ダイバージェントNEO|無料動画をフル視聴【2作目】

ダイバージェントNEO

「ダイバージェント」シリーズ第2作

映画『ダイバージェントNEO』のフル動画を無料視聴する方法をアイコン化! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『ダイバージェントNEO』を見るなら動画リンクをチェック。
ダイバージェントNEO

原題:Insurgent / アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年10月16日 / 119分 / 制作:Red Wagon Entertainment / 配給:KADOKAWA / 前作:『ダイバージェント』 / 次作:『ダイバージェントFINAL


TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『ダイバージェントNEO』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 高品質

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2022/07/22時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ダイバージェントNEO』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

刺激的な世界を動画で体験!
独自の設定で観客を驚かせ、ユニークな映像表現で楽しませるような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。レンタル店でDVDを借りるのがこれまでの基本でしたが、ネット配信が今では主流。スマホを使えば、いつでも好きな時に観れますし、ダウンロード機能を駆使すれば通信制限を気にすることなく、外出先で鑑賞可能で自由自在です。レイ・スティーブンソン出演の「ダイバージェントNEO」動画へ直送。

「無料」にも没入できる!
「有料は利用を躊躇うよね。使い勝手が悪いと損した気分になるし…」と一歩を踏み出せないならば試用体験で気持ちを軽くしませんか。ジェイ・コートニー出演の「ダイバージェントNEO」もどうぞ。劇場で映画を観ると作品ひとつで1800円程度かかってしまいますが、このキツイ負担を軽減できるのはサブスクリプションサービスだからこその利点。VODは映画1回分の料金でひと月であれこれな動画を山ほど見れ、しかも確実にフル動画。観たかった映画を余計な編集も無しでフルムービー三昧です。ロベルト・シュベンケ監督の「ダイバージェントNEO」も配信中ですし、迷惑を被ることもなく没入できるでしょう。

「ダイバージェントNEO」はどこ?
ネット上のパーソナルなレンタル店みたいなVODは最強のパフォーマンスを発揮するコンテンツ・プレゼンターです。ベロニカ・ロスの人気ヤングアダルト小説を映画化したシャイリーン・ウッドリー主演の「ダイバージェントNEO」を見るならまさにこれ。しかし、配信をリアルタイムで把握するとなると、ラインナップがころころと変わるので厄介極まりない存在でもあります。テオ・ジェームズ出演の「ダイバージェントNEO」フル動画を視聴できるVODはすぐにわかれば言うことなし。「コレとコレとアレを配信しているVODで、私が使えるものはないかな~」そんなご要望にもバッチリ。視覚的に提示して、そのアイコンを更新しているのでこのフルムビバースの利便性は他サイトにも負けません。他ウェブサイトでは、リンクをクリックすると無意味なサイトに流されるということもありますが、ここにはそんなものはゼロ。無料ホームシアターでも有害だったら最悪ですが、ここはクリーンです。こちらはオクタビア・スペンサー出演の「ダイバージェントNEO」であろうとも悪質な誘導は一切しません。

『ダイバージェントNEO』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

『ダイバージェントNEO』は「Netflix」で見られる?


Netflixは字幕と吹き替え、どちらでも対応可能で、いつでも変更ができます。『ダイバージェントNEO』を見ているときに「あ、これは字幕の方がいいかな」と思ったらその場でチェンジ。Netflixはサクサクを観れるサブスクリプションサービスとしては断トツです。

『ダイバージェントNEO』は「Amazonプライムビデオ」で見られる?


買い物利用者で賑わっているビデオオンデマンドサービスの人気者と言えばAmazon。正確にはプライムビデオです。『ダイバージェントNEO』の場合は旧作なので字幕と吹き替えで扱いが異なることもあります。たまに字幕だけしか見放題対象でないということもあります。

『ダイバージェントNEO』でも不正動画はダメ


拡大し続ける海賊版動画サイトの大反乱。『ダイバージェントNEO』でも大問題。これに対抗する手段はあるのでしょうか。フィルタリングで特定サイトを排除できるし、ブロッキングで根本から非表示にできる…そういう思考は通用しないこともあります。しかし、救世主ではないにせよ、役に立つ剣になるのが、サブスクリプションサービスの安価な手軽さ。

『ダイバージェントNEO』配信ログ

  • 2019年10月25日時点での『ダイバージェントNEO』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ダイバージェントNEO』無料動画を見る前に

『ダイバージェントNEO』のあらすじ


ベロニカ・ロスの人気ヤングアダルト小説をシャイリーン・ウッドリー主演で映画化した大ヒットSFアクション「ダイバージェント」のシリーズ第2作。『ダイバージェントNEO』の製作総指揮はトッド・リーバーマン、デビッド・ホバーマン、バリー・ウォルドマン、ニール・バーガー。監督はロベルト・シュベンケ。テオ・ジェームズ、オクタビア・スペンサー、ジェイ・コートニー、レイ・スティーブンソン、ゾーイ・クラビッツ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴート、マギー・Q、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット、スキ・ウォーターハウスなどが共演する。人々を性格別に振り分けて5つの共同体で管理する近未来の世界。厳格なコントロールで全ての人類は統率されていた。その中で危険視される「異端者(ダイバージェント)」のトリスとフォーは厳しい戦いの末に生き残るが、宿敵である「博学(エリュダイト)」の指導者ジェニーンの策略により、その執拗な追尾を逃れて果てしない逃亡の日々を送っていた。この世界では厳格な統制が徹底されており、そこから外れて生きるということはできない。トリスとフォーは次々と降りかかる困難に立ち向かいながらも、「博学」の指導者たちが「異端者」を排除する理由を突き止めるべく、その世界の裏側に潜む真実を解明するために奔走する。やがて彼らは、「異端者」とこの世界にまつわる衝撃の真実にたどり着く。

【タイトルミスしていませんか?】
「ダイバージェントネオ」

『ダイバージェントNEO』の感想(傑作?駄作?)

E:3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「ダイバージェントNEO」
●『ダイバージェントNEO』無料ホームシアター
ケイト・ウィンスレットがこういうヤングアダルトものに出るのも驚きですが、悪役をやるのも見慣れないです。さらには、オクラヴィア・スペンサーまで。でもそれだけ本国では大人気シリーズなんですよね。日本でいうところのなんでしょうか。ラノベとは違うし。「ハンガーゲーム」完全下位互換なんて言われたりもするけど、私はこの世界観が好きです。SFに偏った世界観の方が馴染みやすいせいもありますけど、役者も初々しくていいのです。
●『ダイバージェントNEO』フルネオシネマ:D-22
完全に3部作以上を見越して話を作っているからか、どれもパキッと締まらないというシリーズ特有の欠点はありますが、気軽に流し見するドラマみらいな感覚での鑑賞がオススメです。「勇敢なヒロインとその彼女を守りたい恋人」って設定のお話は、日本もアメリカも同じく大好物なのだということはハッキリしましたね。案外、これをアニメ化して、オタク受けしそうな萌えなキャラに転換した方が日本では大ヒットするんじゃないかな…。