO。しかし、配信の状況はまるで天気のように常に変化。昨日の姿と今日の姿、そして明日の姿は全然違います。それを追いかけるだけでも一苦労で疲れます。キャサリン・ウォーターストン出演の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」フル動画を視聴できるVODはどれか。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(YouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、ストリーミングビデオ探しでは有用性抜群です。説明のないテキストリンクをズラッと並べて訪問者を混乱させることはなく、本当に視聴可能性の高い有用な場所にのみ道案内をしています。「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」もどんどん配信に追いついていけます。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年10月29日時点での『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』無料動画を見る前に

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ


シリーズ第2弾は、史上最強の敵が登場。「ハリー・ポッター」の魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いた「ファンタスティック・ビースト」シリーズ第2弾。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の製作総指揮はティム・ルイス、ニール・ブレア、リック・セナト、ダニー・コーエン。監督はデビッド・イェーツ。エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド)、エズラ・ミラー(クリーデンス・ベアボーン)、ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)、ウィリアム・ナディラム(ユスフ・カーマ)、ブロンティス・ホドロフスキー(ニコラス・フラメル)などが出演する。アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが厳しい監視をかいくぐり逃げ出したことを知る。せっかくの努力も虚しく、やはりあの相手はあまりにも強すぎた。恩師のダンブルドアから特命を受け、その事態に対処するためにパリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデンバルドの行方を追う。決して乗り気ではないが、どんどんと逃げることができないような緊迫の事態に巻き込まれる。そこに待ち受けていたのは、またもや未知の大冒険だった。物語の結末は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の無料動画からぜひどうぞ。

【タイトルミスしていませんか?】
「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想(傑作?駄作?)

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
●『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』無料ホームシアター 
このファンタスティックビーストという新しいシリーズはハリポタ初心者でも入りやすいように世界観を一度切り替えているので良いのが嬉しい。でもシリーズを知っておくとさらに喜べるポイントも多い。「あのキャラが出てきた!」「このキャラはこうなるのか!」そんなサプライズもいっぱいで、エンターテインメント性は最高レベル。普通に映像も楽しいので、何を観るか迷ったら真っ先にこれをチョイスすれば後悔はしない。
●『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』シネマトゥデイ 
ニュートや魔法動物がとにかくかわいくてそれのみでも癒されるけれど、それがないとエンドロールまでもたないレベルでなかなかのダメージを観客は受けるでしょう。どういうことかはネタバレになるので言えないですが、言えることはとにかく心が満たされる感覚で映画館を出れるということ。ファンタビという作品の発展がここまで広がるなんてびっくり。想像を超える物語の展開に、次回作が絶対に待ち遠しいと思うことを約束します。
●『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』イオンシネマ 
スピンオフ色が強かった1作目に対して、前5部作構想になったからか、明らかにハリーポッターシリーズ色が強くなってビギナーにはツラいかも。逆にファンの満足度は上がっている。今作のキーパーソンであるダンブルドアのキャラクターは、「めっちゃ強くて何でも知ってる賢者」のようなイメージを持っている人もたくさんですが、実は違う。それがこのシリーズでは明確に提示される。キャラの新鮮な姿が見れるのも醍醐味といえる。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.