リベンジ・リスト / I Am Wrath|無料動画をフル視聴する方法【字幕&吹替】

ジョン・トラヴォルタ主演。復讐して何が悪い

映画『リベンジ・リスト』のフル動画を無料視聴する方法を安全にレコメンドしています! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『リベンジ・リスト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:I Am Wrath(「リベンジリスト」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年6月17日 / 92分 / 制作: / 配給:ギャガ・プラス

httpv://www.youtube.com/watch?v=embed/_YOkG5sGfa8
(C)2016 I Am Wrath Production, Inc.

動画
▼『リベンジ・リスト』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『リベンジ・リスト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画であの俳優を堪能!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンス&アクションのコンビネーションはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2種類。一つは単体作品ごとにレンタルしていくもの。もうひとつは対象作品が一気に見放題になるもの。どちらも便利ですが、使用感覚は異なるので、事前にしっかり下調べしておきましょう。「リベンジ・リスト」動画へ直送。

「無料」ですよ!タダ!
「有料だとやっぱり困るかな…」と一歩を踏み出せないならば、コストダウンどころか最初はタダになる試用体験をしましょう。「リベンジ・リスト」もどうぞ。節約精神は大事なこと。溜めたおカネで好きなことに散財するので人生は豊かに、ストレスをリフレッシュできるものです。無料お試しはそんなあなたの最強サポーター。動画をただ届けるだけではありません。「そびえ立つ巨峰のように登るのが大変なサービスだったりしない?」「これって全然使いこなせないままに終わるのでは?」という不安感情は晴天気分で忘れましょう。お時間は1~2分でじゅうぶんです。登録で1日が終わることは絶対にありません。チャック・ラッセル監督の「リベンジ・リスト」もアリ。

信用できないとキツイ!
なお、巷に溢れる存在が怖いだけのイリーガルな動画コンテンツの利用はただちに停止すべきです。それでジョン・トラヴォルタ主演の「リベンジ・リスト」の鑑賞はダメです。動画再生中にこんなことが起こります。画面に英語テキストで寄付や支払い(仮想通貨など)を促してきて、その表示はなかなか消えることなく、これでもっと快適になりますよというサービス向上するかのような誘いをしてきます。それに引っかかるとまんまと個人情報を無残に盗まれるだけです。どうあがいてもこの問題性から逃げ切るには手段はひとつ。クリーンなサイトで身も心も真っ白になりましょう。「リベンジ・リスト」も正しく。

「リベンジ・リスト」はどこ?
新旧ミックスな配信バリエーションがあるので、映画趣味の人のあらゆるアツい需要にも適材適所でピッタリ動画を提供できます。「リベンジ・リスト」へGO。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。クリストファー・メローニ出演の「リベンジ・リスト」フル動画を視聴できるユニークなVODはどれか。いつまでも足踏みしていても意味がないです。このページを使って新しい扉を開きましょう。アイコン表示サービスがこの作品を配信するVODです。情報は今の時点ではないですが、役に立つのは確か。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。「リベンジ・リスト」は選択肢も豊富です。夢心地で使い方を学ぶことで、その映画をたくさん観まくりたいという密かでも何でもない公然の夢物語も叶います。休日は充実すること間違いなしです。

あなたはどっち派?
「リベンジ・リスト」のような英語だけでも理解できてしまう人はOKですが、普通は「字幕」か「吹き替え」に頼りますよね。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。それが可能かは作品によるのですが。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。便利さで言えばなかなかのものです。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。アマンダ・シュル出演の「リベンジ・リスト」の字幕や吹き替えも別に自由なのですから、変に時間をかけて選択に難航するようなものではありません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の欠かせない料金の支払い方ですが、サム・トラメル出演の激動の緊張感が展開される「リベンジ・リスト」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、どうしても個人の確認ができないものなので、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードが手元になくともそこでおしまいではなく、全然諦めるようなことはありません。変更は自由。「リベンジ・リスト」を見る場合も考えておきましょう。

『リベンジ・リスト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年7月27日時点での『リベンジ・リスト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

  • 2020年1月29日時点での『リベンジ・リスト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『リベンジ・リスト』をさらに知る

チャック・ラッセル監督が、ジョン・トラヴォルタを主演に迎えて贈るクライム・アクション。『リベンジ・リスト』の製作総指揮にはリシャール・リオンダ・デル・カストロ、パトリシア・エバリー、ビル・ブロミリー、ネス・サバンなどが名を連ねる。数々の殺しを請け負ってきた過去を持つ特殊部隊の元工作員で、現在は車の修理工として普通に働くスタンリー・ヒルは、ある日、目の前で強盗に妻を殺害されてしまう。何も生きる意味も失い、どうすることもできず、悲しみに暮れる。容疑者は逮捕されるが、裏社会とのつながりを持つ悪徳警官により釈放され、肝心の事件は闇へと葬られる。これでは何も意味はない。妻を守れなかった無力さ、そして理不尽な社会への怒りから、スタンリーは封印していた過去の殺人テクニックを駆使し、怒りのあまりに暴走し、復讐の鬼と化す。

★『リベンジ・リスト』のスタッフ


監督:チャック・ラッセル(関連作品:『スコーピオン・キング』)
脚本:イヴァン・ゴティエ、ポール・スローン
撮影:アンジェイ・セクラ

★『リベンジ・リスト』のキャスト


ジョン・トラヴォルタ、クリストファー・メローニ、アマンダ・シュル、サム・トラメル、パトリック・セント・エスプリト

★『リベンジ・リスト』の感想

フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「リベンジ・リスト」
●『リベンジ・リスト』シネマトゥデイ  
憤怒のトラボルタが暴れだす。これは邦題がまずかった。原題は「I Am Wrath」。こっちのほうが絶対に映画に合っている。復讐に憑りつかれて敵をバッタバタとなぎ倒していく系の映画は多いが、今作は主演が主演だけにそこまでキレのあるアクションは期待していなかった。しかし、意外にも本作はバディ・ムービーで昔の相棒役のクリストファーメローニが良い味を出していた。最初からそういう売り込みで行けば、違った評価にもなったろうに…。
●『リベンジ・リスト』TOHOシネマズ  
肝心の敵や黒幕がザコ過ぎて中盤以降はちょっと肩透かしでしたが、ジョン・トラヴォルタもだんだんセガールっぽい方向で行くのでしょうかね。B級好きな人なら大好物なはず。もちろん大作系のアクションとは比較してはいけないですよ。もっさりしつつ頑張っているが、チートな相棒役のクリストファー・メローニが素敵過ぎで、個人的にはGOOD。メタボのおじさん的な雰囲気を隠しきれていないトラヴォルタですが、そこも生温かく見守りましょう。
●『リベンジ・リスト』ユナイテッドシネマ 
ストーリーは王道中の王道。俺の大切なものを奪いやがって、殺す!みたいなやつ。映画自体の構成もシンプルで、90年代以降に量産されまくって飽きたようなストーリーでしたが、1時間20分くらいでサクッとまとまっていたし、後味スッキリなので暇な方にはまあまあオススメの部類に入るかな。ベビーシッターが可哀想すぎる件、相棒の贅沢な武器コレクションが全く役に立ってない件、娘が冷静で優秀すぎる件などツッコミもたくさんありますけど。