ゴジラvsコング|無料動画をフル視聴【ハリウッド版】

ゴジラvsコング

ついに勝者が決まる!

映画『ゴジラvsコング』のフル動画を無料視聴する方法を、字幕などの翻訳ありで紹介。
今すぐ『ゴジラvsコング』を見るなら動画リンクをチェック。
ゴジラvsコング

原題:Godzilla vs. Kong(「ゴジラ対コング」) / アメリカ(2021年) / 日本公開:2021年7月2日 / 114分 / 制作: / 配給:東宝 / 前作:『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ


(C)2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

動画
▼『ゴジラvsコング』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

▼『ゴジラvsコング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いつでも観たいときに!
シリーズものは追跡するのも大変なのでかなり嫌になってしまうかもしれません。面倒という気持ちが勝ってしまうこともあります。でも安心してください。映画は逃げません。動画配信サービスで鑑賞するのもひとつの手です。テレビでも鑑賞できるので迫力の映像が損なわれるということはありません。「ゴジラvsコング」クラスの大作でも高画質そのままに映像品質を最大まで高めることは難しくはないものです。ネット配信も捨てたものではないでしょう。

無料はあなたの救世主?
ビデオオンデマンドサービスと呼ばれる(最近はサブスクリプションサービスの方が知名度があるかも)一連のVODは無料期間が備わっているものもあります。レベッカ・ホール出演の「ゴジラvsコング」の動画を見るのにも使える嬉しいものです。もちろん初回利用者だけなので誰でもいつでもというわけにはいきませんが、このチャンスはかなりのビッグ。上手くいけば無料中に映画を何本も見ていくこともできます。アダム・ウィンガード監督の「ゴジラvsコング」の大満喫も保証できます。

「ゴジラvsコング」はどこ?
さっそくの利用に入ろうとしていませんか。でも登録画面は少し待ってください。そもそも「ゴジラvsコング」がどのサービスで配信されているかをわかっているでしょうか。映画はあれど観たい作品がないというのは困ります。動画配信サービスはそれぞれで配信しているものが違うのです。個別にチェックするのは苦労も多いもの。アレクサンダー・スカルスガル出演の「ゴジラvsコング」の動画配信をいち早く見分けるにはこのページが最も先決です。アイコンで配信サービスをお知らせしており、しかも情報は更新され、その更新時期もすぐにわかるようになっているので、いつの配信状況かを即座に判断できます。基本はどのサービスを利用してもいいのですが(配信されているなら)、なるべく自分が利用したことのないものがいいでしょう。ミリー・ボビー・ブラウン出演の「ゴジラvsコング」を観るだけでなく、アプリの利便性も考えながら自分なりに判断をしてみてください。焦らせるようなことはしません。

『ゴジラvsコング』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ゴジラvsコング』は「Netflix」で見られる?


Netflixではワーナー系の映画も配信されています。しかし、大作となれば常に大盤振る舞いというわけにはいかないので、どこのタイミングで公開配信されるかはチェックの必要があります。それは『ゴジラvsコング』でも大事です。ハリウッド版であることを間違えないようにしてください。

『ゴジラvsコング』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


「ゴジラ」シリーズはAmazonでいくつも取り扱っていたことがあるのでその気になればシリーズを全て視聴できるかもしれません。『ゴジラvsコング』だけを鑑賞するならばピンポイントで狙うのもいいでしょう。字幕でも吹替でも切り替えることができるのでお好みで自由にどうぞ。

『ゴジラvsコング』でも不正動画はダメ


どんなに見たい映画があっても不正コンテンツの溜まり場はあなたのメリットになりません。『ゴジラvsコング』を観るのにふさわしくないというだけでなく、自分を犯罪者にしたくないのであれば速やかに立ち去るべきです。怪獣よりも怖い危険性もいっぱいです。例えば違法なフェイクログインページで個人情報を盗み取ってくるものがあったり、もしかしたらそれは罠かもと思っているだけでも防げません。『ゴジラvsコング』も健全に見ましょう。

