ジャングル・ブック(1942)|フル動画を無料視聴【クラシック名作】

元祖「ジャングル・ブック」の映像作品

映画『ジャングル・ブック』のフル動画を無料視聴する方法を、瞬時に動画にアクセスできるように、どこよりもわかりやすく紹介。
今すぐ『ジャングル・ブック』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jungle Book / イギリス(1942年) / 日本公開:1951年6月22日 / 108分 / 制作:Alexander Korda Films, Inc. / 配給:東和 

Public Domain

動画
▼『ジャングル・ブック』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 良質環境

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Archive パブリックドメイン

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

dTV ▼dTV

▼『ジャングル・ブック』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過去の作品も見れる!
幻想的で独特な世界観を映像で再現してしまった作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信ならば、レンタル店でDVDを借りる以上に簡単です。場合によってはパブリックドメインとなっているものもあります。それはこれらのサービスを使わずとも視聴できることがあります。ただ、サービスを活用するほうが日本語サポートで安定はしています。「ジャングル・ブック」動画へ直送。

「無料」を見逃すな!
「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。「ジャングル・ブック」もどうぞ。これは普段はこのタイプのサービスに手を出していなかったビギナーにこそ抜群に魅力大のものです。期間限定でのフリー利用ができるのでマッチするか確認できます。「必ずそうするとは限らないけど無料中で解約はできますか?」「フリーであることはそうだけど動画が見れるのかな?」この疑問は頻出するもので、本音はずっと使ってほしいですが、それでも止めたいのならば阻むことはできません。臨機応変、自由に可能です。ゾルタン・コルダ監督の「ジャングル・ブック」もアリ。

知っておかないと!
なお、イリーガルゆえに世界的な問題になっているのに不正をやめない動画サイトの利用には要注意。それでジョセフ・カレイア出演の「ジャングル・ブック」の鑑賞はダメです。リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、それは絶対にやめておきましょう。利益どころか骨の髄まで害を与えることは明白。自分が苦しむだけです。あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。「ジャングル・ブック」も正しく。

「ジャングル・ブック」はどこ?
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。フランク・パグリア出演の「ジャングル・ブック」へGO。しかし、世の中には幸か不幸か映画が山のように流布しているのがネックとなってしまい、オンライン動画配信サービスの中身はまるで毎日変わる天気のように不安定で、判断は困難です。ジョン・クォーレン出演の「ジャングル・ブック」フル動画を視聴できるVODはどれか。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のサブスクリプションサービスをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。類似サイトとの比較をするなら、このページではフェアレコメンドを最重視。特定のVODオンリーで勧誘することはせず、あくまで情報提示のみです。「ジャングル・ブック」は少し探し方を変えるといいかもしれません。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

古い作品ならもしかして…
通常ネット上に無造作に転がっている映画本編動画は違法性が高いです。しかし例外があります。それは古い作品で起こり得るパブリックドメイン映画というものです。これはつまり著作権が切れている状態です。どういうことか意味がわかるでしょうか。著作権は永遠に続かないのでいつかは切れてしまいます。その期日を迎えてしまった映画はアップロードしてもいいでのアーカイブサイトが保存していることがあり、個人視聴も研究利用もフリーダムなのです。何がそれに該当するかは個別に判断必要ですが、フルムビバースは明記しています。「ジャングル・ブック」もチャンスはあり得ます。

解約はすぐできます
解約はできるのか。「ジャングル・ブック」鑑賞完了後に解約もアリ。解約トラブルというのは世間のさまざまな分野や商品で発生しうるものであり、ユーザーの関心もそこに集中するのは当然です。しかし、ビデオオンデマンドサービスであるVODは解約手続きステップが非常に素早く完了し、とくに面倒な確認もありません。該当ページにアクセスして「契約解除」に進むだけなので、思いついたその日に実行できるでしょう。今日でも構いません。「でも少し退会してもいいものか躊躇うな…」と思っているなら大丈夫。利用再開も簡単にできるので、これが一生の別れというわけではありません。ローズマリー・デキャンプ出演の「ジャングル・ブック」以外でも見るものがあるかもです。

『ジャングル・ブック』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年10月31日時点での『ジャングル・ブック』の動画配信
  • 「dTV」です。

▼『ジャングル・ブック』無料動画を見る前に

『ジャングル・ブック』のあらすじ


イギリスの作家・詩人ラドヤード・キップリングが1894年に出版した短編小説「ジャングル・ブック」を初めて実写映画化したアドベンチャー。監督はゾルタン・コルダ。サブー、ジョセフ・カレイア、ジョン・クォーレン、フランク・パグリア、ローズマリー・デキャンプ、パトリシア・オローク、ラルフ・バード、ジョン・メイザー、フェイス・ブルック、ノーブル・ジョンソンなどが出演する。それは受け継がれている、ひとつの逸話。インドで一人の老人がある伝説に語り継がれる物語を話し始める。かつてジャングルの中のある村に狼に育てられた少年がいた。モーグリという名のその少年は、独自の幼少期を歩んだことで動物達と自由に会話する能力を獲得していた。彼にとって動物はコミュニケーションができる存在。その話に釣られた少女がモーグリと共にジャングルの奥に入る。二人はかつて栄華を極めた王国の宮殿跡を発見。歴史を感じさせる遺物の数々に見惚れていると、同時に多数の財宝も見つけ、目を奪われる。輝く美しい煌めきに惹かれた少女は赤い宝石の付いた剣を持ち帰ろうとするが、年老いたコブラの警告を受け、自分の欲望をおさえてとりあえず金貨を一枚だけを拾って村へ帰る。少女の父バルデオはその見つけてきた金貨に興味を持ち、欲に突き動かされるままに王宮跡の捜索に着手。人間の暴走を目の当たりにしたモーグリはショックを受ける。モーグリを悪魔の子供として捕らえ、故意に逃がしてどこへ行くのかという目的地を突き止めようと狙って動くが…。

『ジャングル・ブック』の感想

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「ジャングル・ブック」
●『ジャングル・ブック』無料動画ワールドシアター 
この映画、1942年に作られたんですよ。それが信じられない。世界は戦争に突入し、血みどろの争いが繰り広げられる中、動物と心通わせる映画を作っているという矛盾。少しでも平和な世界を信じたかったのか、はたまた映画と現実がここまで乖離していることの証左なのか。とにかく歴史的な価値があるのは言うまでもない。パブリックドメインならば視聴するハードルは低いし、目にしておくにこしたことはない。ひとつの表現物として興味深い。
●『ジャングル・ブック』FANDANGONOW 
ジャングル・ブックはアニメとかディズニー版の実写が有名ですが、これが最初の映像化なのでしょうか。昔の作品なので、最新映像と比べるまでもないですが、独特の当時の味わいが感じられる。ツッコミどころは確かに多い。それでもCGがない時代にこれほどの工夫と労力でこのあり得ない世界を実体化しただけでも凄いと褒めるべきじゃないだろうか。一種の不思議なワンダー体験をしたいという観客の需要に対して答える映画だったのだろう。