借りぐらしのアリエッティ|無料動画をフル視聴【配信を探すなら】

ジブリ出身の米林宏昌が贈る小さな少女の大きな冒険

映画『借りぐらしのアリエッティ』のフル動画を無料視聴する方法を、ズラリと並べて紹介。
今すぐ『借りぐらしのアリエッティ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:借りぐらしのアリエッティ / 日本(2010年) / 日本公開:2010年7月17日 / 94分 / 制作:スタジオジブリ / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:92.6億円


(C)2010GNDHDDTW

動画
▼『借りぐらしのアリエッティ』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

【×】

【×】

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!

▼『借りぐらしのアリエッティ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あのアニメも観れる!
独創的な設定で観客を楽しませる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。いろいろな視聴スタイルがあるなかで、レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、配信されていれば、すぐに視聴可能で、スマホでもOKなど、メリットもたくさんあって便利。店に足を運ぶ前にぜひ動画の事前チェックを忘れないようにしましょう。「借りぐらしのアリエッティ」動画へ直送。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金はかさんでくるし…」と考え悩んでも、まずは無料お試しがあるのですから自分に適合するかタダで体感してみましょう。「借りぐらしのアリエッティ」もどうぞ。デメリットらしい面倒臭さはないです。動画視聴も普通にできるうえ、無料なわけですから完全にお試しを堪能できます。機能制限もないので観れる映画体験に不足もしないでしょう。「退会を無料期間内にしてしまうのはルール違反ですか?」という疑問はかなり集中しがち。無料目当てでなくとも人は辞めたくなるときもあります。それは自由で好きなように解約できますし、契約違反でもないです。米林宏昌監督の「借りぐらしのアリエッティ」もアリ。

動画をいくら見たくても!
違法な動画は論外。それで志田未来ファンも満足な「借りぐらしのアリエッティ」の再生はダメです。「それはあくまで大袈裟な脅し文句で実はそこまで危険ではないのでは?」そんな油断をしている人が餌食になります。実際に不正な金銭請求が届いたという事例から、個人情報が盗まれてクレジットカードを乗っ取られたという事例まで何でもあります。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。「借りぐらしのアリエッティ」も正しく。

「借りぐらしのアリエッティ」はどこ?
DVDで動画を見るのはお金に余裕のあるマニア向けになりつつあり、一方でVODは幅広い層に届く、デジタルなネット時代のトップバッターです。「借りぐらしのアリエッティ」へもGOです。しかし、バリエーション豊かなVODが真逆効果に意図せずなってしまい、開始と終了がめまぐるしい配信動向を把握するのは映画マニアでも至難の業になってきてしまいます。「借りぐらしのアリエッティ」フル動画を視聴できるVODはどれか。「やりたいことがいっぱいあるから1日の時間を無駄にしたくない」その時間節約派のあなたの役に立つこのページ。ひとめ見るだけで配信中の(可能性の高い)VODがアイコンリストで判明します。掲載対象にしているVODの種類がどこよりも盛沢山で、特定のサービスをえこひいきしていないのがフルムビバースの強みです。神木隆之介も声で出ている「借りぐらしのアリエッティ」はジブリなので扱いは乏しいです。次から次へと新しい映画の配信開始と、既存作品の配信終了が、とめどなく起きるので、このページ掲載の情報はあくまで事前参考に。最後は公式でラスト視認しましょう。

試写も良いけど…
最新映画はできるかぎり早く見たいという気持ちを抑えることはファンなら無理難題でできません。「借りぐらしのアリエッティ」の公開時点でもそういう観客はたくさんいたはずです。でもネタバレ暴露に怯えるのも嫌です。そんなときのベストチャンスが試写会です。当たるかどうかは運しだいで、人気作はなかなかの幸運が必要かもしれませんが、激選を生き抜けば新作本編が誰よりもお先に鑑賞可能。こんなうれしいことはありません。オンライン試写レビューもあったりするので、映画配給会社のウェブサイトを確認しましょう。試すだけはタダなので、この労力を惜しむよりは、ガンガンやってみると良いです。「借りぐらしのアリエッティ」も探せたかも。