▼『ゴジラvsコング』無料動画を見る前に

『ゴジラvsコング』のあらすじ


ハリウッド版「ゴジラ」シリーズの『GODZILLA ゴジラ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と『キングコング:髑髏島の巨神』をクロスオーバーして描く「モンスターバース」シリーズの第4作で、ゴジラとキングコングという日米の2大怪獣が激突する。『ゴジラvsコング』の製作はメアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、エリック・マクレオドなどが名を連ねる。監督はアダム・ウィンガード。アレクサンダー・スカルスガル、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、小栗旬、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル、ランス・レディック、ケイリー・ホトルなどがキャストに並ぶ。巨大な怪獣が地球を跋扈する。この人智を超えたモンスターの戦いで壊滅的な被害を受けた地球は少しずつ復旧しようとしていたが、思わぬ衝撃を受けることになる。怪獣最大の王であるゴジラが深海の暗闇から再び姿を現し、なぜかある企業を襲ったのであった。それは予想外のことであり、怪獣との共存を考えていた一部の人たちには信じられないもの。それでも破壊された街がその現実を物語っていた。人類は対抗措置として、コングを髑髏島(スカルアイランド)から連れ出すことにする。コングは今では巨大に成長し、人間とコミュニケーションをできるようになり、そのパワーは増している。髑髏島に閉じ込めていたが、眠らせて船で運ぶことにする。人類の生き残りをかけた戦いは、やがてゴジラ対コングという未曽有の対決を引き起こす。人類は各地で再建を計り、特務機関モナークは未知の土地を探りつつ、巨大怪獣のルーツの手がかりを掴もうとしていた。そのルーツになっているとされているのは地球の地下深くに眠る空洞。この広大な生態系を有する世界にはコングの秘密が隠されていると想定された。しかし、その旅路の中であのゴジラが迫ってくる。ついに激突する2体の怪獣を前に人類は黙っていることしかできないのか。一方であの謎の大企業は密かに研究開発していたものを稼働させる最終段階に入っていた。

『ゴジラvsコング』の感想(傑作?駄作?)

R:75,I:6.4,M:59,E:3.6,F:3.8,Y:3.60
フルムビバース独自ランク
B(ファン満足の良作)
「ゴジラvsコング」
●『ゴジラvsコング』無料ホームシアター 
ゴジラとコングという二大怪獣がひたすらに暴れまくるという異常なまでの映像物量とインパクトの大盤振る舞いで、空腹だった状態から一気に吐き気がするまでのカロリーオーバーにマックス値を限界突破する。こんな極端な映画を作ってくれたことに感謝しかない。ゴジラの異様な恐ろしさ、コングの愛らしさ、どれもがファンの心を掴んでいる。ゴジラ自体の映画というよりもコング映画であったが、それも悪くない。
●『ゴジラvsコング』フルタイタンシネマ:f07566
前回でゴジラはラドンを倒し、キングギドラを倒し、モスラと良い関係になったわけだが、この新作ではコングと戦うことになる。なぜ前作でコングが登場しなかったのかと言えば髑髏島に隔離されていたからだった。そんなテクノロジーがあるのかというとんでもない技術力なのだが、今作ではついにアイツも登場する。待ちに待ったあのメカメカしい人気キャラの出番は短いがそれでもじゅうぶんに大暴れするので期待をしてほしい。
●『ゴジラvsコング』フリーコングムービー:K-14
この映画は首が疲れる。巨大怪獣の戦いを見上げているような気分になるので劇場向けなのは確か。闘い方がアグレッシブで今作では肉弾戦という雰囲気が強い。コングなのでそうなるのか、でもゴジラも今回は筋肉がマシマシになっていると思う。プロレスラー対ゴリラという様相である。どちらが勝つかという部分は重要ではなく、もはやこのバトルマッチを見物するのみ。小栗旬は短いながらもやたらと濃い演技を見せていて伝説になった。