フェアウェル / The Farewell|無料動画をフル視聴するには?【感動】

優しい嘘は家族には必要なのか?

映画『フェアウェル』のフル動画を無料視聴する方法を、迷惑しか感じない広告の相手をすることなくスッキリと整理紹介。
今すぐ『フェアウェル』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Farewell(「フエアウエル」) / アメリカ(2019年) / 日本公開:2020年10月2日 / 100分 / 制作:Ray Productions / 配給:ショウゲート 


(C)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画
▼『フェアウェル』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2021/11/02時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『フェアウェル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作にも触れ合える!
業界でベスト級に評判を集めている作品は一度は観てほしいのですが、なかなか時間が取れないこともあるでしょう。そういうときには動画配信サービスです。今ならネット配信ということで視聴する機会は簡単に手に入ります。新作という真新しい映画でもそこまで待つこともありません。スマホで鑑賞するという場合は事前にダウンロードしておくのもいいです。テレビのときはDVDと同じ感覚です。パソコンやタブレット、ゲーム機器でも対応しているので個人のシチュエーションに合わせることができるでしょう。「フェアウェル」動画へ直送。

「無料」ですよ!タダ!
便利なのはとてもわかったのですが、少しだけ気になることがあって最後の踏み出しをできない人もいるのではないですか。無料で試せばコストゼロ。感動ヒューマンドラマ映画「フェアウェル」もどうぞ。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。その動画は誰でも老若男女問わずキャッチできるものなので心配はいりません。「初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視しなくても心配無用。アカウント作成は1分で完了。ルル・ワン監督の人間模様がたっぷり広がっている「フェアウェル」もアリ。

その動画には裏がある!
国際的な深刻被害となっている不正な動画ウェブサイトは重大なリスクを隅々まで増殖させてしまっているので適法性・実用性の二点で非推奨。それでオークワフィナ主演の名演が輝いている「フェアウェル」の視聴はダメです。動画再生が高頻度で停止し、鑑賞できない事態が続発。無関係動画を途中で再生したりも。これに関して自分は騙されることはないという自信を持っている人でも一瞬でヘマをすることもあります。後悔は映画動画体験に毒です。素晴らしい評価を受けている「フェアウェル」も正しく。ウイルス対策ソフトウェアに大幅な効果は期待できません。確かにそれで判明できるリスクもありますし、除外可能なプログラムもあるでしょう。しかし、実際は9割以上の不正を防御することはできず、あっさりと危険要素に侵入を許してしまうのです。

「フェアウェル」はどこ?
気持ちを抑えなくて結構。エモーショナルな映画「フェアウェル」へGO。それはずっと待ってくれていますし、ちゃんといつでも飛び込むことはできるでしょう。でも迂闊に登録していいのでしょうか。ツィ・マー出演の「フェアウェル」フル動画を視聴できるVODはどれでしょうか。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、ビデオオンデマンドサービスの最終チェックをするだけでよくなる簡略化支援がこちらのページです。イージーな導入をしたいのならばこちらでお任せください。安全性を常に一番に考えているのであって動画リンクはセーフティーです。ゴールデングローブ賞でも高評価を獲得している「フェアウェル」をセレクトできるのは基本的に誰でも難しくはないでしょう。配信は変化するのでうっかりせずに。

邪魔な広告は無し!
動画でもサイトでも広告に妨害されるのは気分も最悪です。ダイアナ・リン出演の「フェアウェル」を見るのもそんなものに邪魔されたくはないです。スマホの場合はとくに深刻になりやすく、スクロールしてもしつこく追尾してくるバナー、タップしようと思った場所にフッと現れるバナー、動画再生途中で堂々と割り込んでくるビデオ広告、うざったいような内容で不愉快にさせるだけの迷惑広告、それ以外でもかなりの種類で悪さをしています。フルムビバースではそんな広告を業界基準に照らし合わせて除去しているので、動画でもスッキリしていますし、サイト全体でも目立つ広告がないのがわかるでしょう。「フェアウェル」も安全に鑑賞していきましょう。