家族にバレない?
「家族で喧嘩にならない?」という悩み。とくに子どもに見せづらい映画は困ります。スタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」のようなファミリー作品ばかりとは限りません。劇場公開ではレーティングがあるので、そのような事態は防げますが、VODは作品一覧がズラリと並ぶのでどうしても目に入ります。悪影響などは考えすぎかもしれませんが、極力は親のコントロールが必要です。でも大丈夫。VODにはユーザーセパレートが可能なシステムがあるので、個人ごとに人目を気にせずにエンジョイ可能です。「借りぐらしのアリエッティ」も大切に。

海賊版サイトは無料ではありません
蔓延が深刻極まりない問題になっている著作権侵害等法律違反に該当するアップロード動画サイトは無料性を語っていますが、それ自体も大嘘です。スタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」を見れるようなふりをしています。利用者は無視できない損失を知らない部分で受けることになります。決して慈善事業で動画公開しているわけではないので信用はしないでください。「借りぐらしのアリエッティ」が無料というのは本当に安全かという評価をクリアしないといけません。でも合法性を確保しているエリアにずっといれば何も心配はいらないです。こちらの紹介では正規オンリーですからユーザーであるあなたが気に悩む必要は一切ゼロです。

『借りぐらしのアリエッティ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『借りぐらしのアリエッティ』無料動画を見る前に

『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじ


イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』で原画、『ゲド戦記』で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。『借りぐらしのアリエッティ』のプロデューサーは鈴木敏夫。志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林、竹下景子といった顔ぶれが声をあてる。身長10センチの小さなアリエッティ一家は、小さくても創意工夫で日々を豊かに生き抜き、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品を夜な夜なこっそり借りて暮らしていた。常に危険がいっぱいある。動物も怖いが、一番は人間。彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。これがやぶられればそれまでの生活は台無しになる。しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。

第34回日本アカデミー賞でアニメーション作品賞を受賞。

『借りぐらしのアリエッティ』の感想

フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)
「借りぐらしのアリエッティ」
●『借りぐらしのアリエッティ』映画無料夢心地
小さくなって世界を見るってアドベンチャーの王道ですよね。身近な日常も小さくなることで不思議がいっぱいに。良く知っているモノも巨大になるとなんと不気味で異様なことでしょうか。借りぐらし達がティッシュや角砂糖を少しずつもらって生活しているリアリティがこの作品には溢れているので楽しいです。ドールハウスが本物の家みたいになるなど、ワクワクしてきます。純粋なファンタジーとして見れば子供も楽しめる可愛らしい一作でしょう。
●『借りぐらしのアリエッティ』シネマトゥデイ 
原作のイギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの『床下の小人たち』は、イギリス社会に対する風刺要素があったりしたのですが、舞台が日本に移ったことでそれは排除され、単純にファンタジックな冒険物語としてパワーアップした感じですね。小人の目線から映し出される人間界は本当に美しく、私達の何気ない日常はこんなにも美しいものだったのかと今さら思い出すあたりは、日本らしいノスタルジーへの喚起なのでしょうか。ジブリらしいです。
●『借りぐらしのアリエッティ』CRUNCHYROLL 
小人族を題材にしている点でメルヘンな展開も大いにありえたが、そうではなかった。翔とアリエッティの絆の物語と見ることもできにはできるが、実際は他のジブリ作品と比べても重く、暗い話だと感じたのは気のせいだろうか。というのも、小人の扱い方が、一応悪役として設定されている人間のその行為は、まさに害虫に対するものだからだ。私たちは邪魔と判断したものを容赦なく排除する。そういう残酷性を突きつけられた物語なんだと思う。