恋と嘘(実写映画)|フル動画を無料視聴【森川葵&北村匠海の共演】

恋愛禁止の世界で、私たちは生きている

映画『恋と嘘』のフル動画を無料視聴する方法を自由にレコメンド提案中。
今すぐ『恋と嘘』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:恋と嘘 / 日本(2017年) / 日本公開:2017年10月14日 / 106分 / 制作: / 配給:ショウゲート 


(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

動画
▼『恋と嘘』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 解約簡単

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

[PR] 以下のアイコンで視聴可能性大!
動画配信情報は2022/05/16時点。

U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『恋と嘘』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率が抜群に伸びている!
普通の恋愛映画には飽きたという方へ。世の中には一風変わった設定の恋愛を楽しめる映画がたくさんあります。そんなユニークな個性派ロマンスを満喫したいなら、利用者も増えている動画配信サービスを試してみましょう。これはネット配信で作品を提供しているもので、一般的な動画サイトと違って公式で映画を扱い、優れたクオリティで鑑賞できるサービスです。ダウンロード機能を備えているものもあるので、通信量を気にすることなく楽しめます。「恋と嘘」動画へ直送。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。まだまだ前菜であり、これからがメインディッシュ。実写映画「恋と嘘」もどうぞ。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。「少しの間だけ無料にならないかな~」それはちゃんと用意されています。作品動画を視聴するのでもOK。1時間でも10時間でも無料です。映画でもドラマシリーズでもです。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。古澤健監督の「恋と嘘」もアリ。

動画はそこに危険もあるかも!
違法な動画サイト等にはリスク要素しかないので気を付けてください。それで森川葵出演の「恋と嘘」の再生はダメです。強制表示される広告はアダルト系のものが多いですが、中には登録しないと動画が見れないかのように誤認させるものも。そうなってくると焦って安易に誘導されるかもしれません。それで登録でもしてしまえば、プライバシーはなくなると思ってください。流出騒ぎになってからではもはや手遅れとなります。ネット上には自分の失敗で大損害を受けても泣き寝入りしている人ばかりなので、その仲間にはなりたくないでしょう。通知を偽装して親切なメッセージにバケることもあり、迂闊に油断することもできません。まずはそんなサイトから立ち去るのが一番大事なのです。不正サイトの具体例は提示してしまうとこちらも利用されてしまうのでできません。回避するよりも公式に頼る方が安全です。動画はオフィシャルで。「恋と嘘」も健全に。

「恋と嘘」はどこ?
気になる新作はレンタル待ちならばネット配信で少しだけ早く視聴してみるのもいいのでは? 無料ならなおさら嬉しいので幸福です。実写映画「恋と嘘」へもGOです。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。北村匠海出演の「恋と嘘」フル動画を視聴できるVODはどれか。SNSや人に聞いても不確かな情報しか返ってきません。こちらのページでは幅広いVODの中から配信中のものをダイジェスト的にピックアップして紹介。他者に教えたいときもこのページを紹介しましょう。動かぬ岩のように内容が微動だにしないなんてことはなく、適宜マネジメントで変動に合わせてフルムビバースは「恋と嘘」でも更新頻度は適切に設定しており、なるべく有用な情報を探せます。残り物には福があると言いますが、VODの場合は残っているだけでは何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ(違法コピーorアップロード動画)の問題は業界に大ダメージを与えるものですが、「恋と嘘」を守るためにも、そのカウンターとしてサブスクリプションサービスは役立ちます。というのも、海外研究ではサイトアクセスを強制的に禁止にするブロッキングと比べても、多くのユーザーを素直に満足させる低価格で利便性の高いサービスの存在の方が、効果が高いという報告もあります。まさにビデオオンデマンドサービスはその機能を果たすピッタリな逸材。普及すればするほどに非合法なサイトをネット上で追い詰めることができるので「恋と嘘」合法視聴方法を正しい行いとして拡散しましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用している世界を国を超えて言語を超えてリンクしていくSNS。映画を見た後にもその感想などを自由奔放に語り合いたいときは使用可能なSNSを駆使しましょう。浅川梨奈出演の「恋と嘘」の鑑賞体験をソーシャルメディアとして絶大なコミュニティの大きさを誇るブログやTwitterなどで拡散すれば、上手くいくと何千という他者に知ってもらえ、そこから新しいフレンドリーなつながりができるかもしれません。作品が盛り上がってくれるかも。「恋と嘘」でもそのエネルギーはあります。できれば映画好きの人を積極的にフォローしておくことで、結構容易に仲間を増やすことができます。前向きな積極性が一番に大事です。

『恋と嘘』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月16日時点での『恋と嘘』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Rakuten TV」です。

▼『恋と嘘』無料動画を見る前に

『恋と嘘』のあらすじ


マンガアプリ「マンガボックス」で連載され、2017年夏にはテレビアニメされたムサオ原作の同名人気マンガを実写映画化。『恋と嘘』のエグゼクティブプロデューサーは松本整と西山剛史、プロデューサーは大畑利久と柳昌寿と高石明彦。監督は『ReLIFE リライフ』の古澤健。森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、遠藤章造、眞島秀和、温水洋一、中島ひろ子、三浦理恵子、木下ほうか、徳井義実などが出演する。少し先の未来の日本では「超・少子化対策法案」通称「ゆかり法」が施行され、国民の遺伝子情報を分析し、国が最良の結婚相手を決める政策が施行されていた。それは自由を禁止することを意味する。政府から通知が届いた者は恋愛禁止となり、国が決めた理想の相手が知らされるという、自由に恋愛が許されない世界となっていた。その縛られた世界で暮らす仁坂葵は、政府が決めた結婚相手と、そばにいる相手、その狭間で選択を迫られることとなる。

『恋と嘘』の感想

フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)
「恋と嘘」
●『恋と嘘』無料ホームシアター 
北村匠海は最早存在が儚い系俳優で愛しいという感情を引き出すのが上手い。もはやそれを見守っているだけで、本当に幸せになれる。政府通知が16歳で一斉にくるなら年齢差あるカップルはどうなってるの?とか、SF設定部分にツッコミを入れだすとキリがないのでそこは目をつぶった方がいいのはしっかり理解しておきましょう。まあ、それも恋愛を盛り上がらせるための舞台設定に過ぎないのですけど。そういうものです、この手の映画は。
●『恋と嘘』シネマトゥデイ  
原作既読としては男女逆転している感じは結構ありえないんだけど、ただただキャストに救われたのでセーフになっていると思います。北村匠海も佐藤寛太も森川葵も、みんな素敵。実写化で主人公の性別を変えたのは思い切った判断ですが、それは観客の需要を考えると致し方ないかなと。エンドロール後のシーンで拍子抜けした人も多いのはわかります。私も「えっ」となりましたから。それ以外だと良い方だと思うのですけどね。
●『恋と嘘』BILIBILI  
結婚(恋愛)を社会が管理するって昔から良くあるフィクションの設定ですし、それ自体はとくに期待せずに観ました。でも予想以上に平凡でしたね。ただの二股・三角関係のネタにしかなってないのもありますが、それはいつもの流れとしてスルーしますが、余計にその違和感がこの世界観のせいで際立つという悪い結果になりましたね。本当であればもっと普通にキュンキュンさせる映画にしてしまえば、オカシイ点は目立たないのになと。