「フェアウェル」無料動画?
チャオ・シュウチェン出演の「フェアウェル」を無料で鑑賞することは無理ではないにせよ、著作権侵害コンテンツ問題にはスルーするわけにはいきません。どれがダメなのでしょうか。全部を挙げることはできません。でも一部をピックアップさせることもできます。例えば、中国系のサイトである「Pandora」「Miomio」「BiliBili」「9tsu」といったものは日本の法規制が国際的な壁に阻まれて届かないので氾濫が続いています。「mixdrop」「clipwatching」のようなアップロード系サービスは個人で大容量ファイルをやりとりできるので深刻な被害の発生源になってしまっています。「フェアウェル」という映画を観るのもオフィシャルサービスだけです。これはいつの時代もいつの時期もいつの場所も変わらないことなのです。

『フェアウェル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『フェアウェル』無料動画を見る前に

『フェアウェル』のあらすじ


中国で生まれアメリカで育ったルル・ワン監督が自身の体験に基づき描いた物語で、祖国を離れて海外で暮らしていた親戚一同が、余命わずかな祖母のために帰郷し、それぞれが祖母のためを思って過ごす日々を描いたハートウォーミングドラマ。『フェアウェル』の編集はマシュー・フリードマンとマイケル・テイラー。オークワフィナ(ビリー)、ツィ・マー(ハイヤン)、ダイアナ・リン(ルー・ジアン)、チャオ・シュウチェン(ナイナイ)、水原碧衣(アイコ)、ルー・ホンなどが出演する。ニューヨークに暮らすビリーは、自分の将来が見えないので不安でいた。唯一の心の支えは中国にいる祖母。しかし、その愛している祖母が末期がんで余命数週間と知らされる。このままではいつも励ましてくれた祖母がいなくなってしまう。自分はどうすればいいのか。この事態にアメリカや日本など世界各国で暮らしていた家族が帰郷し、親戚一同が久しぶりに顔をそろえる。ビリーはなぜかその輪に入れさせてもらえず、しょうがないので独断で中国に来てしまう。アメリカ育ちのビリーは葛藤することになる。大好きなおばあちゃんが残り少ない人生を後悔なく過ごせるよう、病状を本人に打ち明けるべきだと主張するが、どうやらそういう流れにはなっていないらしく、中国に住む大叔母がビリーの意見に反対する。中国では助からない病は本人に告げないという暗黙の伝統があり、それは絶対に守られるべきものゆえにほかの親戚も大叔母に賛同。ビリーと意見が分かれてしまうが、結局のところ当の本人はそんなことも知らずに家族の面倒を見るために口うるさく振る舞っていく。そして何もできないままに時間だけが過ぎ…。

『フェアウェル』の感想

フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)
「フェアウェル」
●『フェアウェル』無料ホームシアター 
コメディ寄りだと思って観てみると意外にもじんわりと家族ドラマを描いており、かなり日本人のファミリーイメージにも通じているのではないか。いわゆる死をテーマにした終活という意味でもあるのですから。こういうセンシティブなものはどう伝えるのかという部分で揉めてしまう。経験した家族は多いと思う。そうなってくると余計に心に突き刺さる。正解はないのだろうけど、考えていきたい。温かく愛しているから…。
●『フェアウェル』ユナイテッドシネマ:N-21
おばあちゃんを中心に家族が回っているという空間は日本でもあるけど、中国も同じなんだなと思いました。結婚式でのあれこれな注文は笑ってしまいました。ああいう家族っているよね。この映画はそこまで劇的な大事件は起きないし、基本は淡々としているのだけど、随所にユーモアもあって、それで飽きないのがいいです。アメリカと中国の文化の違いもわかります。良い人も悪い人もそんなレッテルもなし。みんな家族です。
●『フェアウェル』シネマサンシャイン:F-19 
アジア系への偏見がコロナのせいで増している中でこの映画を大切にしないといけないなと感じています。それにはまずは文化を知るという姿勢です。それでも本人はもっと悩んでいるのかなというのが主人公からしみじみと感じられるのだけど、それを伝えられる相手はアメリカにはいないんですね。そこに切なさがあります。家族なのに相談ができない、この答えは自分で見つけるしかない、その意気込みを示すラストなのかな。